霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

落ち着かない家

B子さんは結婚以来30年、
ご主人のご両親と別棟で住んでいますが、
同じ敷地内に家が建てられています。

この土地へ引っ越してきてから、
はじめから「なんだか落ち着かないし、
暗い感じがするな、誰かが見ている感じもするけど、
隣に義父母がいるからかな?」と思っていたそうです。
a0097419_22505091.jpg

あまり家のある土地が好きではなかったけれど、
ご主人が跡継ぎで土地をまもるので離れるわけにもいかない。

ただB子さんはいままで、仕事をしていたのが、
仕事を退職して毎日家にいるようになってから

「家にいると悲しくなって、なんとなく人と話すのも億劫になって、
家からも出たくないのです。ひどい時には
一週間くらいまたく外に出ないこともあって、
外に出留事が好きだったのに変なのです。
それに家からでないのは、外で見張られている感じが強くなってしまって・・・・」

「誰が見ているわけでもない、それもわかっているんですが、
なんというか見えない視線を感じます。霊的か私がおかしいか知りたいのです」
B子さん場合は土地霊でした。
これまでは毎日仕事であまり気にすることもなかったのですが、
家にいるようになってかんじはじめたのです。

土地の敷地内にも氏神様をおまつりされているくらいの旧家です。
ほったらかしてしまっていた氏神様をきれいにして、土地をお清めして、
お部屋の一角にもお香をたくようにして、
気の巡りをよくして浄化できるように整えていきました。
見張られている感じもなくなって、
B子さんは外出も自然にできるようになったのです。
穏やかな良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
霊能者 
dimension-shin.com

[PR]
by dimension-shin | 2017-09-18 09:12 | Comments(0)