霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2013年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昔から上司のセクハラやパワハラはありましたが、
最近はパワハラもセクハラもあってはならないという
進化的風潮が広がっているにもかかわらず、未だに耐えないのです。

みんなの前だと明らかにセクハラ、パワハラと問題視されるので、
陰ながらのセクハラで触れたか触れないかの
ぎりぎりの触り方をしてくる上司の話もいろいろ聞きます。
a0097419_8482862.jpg

パワハラは、ある方と2人きりになると、
いきなり怒鳴りまくっている上司や、わざわざ会議室に呼びつけて、
お小言(それもどうでもいいような)を小一時間きかされたり、
人のキャリアをけなすようなことを平気で口に出したり・・・・・・

およそ軽蔑に値する上司に悩まされている方もいます。
悩まされている方々のほとんどは、霊的にも感受性も強く、
がんばりやで、人より仕事を片づけている人ばかりです。

上司にするとテキパキまじめにやりすぎているのが腹立たしいのか、
そんな人間の感情の中に霊魂が介入して、


霊同士が人を仲介役にしていることもあり、
わかりやすいケースでは
「君を見ていると敵にしか見えない」などといわれる方もいます。

霊的に受けやすい方はときどき浄霊を受けにきていただいています。
日常的に積み重なってくると、霊的にも異境を受けてしまうので、
気持ちが進んでみたり戻ってみたりと、

考えが進まなくなってしまうことにもなってしまったときには要注意!

ご自分が気持ちがよいと思うところへ出かけて
「気」持ちを切り替えてみることも大切。


加藤眞澄ホームページへ

精神


霊的意識

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-30 08:44 | 低級霊・魔の世界 | Comments(2)

ひとそれぞれの価値観

もし目の前に生活費をのぞいた
余剰金が3万円あるとしたら、
洋服や好きなものを買ってしまう人、使わずにためる人、
旅行に行く人、ギャンブルにつぎ込む人、

普段いけなかった神社にいく人・・・・・などなど
それぞれの価値観というのは本当にさまざまです。
a0097419_11134968.jpg

物を買ってしまう人には、3万円も使って
神社でお参りをするなんて、なにも残らない
無駄だと思うでしょうし、

物にあまり価値観の魅力を感じない人にとっては、
物質的な満足はある程度で十分なのです。
価値観はさまざま、なにが一つ正解でもない。

でも大事な一つの基準は
そのお金をかけて得たもの(行動)に
心が「よかったなー」と感じられたか
どうかがバロメーターではないかと思います。

行動なら、行ったことでよかったなー
物質なら、買えてよかったなー
せっかく購入しても、眺めてたのしむこともなく
買っただけでしまい込んでしまったり、

本当は買わなかった違う方がよかったなあ、
と満足できないことではいつも自分の価値観が揺らいでいるのです。

価値観の違いはあるけれど、
どうぞ一つずつのことに満足しながら進んでいかれますように。
幸せの持続が出来る価値観でありますように。



加藤眞澄ホームページへ
精神世界
霊的

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-28 09:07 | 矛盾 | Comments(2)
ご夫婦でいつも喧嘩が耐えない、
だからといって別れるわけでもないというご夫婦もおられます。

ご両親が昔から喧嘩が絶えないで、
白といえば黒、暑いといえば寒い、
行くといえば行かないなどなど・・・・

喧嘩ばかりしているという悩みで、
娘さんがご相談にこられたのですが、

このお家は旧家で昔、土地の人のためにも
この土地を守っていくというご先祖の意識の強さを感じました。

ご先祖のご供養もきちんとされているお家でしたが、
ただ代々守られてきた広大な土地は時代の流れとともに、
数十年前から少しづつ他人の手に渡っていき、

現在では昔の半分だそうですが、
それでもかなりな土地をお持ちらしい。

土地にいる霊たちのまよいといらだちが
ご両親にも大きく影響していたのです。

できる限りの土地の清めをしばらく続けていくことで、
喧嘩をする確率が少なくなってきたのです。

見えない影響は現世にも大きく関わっていることもあるのです。


a0097419_1211598.jpg


加藤眞澄ホームページへ

霊能
スピリット

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-26 09:31 | 霊的な日常 | Comments(0)

愛情と霊

20代の主婦の方が、
二人目のお子さんが生まれてまもなく、

自宅で赤ちゃんを寝かしつけながら
ウトウトし始めたとき、子どもの遊び声が聞こえた、

近所に子どもはいないけど「気のせいか」と
またウトウトしているとまた子どもたちの遊ぶ声、

気のせいでもないし、部屋の中で聞こえる声だし・・・
次にウトウトしていると「不幸にしてやる」という声が
聞こえてきたというので、ご相談にこられたのです。
a0097419_11545080.jpg

土地霊の問題のようですが、
「数年たつのに今まではそんなことはなかったんですが・・・・」
けれどもこの方が、お子さんを慈しんで育てている波長に、

成仏していない子ども霊がちかづいてきて、
霊動が一瞬開いてしまったところへ、
「不幸にしてやる」といってきたのは、
これもまた不成仏霊がリンクしてきたのです。

霊が愛情にやきもち(嫉妬)「もしたのです。
氏神様へご挨拶に行き、お部屋も土地も清め
て現象はおさまってきたのでした。

愛情は霊も幸せに導くための心の世界を広げてくれることもあります。





加藤眞澄ホームページへ

精神世界
スピリチュアル
霊能

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-24 09:36 | 霊現象 | Comments(0)

幸せになるために

幸せになるためにはいろいろな生き方があります
結婚、離婚、再婚。仕事、生き方の法則は一つでは収まらない
それは自分が決めていくこと

こんなはずじゃなかったことなんて
人生の中にはごろごろしているので、

こんなこと一つくらいで決めつけて、
いつまでも心を張り付けて考えていたって、
短い人生をぼうにふってしまいますね。
a0097419_11475819.jpg

ある女性は、離婚をしてお子さんと暮らしてきて、
「そろそろ再婚をして、人生を分かちあいたい」と望んで、

懸命に婚活して子供とともに受け入れて
愛してくれる再婚相手と巡り会えたのです。

そしてともに暮らす日も間近に迫った頃、
子どもの学校のこと、新しい家の家具や必要な物に関して,
女性は今までの暗い方を押しつけるように再婚相手に迫った。

「その後一週間以上相手からの連絡が途絶え、連絡も付かない。
「嫌われた、自分のことを押しつけすぎた」と反省の毎日・・・・

再婚相手の男性は初婚で家庭を持つのは初めてなのと、
若い頃結婚を約束した人を亡くされたり、
幾度か傷ついてきた恋愛を経験してきたので、
過去のトラウマもあったのです。

きっと「また今度も結婚ができないかもしれないと」思ったと思います。
女性は結婚生活の経験も子育ての方法もわかっていても、
相手の男性にはまったくわからないことだらけだったのです。

私と話をしてこの女性は、しばらくして
自分の焦っていた気持ちを押しつけたことを謝ろうと、
彼のマンションのドアの前に立った瞬間ドアが開いた

「あっ!」「アッ・・」とお互いにびっくりした。


彼は買いものに出かけるところ、
でもあまりのタイミングに二人ともに、理解ができた。

相手の気持ちに気がついたときに、
パズルが合うように導かれることもありますね。

神仏霊のことは理解できても、
人の環境の違いにも配慮が大事
お幸せに

支えたり支えられたり
思いやりを大切にしてくださいまし





加藤眞澄ホームページへ

精神世界
スピリット
幸せ
神霊

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-22 09:42 | こころ | Comments(0)

返事が遅いひと

霊的な影響が強くでてしまうと、
考えてることと答えることの時間差が
大きくことなることがあります。

たとえばご主人に声をかけても、
数十秒後にならないと答えがこない。

返事が遅いといっても、
「だから一生懸命考えている」といわれたり、
聞こえていないわけでもないが、
言葉になることが遅いことも霊的な影響があることも。
a0097419_1138784.jpg

私たちは今の感覚と思考で即座に答えがでてきますが、
霊の意識が強く人の心に入り込んでいる場合には、
答えが遅くなることもあります。霊は過去の意識にとらわれています。

後ろを(過去)振り返りながら
物事を考えて答えているような状態でもあります。

以前にお会いした方で、「こんにちは」と
答えが戻るまで1分くらいかかっていた方もいます。

一つの会話をするのに何10分もかかってしまうほどでした。
霊的影響がとれてくると、
ふつうの会話ができるようになりましたが、
影響がでやすい方の中にはこのようなケースもあるのです。



加藤眞澄ホームページへ

神霊
精神世界
影響

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-20 09:33 | 霊現象 | Comments(0)

動かされないように

自分の心は自分がマスター(主人)であること

他人の心に動かされすぎても

霊の思惑だけで動かされてもいけない

マスターは常にご自身であること


加藤眞澄ホームページへ

精神世界
[PR]
by dimension-shin | 2013-08-18 09:07 | こころ | Comments(0)
大人だって自分の感情をコントロールできないことだって起こります。
それをできるだけ冷静に考えて、理論的にここでキレたところでどうしようもない、

人にも迷惑がかかってしまう、などを判断して
感情を納めていくことが上手くなるようなものです。

思春期のナーバスな時期は物事の善悪がはっきり判断しづらいときでもあり、
非常に柔軟性にとんでいますが、大人よりも人の動きに過敏でも、
純粋すぎて戸惑ってしまうこともすくなくありません。
a0097419_20293517.jpg

それに加えて、感受性と霊的なコンタクトがしやすい子供さんは、
激しく感情が乱れてしまいがちにもなります。

乱暴な言葉になり、反発的で、一つのことに
なんとおりもの答えが出てくるけれど、
どれが正しいのかの判断がつきかねて、

不安と焦りといらだちが重なってしまい、
乱れた心に霊的な影響が入り込んでしまうことにもなりかねません。

人は見えない物からも構成されているということが、
大きな支えになることもあります。

自然の気のよいところへ出かけたり、
美しい神社へお参りされたり、自然界ともつながるところは癒しをくれます。

リフレッシュすることは次の流れの解決法の内的体力をくれます。
そして、親御さんが厳しいだけでも優しいだけでもなく、
お子さんの不安を心で受け止める力になって支えていくということも大切なことです。

子供さんから見ると、大人の世界は汚いと感じることも多いのです。
精神的にいろいろ感じやすいと判断に迷い振り回されやすくもなるので、
心託す空間というゆとりの場所や時間を必要とします。

いずれ成長されたお子さんは憑きものがとれたように
芯からの豊かさを次の世代に受け継いでいくことができます。




加藤眞澄ホームページへ

霊魂

神仏

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-16 09:26 | 精神世界 | Comments(0)
深川不動堂(ふかがわふどうどう)   <東京都江東区>

成田山 深川不動堂
江戸時代に不動信仰が急速に広まり、
千葉県の成田山新勝寺のご本尊の不動明王を
江戸で出張ご開帳が行われたことから、深川不動堂のはじまりでもあります。

ご本堂では毎日護摩供も行われて、
檀家でなくてもご先祖様の供養も行っていただくことができます。
f0215700_959023.jpg

またご本堂の左側からは上に上がれるようになっており
ご仏像がまつられていて、どなたでも入れるようになっています。
多くの方々の祈りを受けいれてきたお寺でもあります。

江戸時代からですが、深川のお不動さんと親しまれてきた
下町の庶民の願いをたくさん聞いてくれたところなのでしょう。
f0215700_9593172.jpg

お線香を手向けたり、お経を唱えたり、
護摩を焚いていたりとお寺さんの役目を守られているところです。


深川不動ホームページへ
http://www.fukagawafudou.gr.jp/


〒135ー0047
東京都江東区深川富岡1ー17ー13
地下鉄 門前仲町下車




加藤眞澄ホームページへ

精神世界
お盆

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-13 08:51 | 神社 お寺 | Comments(2)

体に現れる傷

霊的に過敏な方は、耳鳴りや気配や、
不安な気持ちが起こりやすかったりはします。

それだけではなくて、
体に何らかの異変が起こったりすることもあります。

例えば霊的な要因で赤みや
痛みやかゆみが出てくることもあります。
a0097419_1155742.jpg

ある女性は、地方の旧家である
ご実家のことが気になりだすと、

その旧家で育ったけれど、幼いときからどうしても
家の一部屋が一歩も入ることができなかったそうです。


今は家を出て住んでいますが、
それでもその一部屋のことを考え始めると

痛みとともに、体に傷のようなミミズ腫れが起こってきたり、
ときには文字も浮かんでくることもあるのです。

社寺の紋が浮かんでくることもあったのです。
そしてその女性が入れなかった一部屋というのは、
昔から家に集められてきた刀が保管されてきていたのです。

数年前にその方の父親がそれらの刀は、
その地方の博物館などへ寄贈されたのですが、

未だにそのたくさんの刀があった部屋を思い出すと、
体に現象が出てくるとのことでした。

刀は片付けても、そこに宿った刀の歴史は
そこのお宅とのご縁もあってのことです。

物質的な刀は寄贈しても、縁の魂を
ご供養していかなければならない役割もあるのです。

痛みは実際の痛みとは異なりますが、
時空を超えて伝わってくるような感じ方でもあります。

腫れ方も実際とは異なってはいるものの、
通常では考えられない腫れが突然起こり
しばらくするとおさまっていきます。

社寺の紋が現れてくるというのは、
供養ごとを意味していたのです。


過去も大切に出来ると、
今の心は落ち着いて
、未来へも不安なく進めていけます。


加藤眞澄ホームページへ

霊能
精神世界
スピリット

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-11 09:50 | 霊現象 | Comments(0)