霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

鈴の音・鐘の音(ゆめのはなし)

夢の話に入る前に、
ご相談者で40代のA子さんは、この夢を見る以前にご両親の病気の看護、

ご主人との問題、そして離婚後、仕事に子育てなどで精神的にも体力的にも疲れきったころ

ご相談に来られて「自分にはこんな人生の選択しかなかったのでしょうか?」と過去をすごく悔やまれていました。

つらすぎて過去にしばられて下を向かれた生き方を肯定的に考えることはとても大変ですが、
霊的なご説明をして、過去へのマイナス意識を引き離していくことを納得されてくると
表情も徐々に明るくなって、いままで落ち込みすぎていたご自身に気付かれました。


そして一週間ほどしたときに、「普段はあまり夢をみるほうではないのに」、夢をみて、
その夢の中で誰かが「大丈夫だよ」と言われたそうです。

「もっとたくさん話していたようですが、起きたら忘れました。

でもとてもはっきり覚えているのはこの夢の中で本当にハッキリときれいな鈴の音が聞こえたんです。
目覚めてからもしっかり覚えているし、とても気持ちのよい音でした」

鈴の音や鐘の音は、現実でも何かの始まりや終わりに印象に残る美しい音が鳴らされることがあるように、このA子さんのいままでの積み重ねと、今後の良き始まりのための祝福でもある鈴の音だったのです。

過去の苦痛から抜け出していくことを伝えていました。


神社で御祓いをしていただくときなども、鈴を使われることもありますし、魔よけなど清めにつながる音の美しさと響きをそなえています。

これ以外の音色でも美しい音楽も心に深く伝わり、癒してくれるやさしく凛とさせられます。


a0097419_9193369.jpg 
 


              加藤眞澄
[PR]
by dimension-shin | 2013-05-15 09:22 | 夢・ゆめ | Comments(0)