霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

長野県伊那市と下伊那郡大鹿村との境界に位置する標高1,424mの峠です。
中央構造線の断層谷の街道。

江戸時代には高遠藩が他領との境界に
杭を建て目印としたことに由来する地名のようです。
a0097419_17707.jpg

ゼロ磁場に関しては平成に中国の気功師・張志祥氏が、
分杭峠に「気場」ゼロ磁場を発見したと話題になってから
多くの方々が訪れるようになったところです。

分杭峠は、「ゼロ磁場地域である」と言われ
健康に良い『気』を発生させるとも言われています。
a0097419_1775448.jpg

「ゼロ場(相殺磁場、ゼロ磁場)」は、
日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、
2つの地層がぶつかり合って「ゼロ磁場地域である」と言われ
健康に良い『気』を発生させるとも言われています。

気場の強いところでは、磁石が反対の方向で止まってしまうのです。
自然の気を感じられるかは個人によっても異なりますが、
雨上がりの午前中などは、山を歩いているだけで

手先がピリピリと感じられたり、人によっては
手が赤くなるほど磁場に反応されることもあります。

霊的に問題があるところでも、磁気が反応することもありますが、
ここのゼロ磁場は断層谷が磁気を発生させているのです。

ある方は、毎年気のチャージにいらしていたり・・・・。
とらえ方感じられ方はさまざまですが、
リセットされると感じられる方もおられます。

感じやすい方は、はじめ
「湯あたりならぬ、気あたりを起す かも? しれません。
そんなときには気の弱い、バス待ちのテントへ非難するといいそうです」

a0097419_1713516.jpg
a0097419_179386.jpg



マイカー規制がありますので
車では粟沢駐車場で駐車をしてシャトルバス10分ほど

バスで行かれても粟沢駐車場から
シャトルバス

分杭峠シャトルツアーバス - トラビスジャパン
日本のパワースポット!分杭峠のゼロ磁場へ行くためのシャトルバスを運行。
travice.jp/bungui/


新宿から高速バスで伊那市駅、伊那市駅から本数は少ないですが、、伊那市駅から高遠、高遠から粟沢駐車場

伊那市観光協会公式 HP
シャトルバスは、4/20(土)から運行を再開~11/24(日)まで運行予定です 。 ...
inashi-kankoukyoukai.jp


宿泊されるなら、はひとつ手前の「入野屋」さんが一番近いです。宿泊されるとシャトルバスののりばまでも乗せていってくれます。日帰り入浴も出来ます。
http://www.ina-city-kankou.co.jp/cms/modules/tinyd2/index.php?id=6




加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2013-07-30 09:36 | 和み | Comments(0)

「気」が乱れると

焦っていると鍵もうまくかからないし、あけられない。
あわてていると目の前にあるものさえ見つからない。

急いでいると忘れ物が増えたり
他のことに気をとられて大事なことを忘れてしまう。

ちょっとしたことで気が乱れてしまうと
このようなことって起こってしまいますね。

疲れすぎていたり、ストレスが重なってしまったりと、
気が整わずに気が乱れてしまうと、度重なって
自分がおかしくなったと感じてしまうこともあるかもしれません。

ある方は緑の多い自然にふれないと
落ち着いていられなくなって、
仕事も集中できなくなってしまうので、

ひと月に一度は必ず山に行かれている敏感な方もいます。
それが本来は自然なのかもしれませんが・・・・

またある方は、引き出しに入れて
鍵をかけてしまっておいたものが無くなってしまったり、
a0097419_10395772.jpg

もちろん誰も開けないし、人には
何の価値もないようなものだったりするものが、
まったく消えてなくなってしまう。

ある方は車で出かけたときに、ご主人が
仕事の用事を済ませて戻ってくるまでも、
助手席にずっと座って待っていただけで、

一歩も車からは降りていない、
ドアも窓も開けていなかったのに、
家に戻ると自分のバッグに入れてあった化粧ポーチが無い。

もちろんバッグも開けないでずっと抱えていただけ・・・

数時間後に先ほどご主人が用事で立ち寄ったお店から連絡があって、
「ポーチが店の近くに落ちていましたよ」といわれた。

ポーチに入れてあった他点のカードに
名前を書いたカードを入れてあったために
連絡してくれたそうですが、

ご本人は車からも降りていないし、
ポーチも出していなかったのです。

この方はときどきこのようなことが起こってしまいますが、
かなり「気」の乱れが起こっているときになりやすいのです。

テレポーテーション(瞬間移動)してしまう。
もともと霊感も鋭く、見抜ける力も強いのですが、
霊的にも乱されやすいという部分もあります。

気の乱れは空間の波長の乱れも引き起こすのかもしれません。
平常心はなかなかに難しいです。
時には森林浴は大事ですね。自然界の木のそばで深呼吸。

神社のご神木もいいですね。
私たちよりも何百年も歴史をかさねて「気」に満ちています。
あわてないあわてない  良き日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ

霊能
精神世界
スピリチュアル

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-28 09:02 | 霊現象 | Comments(0)
人を待つ
知らせを待つ
契約を待つ
恋人を待つ
遠くに人に会いにいける日を待つ
親が帰ってきてご飯をつくってくれるのを待つ
家人の無事を待つ
給食の時間を待つ
etc・・・・・・・・・・

待つというのもたくさんの意味がありますが、
待っていると落ち着かなくなってしまい、イライラしたり、
特に早く結果がしりたいとか、速くあいたいという気持ちが、
焦燥感をもたらしてしまうこともあります。

せっかちに待っても落ち着いていても待つことに変わりないです。
「待つ」とうのは、当然長短はありますがいろいろな思いに駆られます。

「早くしてくれないかな、何しているのか、
でも会えなくて上手くいかなかったらどうしよう、
こんなに待っているのにいつまで待たせるのか・・・・・」
などなど考える、

その時間はとても必要な時間でもあり、
我強さと冷静さ、すぐに出来ないことの喜び、
心の広がりなど、自分でも知らないうちに
たくさんの「待つ」を体験するうちに、
人に寛容な精神(人を許し受け入れる精神)
などを育んでいるものです。

待つに対して考えない人は、
すぐに自分の思い通りにならないと、
苛立って人に当たってしまうことにもなり、
自分自身のコントロールがしづらくなり、
人のせいにしたり自分は精神的な病気だからと
にげてしまうことにもなってしまいます。

魂の成長は人それぞれですが日々の
単純な「待つ」も大きな精神の成長の役割を担っています。


a0097419_1033718.jpg

加藤眞澄ホームページへ
精神世界

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-26 09:58 | こころ | Comments(0)

自分はふつうじゃない

自分は周りにいる人たちと
どこか合わないと苦しんでいる方も多いです。

一生懸命に人に合わせているものの、
疲れはててしまい神経がもたないほど
ストレスに感じられているかたも多いのではないでしょうか。

飲み会も楽しむこともできないどころか苦痛のなにものでもなく・・。
人一倍感性が鋭いのです。人の思惑を痛いほど感じてしまう。

それでも相手はそんなことを感じないから話題にもできない。

そういう感性の持ち主が増えてきています。
おかしいのではなく、
真実をみて感じ取っていることも多いとおもいます。

パワースポットが流行りとなっているのも
このような方々が増えてきているのも要因です。

それでも心がいやされてこない時には霊的な要因も強いかもしれません。


a0097419_936171.jpg


加藤眞澄ホームページへ
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-24 09:33 | 矛盾 | Comments(0)

土地に歴史あり

今私たちが住まい暮らしているところは、
住宅もビルもあり、そこに生まれ育ったとしたら、

それは昔からあったように
当たり前のようにとらえているとおもいます。

それでもその土地それぞれに、
昔はビルもなければ、道もなく、

それでも時代を超えて幾千人の人たちが行き交い、
暮らし、あるいは戦ってきたところでもあるかもしれない。

土地がらみの霊的な問題もでてくるときもありますが、
土地はたくさんの過去を重ねてきた記憶を持っています。

霊的な現象が起こるところもありますが、
「どうして家だけ?霊がいるなら出ていってほしい!」

という方もいますが、
あとから住んでいる新参者は我々でもあることをお忘れなく。

過去も歴史も大切に。


a0097419_10291011.jpg



加藤眞澄ホームページへ
土地

過去

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-22 09:22 | 霊的な日常 | Comments(0)
かなしみが
悩みが
苦しみが
多忙さが

必ず役に立つときがきます
必ず解決していけるときがきます

その強さが、解決を早めてくれる力でもあります。

ただしすべてにぶつけて跳ね返す強さではなく、受け入れる強さ
理屈の勝ち負けは不要


a0097419_13535557.jpg



加藤眞澄ホームページへ

精神世界

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-20 13:36 | こころ | Comments(0)
自分では死にたくないのに、
死にたくなるような感じに
悩まされてしまう方もいます。

特に、何か自分が悩んでいるときに、
極端な意識が現れてしまうことってあるものですが、

「死にたくないのに死にたくなるような感覚」は、
人智を超えた意識でもありのです。
a0097419_13361646.jpg

死にたいという理由は考えられなくても、
どうしてもその感覚がときおり表に出てくることもあります。

ある方は子供のときから死にたい・・・と
考えてしまうことに長い間悩まされてきました。

けれどもそれは、霊魂の思いそのものだった
というケースもあります。

霊といえば死んでいるはずの世界が、
「死んでいることに気がつかない霊」もいます。

ご自分だけで苦しまないでください。





加藤眞澄ホームページへ

精神世界
霊能
スピリット

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-18 09:31 | 霊現象 | Comments(0)

だんな(主人)と私

小説的体験談

夜八時を過ぎて主人が仕事から帰ってきた
私「おかえり」
だんな「ただいま」

早速すぐに夕食が始まる、
結婚して8年間2人仲良く、同じような生活が続いている日々だった
だんな(主人)は5キロ離れた商店街のパン職人として働いている

私はときおりそのパン屋さんが人手が足りないとき
手伝っているくらいで、趣味のフランダンスに明け暮れている。
a0097419_11372930.jpg

私「今日の仕事忙しかった?」
だんな「まあまあだよ。来週は注文が増えるから忙しくなるな。」

私「頑張ってるからね!ところで先月話していた旅行はどこにいこうか?」
だんな「どこでもいいよ~まかせる」
私「山がいい?海がいい?温泉がいい?」

だんな「だから、まかせるって言ってるだろう!」
わたし「・・・・なによ・・」
だんな「なんだよ!」

実にたわいもないことに
日頃の気持ちが爆発しかけていた

わたし「あなた帰ってきてから、
すべての会話は私の方から話しているだけ、
私が一日どうしていたかまったく聞いてこない。

今日だけではなくて、いつもそうだから言ってる!

いつも言いたかったけど我慢していただけだわ!」

だんなは手に持っていた茶碗と箸を乱暴におきながら
だんな「いきなり、なんだよ!いったいどうすればいいんだ」

私「いつもは言わなかったけど、今日は言いたくなった。
気持ちをわかってほしい。・・・・たくさん会話して、
たくさん笑っていたい、笑ったり泣いたり、

それでも気持ちはすべてはわかりあえないかもしれないけど、
共有できることを増やしていくことが夫婦でしょ?家族でしょ?」
だんな「そ、そうかもしれない・・・けど」

私「けどなに?」
だんな「どうして今日なんだ、どうして今なんだ?わけわから、ん・・・・・・・」

私「わけのわからないことだから、
心が詰まって目詰まりする前に話したのよ。
塵も積もれば山になって埋もれてしまうから、
それに家族になりなさいって言われている気がするのよ?」

だんな「なんだそれ?家族になりなさいってなんだよ?」
私「そうだよね、なんだそれ?だよね」

だんな「まあ、オレもなるべく話をするようにがんばる。
ついつい空気と同じでいて当たり前という感じになりすぎてたかもな」

私「ウン」
なんとなく話は終わったがその後、気を使ってくれているのか、
だんなとも会話が少し増えてきた。

それから4ヶ月ほどしたときに、私の体調が悪くて病院に行った。
結婚して8年目に妊娠していた。いつも生理不順だったから気づかないでいた。

仕事から戻っただんなに直接話したかった。メールでは嫌だったから、

私「今日は驚きのうれしいお話がありますぅ」
だんな「なんだぁ、宝くじが当たったかぁ!」

私「もっとハイレベル!!すごいこと」
だんな「山に登ったか?」

わたし「気持ちはね登ってるよ! 赤ちゃんできたって!」
だんな「っだれに?ダ」

私「私たち」

だんな「あっ?!おどろいた!正夢だ!
オレは今朝赤ん坊を抱いている夢見たぞ!
オレたちには子供いないから黙っていたけど。」

私「でも私には夢でも知らせがなかったよ・・・・いじける・・・・」


だんな「なに言ってるんだ!たしか4ヶ月くらいまえに、
オレにくってかかったときに、
『家族になりなさいって』言われている気がするって言ってたのは君のほうだよ、
オレのほうがわけわからなかったよ・・・」

私「そういえばそうだった。あっ、そうか、そういうことか。
何かが知らせてくれているような気がして、
わたしすごく焦っていたのを覚えている。

あなたとの暮らしや会話を変えなければいけないって思った。
不思議だね、あの時はあかちゃんの「あ」の字もなかったのにね・・・・・・
それに子供できないからあきらめてたし・・・・・」

先の流れを感じ取ったのか、生まれてくる子が望んでいたのか、
子供がここに来るために夫婦におこった出来事。

その後無事に女の子が生まれる、
元気だがとても言葉が遅い子でなかなかしゃべらなかったから、
夫婦で先に会話をさせてこの子を迎え入れる準備をさせられていたのかもしれない。

見守る霊たちの配慮は人智を超えていますが、常に支える力をそそいでいます。 
 






加藤眞澄ホームページへ

スピリチュアル霊能
不思議

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-16 09:27 | 小説的体験談 | Comments(0)
学生の頃はとくに、
家族や友達のひと言でも傷つく年代ではありますが、
霊的な現象も起こりやすい敏感な時でもあるのです。

ある娘さんは心から願って合格して
通い始めた高校へはいってまもなく、

「学校へ行きたくない!」
母親が「いじめられたの?」
「別にそうでもない、でもいきたくない!」と
心を閉ざしてしまったのです。
a0097419_16505844.jpg

話しかければ怒ったようにしか話さない。
「どうしたいの?」と聞いても
「わからない・・・どうでもいい・・・」会話にならない。

「行きなさい」「いかない」
「いかなければ大学どうするの?」
「何も行かないからどうでもいい!」

このご家庭は数年前に離婚した母子家庭ですが、
母親もこの頃から落ち込んでいました。

親子とも受験を頑張って合格して、ほっとして、
気が抜けたこともありますが、
今度は良い学校へ入れば「これもできるし、
将来はこうなれるとか・・・」というように

母親の希望が全面的に娘さんに行き過ぎて、
思いを託しすぎたことも原因のひとつです。

この方の場合には、母親の考え方が
マイナスに行き過ぎて、娘さんが学校へ行かないことに
神経質になりすぎて、心の中で戦ってしまったのです。

「親の自分がここまで頑張ってきたのに
どうして娘はこんなになってしまったのだろうか?
自分が悪いのか、娘は何かにとり憑かれているのだろうか・・・・」

日々そんなことを考えすぎて、
思い通りにならないことばかりになって
職場でもいわれのない嫌がらせを受けたりと、
マイナス思考がマイナス現象を呼び込むことにもなり
「負」のスパイラルが止まらなくなってしまったのです。

この母親にお会いしたときには精魂尽き果てた感じでしたが、
ご自分の考え方が霊を呼び込んでしまうこともあるということ。

自分自身の考え方を変えていかなければ
誰もしあわせにならないことなどをお話して浄霊したのです。

この方は徐々に元気になり、
娘さんを問い詰め追いつめることをしなくなって、
「もう娘の好きなようにすればいい」と考え始めたときに、
娘さんは学校へ行き始めたのです。

ケースによっても違いますが、
でも親が元気になれば子供さんも前向きになれることもたくさんあります。






加藤眞澄ホームページへ

霊能
感性

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-14 09:45 | 霊的な日常 | Comments(0)

お榊について

ご家庭の神棚で神社のお札を祀り、お
榊を置かれているお宅で、
造花のお榊を置かれていることがあります。

一年中枯れることもないので
とりかえずにきれいで面倒がないですね確かに・・・・・。

けれどもお榊は、神事に使われる木として「榊」であり、
神の「依代(よりしろ)」で神のよりつくものとしての役目もあります。
a0097419_14481152.jpg

神の世界とこの世の世界の境の木とも言われていたりします。
植物には霊が宿ることもいわれますが、
お榊は1日15日にとりかえるのが一般ですが、
きれいに何ヶ月も長持ちされる方もいます。

反対に数日でとりかえるほど
早く枯れてしまうところもあります。

そのようなときには、氏神様へ行かれて
お参りし常に気の流れを良くできるようにしてください。

お榊は生きて呼吸している植物ですから、
出来る限り本物のお榊をお祀りするようにしてください。

普段なかなか出来なくても、この機会をきっかけに
なさってみるのも良いのではないでしょうか?


それから、お榊を祀られている方で、
お榊の量のわりには入れ物が小さすぎて
枯れてしまうケースもありますよ。

大きめなお榊入れになさるか、
買われてきたお榊を一度ほどいてきれいに洗って、
量が多すぎるお榊でしたら、

上手に一対を二対に分けて輪ゴムか細い紐で束ねると、
小さなお榊入れには丁度いいこともありますよ。
ちょっと気になっていたことでした。




加藤眞澄ホームページへ
霊能
霊感
感受性

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-12 09:39 | 霊的な日常 | Comments(0)