霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

過去の浄化


ご相談者の方で神社やお寺、
はたまた教会などもいろいろとお参りをしてみたが、
お参りをしたのになぜか、どうしてなのか清々しい気持ちになれないで、
むしろ行く前よりも気持ちが重くなってしまうという方がおられました。

その家が抱えてきた霊的な問題が積み重なっていたことが原因でもありました。
理由の一つには誰にも供養されることなく長い間忘れられていた霊たちの悲哀と
それをあえて隠してこなければいけなかった先祖の苦しみが続いていたこともありました。
a0097419_1171257.jpg
祖父さんの代で先祖代々の土地を離れて東京に来られたようですが、
お参りをしても「スッキリしない」思いは祖父さんも話していたことがあったそうです。

過去の浄霊をしていくことで過去の因縁が切れていく時代が
訪れていますからさまざまなことが表面化されてくることも多いのです。

私も全国の神社も随分お参りさせていただきましたが、
気持ちが清々しくなるというよりも、お参りからの帰り道に、
これから何をしていくべきかを改めて考えさせられるような気がして、
心に重みを感じたことも以前はありました。

神仏に向き合う時間は、自分の魂にも向き合う時間空間でもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-30 09:04 | 霊的な日常 | Comments(0)
人の悩みを感じ取ってしまう方が結構多いのです
仕事をしていると職場の誰かの視線を感じたり、
振り向いてみると職場のAさんがこちらを見ていたり、

その人が自分をどう思っているのかもわかる人、
あるいは普通に知り合いと話していても、
本当はつらいのではないかとまで伝わってしまう人もいます。

だからといって、「本当はこう思っているのでしょう?
 つらいんでしょう?」とは聞けませんから、
感じとる能力が強い場合にはかえってつらいことも多いものです。
a0097419_10293899.jpg

嫌だ、そういう自分がイヤだと思って嘆いているよりも、
自分の特性をもっとよく知っていくことの方が解決が早いのです。

嘆いても悲しんでも自分の特長、
性格は変えようもないですから、
上手に大切に自分と向き合って
大切に生きていくことの幸せを感じていくことを目指してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-28 09:24 | こころ | Comments(0)

念願のマイホーム

念願の三階建てマイホームに若いご夫婦が越して、
一年後に男の子が産まれて元気に育ってきていた。

ただご夫婦が気になっていたのはお子さんが三歳になって
家中を走り回り押し入れも入り込んでしまう腕白なのに
絶対に三階に行きたがらないのでした。

a0097419_11265842.jpg
実質三階は物置代わりになっているが、
連れていこうとすると泣き出して
「イヤ!!いかない!コワイ!!」と断固として嫌がる。

子供さんが生まれる以前から家の中で飼っている犬も
2階以上は行こうとしないそうです。

霊査をしてみると三階の一カ所がとても暗く重いのです。
もともとこの三階の位置が土地を造成する前に
丘のような高さの合ったところのようで、
今はその丘は消え失せていますが、
過去の霊たちは過去の状態(お墓の場所)にいたままだという状況でした。

霊とコンタクトして、この家のご夫婦にも説明をして、
三階で清めと浄霊をしたことがありました。
それ以来は、子供さんが3階を怖がることが無くなったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-24 09:17 | 霊現象 | Comments(0)

元気をいただく


テレビで懐かしい歌の番組中にゲゲゲの鬼太郎の主題歌を歌う
熊倉一雄さんがゲストで出演されていました。

俳優、声優、演出家のお仕事が多い方ですから
テレビで姿をお見受けするのは珍しいのと、
何十年も「ゲゲゲの鬼太郎の主題歌は聴いていましたが、
テレビで熊倉さんが歌われている姿を拝見するのは初めてでした。

お姿はさすがに80代でしたが、
声の衰えを感じさせずに表現豊かに歌いあげている熊倉さんを拝見しながら、
そして馴染み深い「ゲゲゲの鬼太郎」の詩と曲と歌う表現力に
引き込まれて聞き入ってしまいました。

そして衰えのない熊倉さん老いてなお
磨きぬかれたプロの心意気を感じさせてくれます。
鍛えぬかれた、経験とよき積み重ねが観ている側にも力と元気をくれていました。

体も心も精神力もすべてがひとつひとつの
小さな毎日の積み重ねを改めて感じられたのでした。

a0097419_11143024.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-24 09:03 | こころ | Comments(0)

霊が住む家

東京近郊の新築の建売住宅に住んだときから家族3人が、
家のラップ音が聞こえたり、家族がみんな2階にいるのに、
階段を誰かが上がり降りしている音をはっきりと感じていたが、
このご家族全員が「誰か霊がいるね、」「そうだね・・・」と話していただけだった。

霊感の強い人ではこれではたまらない状態だったと思いますが、
幸運にも?このご家族は霊には無頓着だったそうです。

住み始めて3年目に親戚の叔母さんが始めて泊まりにいらして、
その晩にラップ音や階段を上がる音はもちろん、
叔母さんの枕元に霊があらわれて「邪魔だから出て行け!」といわれた。
一晩中霊たちに囲まれているようで眠れなかったそうです。
a0097419_12502834.jpg

翌日それをこの家のご家族に話し「絶対変だからきちんとしないといけない。
家族みんなが鈍感になってしるから取り込まれてしまうと大変だから、
霊能者に見てもらいなさい」といわれたそうです。

そこで私のところにいらしたのですが、
いつも何もしないで住んでいたことが「霊の棲家」のようになってしまっていたのです。
そのために叔母さんが泊まりにいらしたときに霊からすると「いつもと違う!!、
邪魔だ、出て行け」ということを言ってきたのです。

お清めをして浄霊をして霊的な気配がなくなっていきましたが、
マイナスな「気」(この場合は霊)になれすぎてしまうと、
気がつかずに鈍くなってしまうこともありますからご注意ください。


   加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-19 09:48 | 霊現象 | Comments(0)

お地蔵様の移転

道端に地域の人が誰も覚えていない昔から、お地蔵様が置かれて祀られ、
近所の人たちが毎日お掃除したり、お参りに来るようなところでした。
a0097419_10463918.jpg

ところが時代の流れで道路の拡張工事で
お地蔵様のあるところも取り壊されてしまうか、
かなり離れたところに移転するかという話になったそうです。

しかし移転すると遠すぎて誰もお参りに行けなくなる・・・・・・・・・

そこで近くの一軒の商家の方が、「家がお地蔵さんを引き取って、
小さな店だけど店先の横に置かせていただきます!そうしたら皆さんも
お参りができるからそうさせてください!」といわれてお地蔵様を引き取られたのです。

その後その家の方は、商売がとても繁盛しお店の跡継ぎも決まり、
ときおり近所の方がお参りに来られたり、つながりが深くなっています。


よほどのご縁がなければこのようなことは起こりませんし、
はじめから商売繁盛の欲でお地蔵様を引き取ったわけではありませんが、
大切に祀り供養していかれると思わぬ出来事にも出会うこともあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-15 09:40 | 霊現象 | Comments(2)

霊の介入


普通の人でも、怒ったり、悲しんだり、
神経質になってしまう出来事もおこります。

それには大概何かの理由があってのことでそうなるので、
話をすればほとんど解決できるものです。
a0097419_11165964.jpg

けれども霊的な要因があって、
感情的になってしまうことや乱暴な口調になったり、
いつもの本人とは違う言動が起こってくる場合には、
特別な原因が思い当たらないことが多いのです。

「まさになんとなくそうなってしまう」とでも
表現せざるおえない状況になってしまうこともあります。

ご家族が見ているといつもの本人ではない形相になってしまい、
話し方もいつもとちがい刺々しいなど・・・・・・・・・・
それこそ性格が変化しているように思われることもあるでしょう。

それには「霊」という存在が入ってきて介入していることも理解されることも必要です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-12 09:17 | 霊現象 | Comments(3)
一つのことが気になり始めると頭から離れない
隣近所の話し声や音が気なる、友人の一言が気になる、

人から注意を受けても反省点ばかりが繰り返し思い浮かぶ
けれどその割には次の動きが上手く出来ない。

何かに縛りつけられたように思いと行動が著しく異なってしまう。

a0097419_1542874.jpg何かから逃げたくても逆にドンドンと
いろいろなものが押し寄せてくるように、
がんじがらめに身動きできない。

身動きできなくさせられているのか、
はたまた身動きできない心があるのか。

「どうしよう、どうしたらいいの?」という不安と
言葉が日常的にでてしまう人は、
霊的な意識が働いている可能性もあります。

お盆の時期は感性が強い方では、
騒がしく落ち着かないことも多いかもしれませんが
気持ちを焦らせないようにしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-09 09:38 | 霊的な日常 | Comments(0)
 山ほどの望みがあっても、心のシチュエーション
(立場、境遇)が乱れていれば効率の良い動きはとれません。

仮に部屋の家具の位置を変えて何かを変化させようと思うけれども、
一時的なモチベーションにはなりますが、
また何らかの理由をつけて望み願うだけで、
動きがとれなくなってしまったりします。

これでは、気持ちの置きどころを持っていなければ
常に苦しんでしまうことにもなりかねません。
a0097419_17495730.jpg
 
 霊的なことになりますが、
俗にとり憑かれるのは怖いと思われています。
確かに現象だけをみると怖いのですが、
自分の心の100%のうち10%くらいとり憑かれても、
あとの90%が抑えてくれるでしょうし、
仮に自分で死にたいと考えたとしても90%の心の意識がそれを遮ってくれます。

とり憑かれても90%の自分がしっかりしていれば動かされることはありません。

 誰もが霊的な意識存在でもあります。守護霊も存在はしますが、
いて当たり前、守って当たり前かというと、
自分自身を守れないような気持ちでは
せっかくの守護も役に立たなくなってしまいます。

守護はつかず離れず、星と衛星のように
バランスのとれた距離と役割を全うしていこうと
最大限の力を加えてくれる存在です。

 気持ちの考え方、心の意識の置きどころを
自身に向かい合わせていくことはとても大切です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2010-08-07 09:43 | 精神世界 | Comments(0)

原因不明の違和感と痛み


腕の痛みや足の痛みが、数年続いて病院でも原因がはっきりせずに、
整体も通い何とか少し楽になってきたけれど、どうしても、
たとえようのない違和感が手足にあって相談にこられた方がいます。

それも20代の女性でした。
そして「私の実家はすぐ近くなのですが、
実家に行くと余計に具合が悪くなるのです。
実家の両親も心配してくれるのですが、
なんとも原因がわからないのです」ということでした。
a0097419_9562847.jpg


このお話を伺って、やはりご実家に問題があるようなので家まで伺うことにしたのです。
そこで神棚やご仏壇はきちんと置かれていたのですが、よく中を拝見すると、
ご本尊が古く、それも片手がありません・・・・・。


また古いお位牌のひとつが下の足が壊れかけてガタガタです。
家の方にお聞きすると、知ってはいましたが、先祖が持っていた古いものなので、
そのまま持っていたほうがよいと思ってさわらずにいたのです。


と話していましたが、お位牌などは霊の宿る存在ですから、
ガタガタでは作り直されるか、きちんとお焚きあげされたほうがよいのです。

これでは感受性の強い人は具合が悪くなってしまうのは当然です。
皆さんも見直されてみてください。
お盆なので

...................................................................

加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-08-05 09:56 | 霊現象 | Comments(0)