霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

人に言われてから霊を感じてしまった

何事もなく普通に住んでいたマンションで
ご実家を離れて、
職場に近いマンションで独り暮らしを始めたA子さん(20代)は、
半年ほどは何事もなく
快適な独り暮らしをスタートしたのです。

けれどもある日急に、
部屋の窓のところに影があるように感じたり、
玄関付近に白い影を感じたり、
部屋にいること事態が怖い、不安・・・
A子さんの場合には、
この十日ほど前に職場の同僚が遊びに来て、


「私霊が見えるの、
この部屋を霊が通っている、
いま動いた!外にもいる(霊)!」

など霊が見えるという同僚が
いろいろ話していったそうです。

はじめは気にしないようにしていたA子さん、
だんだん気になって、
不安になり
怖い

部屋にいる、という連鎖が生じてしまったのです。
マイナスはマイナスを生み出すのです。


ないものがあるに変わることもあります。
霊が見えるだけで、ただいたずらに
言い放ち、
相手を不安にさせるのはよくありません。

この場合、見えるという同僚が
そういうものしか感じない人で、
自分自身が憑けている可能性もあります。

A子さんの場合は、
感受性の強さがありましたから、
言われたことで、て非常に気になり出し、
気が乱れてしまったのです。

ご自分の住まいの、
気が乱されてしまいましたから、
霊というよりも
「気のみだれを整えることが必要でした」
お清めもしましたが、
浄霊というより気を整えることもしました。

A子さんまだ20代で感受性も強いので、
同僚から言われたことにも、
とても受けやすくなってしまったのです。
霊ではなくても気が乱されることもあります。

ひどくなると霊を呼び込んでしまうこともあります。
気の流れのよい神社もいかれると良いですね。
穏やかで良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_22474656.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-06-14 09:43 | 霊的な日常 | Comments(0)