霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

気持ちのコントロール

先日のコメントの中で「駅の階段ですれ違いざまに舌打ちする人。
自分に向けられて舌打ちをされていると思う。これは気のせいでしょうか?」 
「会社でも、上司からのマイナスエネルギーがこちらに向かってきて、
監視されているようで、落ち着かずに 自分がやりたいペースで仕事ができない。

 妙な威圧感を感じて 肩や背中にものすごく重い塊が付着して、
思うように身動きできないんです。ただの自意識過剰なんでしょうか? 
私の向かい側の女性からも同じように 威圧感と高圧的な空気を感じます。

私は、会社でも、電車に乗ってもまるでジェットコースターに乗っているような 
不安感、恐怖感を感じます。 こんな疲労度が充満した心理状態から早く抜け出したいです。」

とてもつらいですね。ひとつ考えていただきたいのは、
会社や電車や町を歩いているときすべてに感じとるものがあるようですから、
どこか特定の場所の問題ではなく、
霊的に言うなら御自分の気持ちに憑いてくる霊がいるのです。

霊をとるのか自分が変わるのか、
難しいことをいっているかもしれませんが、
それだけ自分に向き合い始めている人が経験し始める現象でもあります。

そして感性が高まりますから、
なおさら人の波動が伝わってしまう。

いつまでも低いレベルの波長を受け取るだけでなく、
「気になる」というのは「変えられる力」があることに希望を持ってください。
気づくことからが大切です。浄化も必要ですが、気持ちをとりこまれないように・・・・・・・・・・・


a0097419_1018997.jpg

霊能者 加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2009-12-29 10:18 | こころ | Comments(1)
霊感といわれる感性でもいろいろあり、
幽霊を見たりすること以外でも多種多様な霊感があるのです。

あるかたは職場の人の言葉が、非常に気になってしまう、
上司や同僚が周囲で「あ~あ」と言っただけでも、
自分のことしょうがない奴だといわれているように感じたり、
バカみたいに思われているのだと感じる。

また、電車に乗れば、隣に座る人が
うなる(?)ような声を発している気がしたり、
ブツブツとつぶやいていて(自分にに言っているような気がする)といった、

独り言にしてはちょっとおかしい感じがするような現象に悩まされていることもあります。
(たまたまそういう人に多く出会ってしまう)

どこかで自分の悪口を言われている気がして仕方がない。

みんなストレスで感情的になっているとか、
それだけではなく、自分の気持ちが
どこに支点を置いてよいかわからなくやりやすいこともあるのは、
霊感や感受性が強いと逆にふりまわされてしまうことにもなりやすいのです。

a0097419_10422695.jpg


スピリチュアルカウンセラー 加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2009-12-27 10:42 | 霊現象 | Comments(5)

夢か現か気持ちの壁か

走っても走っても、考えても考えても目的地にたどり着かない、

まるで迷路にいるような・・・・・・

それでも、おはよう、こんにちは、こんばんは、と過ぎていく。

行っては戻りの繰り返しで、迷路から抜けていくことが出来ない気がする。

迷路は作られたものではなく、

自分がこれからどのように創っていけるかという視点にならなければ、

永遠に迷路にはまってしまうかもしれません。

自身を阻害する霊と向かうか、ご自分が変化するか、

進むためには乗り切れないほどの巨大な壁をつくらないように・・・・・・

a0097419_16443572.jpg

霊能者 加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2009-12-24 16:45 | 霊的な日常 | Comments(0)

最近の金縛り

霊能者という仕事柄、金縛りに会うこともあります。
夜中に突然周囲に冷たい霊気を感じたと思った瞬間に、
身動き取れない状態になってしまう。

肉体のない霊に誰だと問いかけてみる、返事がないときもありますが、
今回は「苦しんでいる、」という言葉が返ってきました。

悪意のある霊ではない様子だが、重く苦しい様子を受けたのです。
a0097419_11271786.jpg

すでに予約が入っている方に影響している霊か?と考えてみましたが、
どうも波長が違うのです。翌日に予約の電話をいただいた方のことでした。

その女性も先日に「気になっている人のところに連絡しなさい。
苦しんでいるのは霊たちだ!」と、言われた夢を見ていたそうです。

そして私に「相談をしようかどうか長いこと考えていましたが、やっとご連絡しました」。

守護世界が伝えてきたのですが、
ご本人は自分だけが苦しいと考えていたので、なかなか解決できなかったのですが、
実際お会いすると、霊的な影響が大きく何体もの霊が助けを求めていたのでした。


霊能者 加藤 眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2009-12-20 11:27 | 霊現象 | Comments(0)

私はどうしたらいい

気持ちの奥深くから押し寄せるような感覚もスピリチュアルな(霊的)な世界です。

自分は何をしているのか、

どうしたら上手く生きることが出来るのか

なぜ生きることが不器用なのか

わたしはどうしたらいいのでしょうか?

他の人がみんな器用に楽しそうに生きている

進んでも進んでも、やってもやっても複雑に人生の糸に絡まっていくような気がしている


*このような悩みを持つ方は、単純にストレスでもなく霊的な感受性が高まってきています。
けれども状況の説明がつかないような雲の中に自分の気持ちがいるようにも感じてしまいがちでもあるのです。新たな時代は精神世界を必要としています。


a0097419_22131265.jpg

スピリチュアルアドバイザー 加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2009-12-19 09:14 | 精神世界 | Comments(0)

感情のコントロールと霊

たいしたことでもないひと言で、急に胸の奥で感情が高ぶってしまうことや、胸にズキンっと突き刺さるような言葉にイラついてしまう。人の発した言葉がどうしてだか自分が思ってもいなかった感情を呼び起こされることに出会うとき。

他人の何気ない、つまらないひと言で自分がうろたえてしまう、あるいは非常なほど怒りが込み上げてしまうような感覚になってしまう経験をした方の話ですが、数人の職場の仲間と休憩時間にお茶を飲んで、いつもどおりに楽しくたわいのない話をしていたが、

「あなた最近、やる気がないみたいね」と、

冗談めいて言われただけで、その言葉が気持ちの中に突き刺さってくる。

「そんなことはないけど!」と言い返しても相手はさりげない調子で、何も気にしていない。それなのに自分だけが腹立たしい気持ちが抜けない。
a0097419_1734942.jpg

その日から、夢見も悪くて皆に笑われているような、嘲笑されている姿の夢ばかり続いたそうです。その言われた、ひと言と自身の感情の波とが重なり合ってしまい霊的なものを引き寄せてしまったため、同じような感覚世界に入り込んでしまった結果です。

この方の場合にはご家族との揉め事も少しあった時期とも重なりますが、ほんの少しの感情の間の悪さが、魔をよぶこともあります。

この方の場合にはそれほどひどいことにはなりませんでしたが、「類は類」を呼ぶという言葉があるように、悩みは悩みを呼び、良いことさえも悪くしか捉えない気持ちが生じてしまいます。



霊能者 加藤 眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2009-12-15 09:31 | こころ | Comments(0)

A子さんが、「夢をみて自分が殺されるのです。

何度も同じような夢を見るのです。とても恐ろしくて苦しくて、

大きな声を上げて目が覚めるのです」 と、ご相談にこられたのですが、

普通は自分が死んでいく夢は、

悪い不必要な部分が取り去られていくという解釈も出来ますが、

この方の夢は、霊がみせている夢なのです。

職場が変わったときにそこの地縛霊の影響が出てきたのと、

霊との意識の波長が合ったために、

まるで自分の意識のように殺されて死んでゆく有様を夢にみたのです。
a0097419_15302630.jpg

浄霊をしていくために、

供養をして、亡くなる前の意識で苦しんでいた霊に霊

査しながら話しかけて納得をさせていくことで、夢に現れることはなくなりました。



     霊能者 加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2009-12-12 15:30 | 夢・ゆめ | Comments(1)
ご主人の実家は駅が五つほど離れてはいるが、近いのでときおりご主人と一緒にでかける。

一年以上前から、必ずご実家に行くときに奥様が実家が近づくと、頭痛とお腹が痛くなるというのです。

実家の義父母もとてもよい人で、奥さんは自分の実家以上に帰るのが楽しみなほど仲もよいのにお腹かが痛くなる。

検査もしたが、薬も飲んでもご実家に出かけると必ず痛くなる。皆も心配してくれて、来る度にお腹が痛むのでは、無理に来ない方がいいと言ってくれる。

どうしようもなくて「何か霊の問題があるならとってほしいのです」といらした。お話を伺っていると、このご実家の土地が何度も何度もでてくるのと庭が暗く重い感じがしてくるのです。


「何かご実家の土地に変化はありましたか?」と伺うと、
「2年ほど前に小さな池の水を埋めて大きな庭石をその上に置いています」。


なるほどそれでわかりました。

小さな池でも昔は水神様をまつっていたようですからきちんとお清めしてから石を置くなりしなければなりません。

それを伝えたいようで、一番霊的な感覚が強い奥さんに現象が現れたのです。

後日にご実家のご両親にこのことを話して、私も出張にうかがい石も隅に移動していただいてお清めをしてから、この奥さんの頭痛やお腹の痛みも消えてきました。

a0097419_14482918.jpg

霊能者 加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2009-12-09 14:49 | 霊現象 | Comments(0)
自分は何でも出来て、しっかりものでてきぱきと動けると思われてしまう。

動くには動くが、人が思っているほど自分は気も利かないし、「しっかりしているね」といわれるだけで負担に思うほど、気持ちをかまえてしまう。

他人の思うようなイメージどおりにしなければいけないと思うほどに焦る、けれども人をがっかりさせたくない。でも疲れる。自分が嫌になる。と思いつめてしまう人もいます。

多かれ少なかれ、他人から見たイメージと、本心にはギャップがあるものですが、人のイメージどおりに生きられないことで悩んでいる人もいます。

それが講じて精神的に自分を追い込んで、さらには低レベルな霊を呼び込んでとり憑かれてしまうケースもあります。「死にたい」という気持ちに発展してしまう人もいます。

イメージはあくまでも他人から見た場合です。我を見失うことがないように。

自分の性格と霊的な性質に気づいていくことが必要です。「外面より内面」

a0097419_14261148.jpg


加藤 眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2009-12-07 14:26 | 霊的な日常 | Comments(0)

霊体が浮く


ある方が、「一日に、1,2回ほどなんともいえない表現ですが、めまいのような、立ちくらみのような、自分の体が浮いているような、そういう感じになるのです。検査も受けましたが問題がないといわれました」

それを伺ってすぐにわかるのが、霊体がほんの一瞬浮いている状態ですね。


と伝えると「そうなのです。おっしゃるように、そういう感じと表現するほうが正しいと思います」

 霊的な意識が今までの時代とは異なって、人の表側に出てくる時代ですから、内面の霊体が動き始めると、肉体的な自分の体と心が違和感を感じることがあります。

それが一瞬であるのか、精神的に不調和を起こしてしまうのかは人によって様々です。


社会は不況やデフレ、他国ではデノミで不安要素を今は抱えていますが、ゆるやかに社会が安定してきたときに精神的に生きる世界へと進んでいくことになります。それには霊性も大きく関わってきます。

これまでは内面の霊性は、人間的なごまかしが効いて嘘も通りましたが、それが効かなくなるようなものです。「真実がさらけ出されるのです」



霊能者 加藤眞澄ホームページへ
a0097419_10353640.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2009-12-05 10:35 | 精神世界 | Comments(0)