霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2013年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

考えすぎても時間はもどらないです
少しの執着と

過去に縛られすぎている心を
手離したら

素敵な内面と出会えます


考えても時間は戻せない
進むしかないことばかり

a0097419_1235286.jpg


加藤眞澄ホームページへ

時間

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-30 09:28 | 霊的な日常 | Comments(0)
結婚して数年のお嫁さんが、
ご主人の友人とも親戚とも兄弟とも
あまり付き合いたがらなくなってしまった。

以前は仲良くしていたが最近は
行き来することや人と会うことが嫌だというのです。
家にこもり電話も出ない。
心配したご主人のお姉さんが相談にいらした。

「弟のお嫁さんは、どうも霊が見えているようなんです。
こんな暗いお嫁さんではなかったのですが
母親が亡くなってから急になのです・・・・」
a0097419_1226524.jpg

家にうかがうと、
まず家の中の暗さと重さは尋常ではなく、
それに煙が立ちこめるかのように
部屋がもわっとしている感じで、霊的な気配がします。

ご主人は何もわからないですが、
このお嫁さんはなんとなく霊の影響がわかるようです。

「おばあちゃん(義母)が2年前に亡くなっ
てから、家の中にいろいろと入り込んでくるんです、
どうしていいかわからない。主人は信じてくれなかったし、

親戚はあれしろこれ言いたいことを言ってくるだけで、
相談になんかのってくれない・・・・」

家を切り盛りしていた義母さんが亡くなって
霊たちの納まりどころがないのです。
このようなことはたまにあるのですが、
家長が(主)が生きているときにはしっかり主が家を守り、

生きることに前向きに支えていたときには
霊たちもおとなしくしているのですが、
問題がある家や土地の場合には主が亡くなると、
表に騒ぎ出してくることもあります。

どなたかの葬儀のときに揉め事が出てくることも多いのは
霊的な騒ぎも重なっていることも多いのです。

この場合には先祖供養や、
土地の供養も必要になることもあります。

こちらのお嫁さんは、霊感もありましたが、
お嫁さんとしての自分に自信が持てなくて、
頼りの義母さんは亡くなるし、
不安なところに霊の影響があって引き懲りのようになっていたのです。



加藤眞澄ホームページへ

スピリット
[PR]
by dimension-shin | 2013-09-28 09:15 | 霊現象 | Comments(0)

伊勢神宮 今年はご遷宮

今年はもうすぐ10月には伊勢神宮のご遷宮で
20年に一度新しいご正宮に神様が移られます。
伊勢神宮ではお願い事をしないで
感謝の気持ちでお参拝するとよいといわれます。
ただ神宮内でも、
荒魂様だけはお願い事をしてもよいとされています。
どちらの神社でも、
まず感謝をされることからはいられることです。
そしてお願いをされるときには、
ただ自分のお願いだけをするのではなくて、
「自分でこのように努力をしていきますので、
どうぞよろしくお願いします」という気持ちが大切です。
どこの神社へ行かれても、参道を歩きながらもゆっくり心の対話。
どうぞよいお参りでありますように。
a0097419_10373675.jpg

苔の姿に20年の歳月を改めて思います
a0097419_10382277.jpg

a0097419_15325637.jpg

今年の伊勢神宮でした
加藤眞澄ホームページへ
スピリット
神霊魂
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-26 10:46 | 霊的な日常 | Comments(0)
30代の娘さんが、お母様といらして、
「母が親戚と一緒に旅行に出かけて、
帰ってきてから目つきが違うのです。

言葉もいつもの母親よりも乱暴な感じで、
それにいつもあまり食べないような
油を多く使った料理をしたりします・・・・

それに母親の背後になんだか陰のように見えたりするんですが・・・
今日一緒に来るときも母はぶつぶつ文句を言いながらきました。
いつもの母には無いことです。」ということでした。
a0097419_11241473.jpg

お母様ご自身はあまり感じていないとのことでしたが、
急に思い出したように「あぁ!そうだ!!、
旅行中に有名な渓谷にいったのですが、
皆でちょっと山道を少しだけ間違えたところに
小さな祠があって、何となく気になって・・・


心の中でなんだか寂しいな~って感じました・・・
今それをはっきり思い出して、これを話していると
心の中でそうだそうだという感じがして、
いままでこんな体験をしたことがなかったです」

ということで、このときの山の祠のことを霊査しますと、
山の墓地のようなところを祠の形でまとめたようです。

まとめてくれたのはよいですが、供
養する人もなく寂しい霊は成仏できていなかった。

たまたまこちらのお母様と波長が合って
わかってくれる人だと思って一緒にきたのです。
そういうお話をしていますとお母様が
「心の中でそうですということが伝わってきます」とのこと。

浄霊もおこないましたが、霊とのご縁もあっての
ことだったのですから、お近くのお寺にも行かれて
手を合わせてあげていただくようにもお伝えしました。
人の縁は霊の縁



加藤眞澄ホームページへ

霊能
さみしい霊

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-26 09:18 | 霊現象 | Comments(0)

私は不安や対人恐怖が強くなりすぎ、休職中です。
この職場は限界なので退職するつもりです。
父も心の病気で、昔から父は出勤するのが怖く荒れて、
家の空気はいつも重く、母に当たったり、私は機嫌を損ねるのが怖く、
いつも父の顔色を伺っていました。自宅療養の今も、私の将来のこと、
この家の生活のことなど、不安になるとずっと不安を言い続けたり、
責められているように感じて、苦しいです。先日占い師の方に相談したら、
父はとても気性が激しく、てプライドの高い人だそうです。
父から離れて母の実家に逃げたいですが、父は傷ついて
なにをするか分からないから危ない、とにかく自分が続けられる
好きな仕事を探しなさいと言われました。母が唯一の支えで、
母と一緒に出て行くことが一番の願いですが、やはり怖くて出来ないです。
今の私は父の言うとおりにしか動けず、自分の好きな仕事を探すのも
うまく出来ない気がしています。どうにか父の影響を受けず、
私といい意味で距離をとって静かに見守ってくれないだろうか。
自分のことを自分で選び、もう機嫌を伺いたくない。出られないなら、
こういう親とどうやって付き合っていけばいいのでしょうか

a0097419_1130487.jpg

A
この方にはまだ直接お会いしたことがないのですが、内容を伺っていると
父親から受けた不安がご家族にも連鎖してくることは明らかですが、
気になるのは父親が出勤することが怖くて荒れたということです。
とても大きな不安感を感じ、取り乱すことになるほどの怖さ・・・・
ご自身に問題があるのか、職場に問題があるのか、
すべてを怖がってしまうことなのかですが、
霊的な感性での拒絶感が強かったのだろうと思います。
それでもそういうことが長年続いてくると、何かにつけての判断力が
恐怖と怒りと不安に満ちてしまい、問題の原因が何かなど考えられないのです。
特に父親さんは、
そういう意識霊にも波長が合ってしまっていますので変わりようがありません。
娘さんであるこの方は冷静に判断するを持っています。でも怖さと不安はともなって、
正しいことすらできない状態にさいなまれているのですが、
まず自分が自分の判断を信じて貫いていくこと。
家を出るか出ないかより、自分の判断は間違っているなどという
気持ちをぬぐい去ることが必要です。
心が決めかねることは神仏に手を合わせゆだねてみることも大切です。
まず今必要なことは「我(自分)ここにありて、心を信じて」が大事です
人は家族にも周りにも影響を受けて振り回され霊的な影響も受けていますが、
自分を見失わないように、これまで長い間この環境でもあなたはご自分を見失っていませんよ。
つたないエールですが元気になってください。
親とは違いますよ、同じではありません。今は浄化を必要としているのではないでしょうか。
お会いできると良いと思っております。


加藤眞澄ホームページへ
スピリット
神霊魂
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-25 11:30 | 精神世界 | Comments(1)

感情が重くなる

何をしても裏目に出てしまい、
良かれと思ってやったことが
相手の気に障ることになってしまったり、

自分のひと言が周囲の
反感をもたれてしまうことになったり、
とめどなく世間に合わない。

このような苦しみを持っている方もいます。
ひどくなると外に出て働くことにも
重圧感しか感じられなくなることや、
気持ちが進まないように閉じこもってしまうこともあります。

霊的にがんじがらめになってしまい、
自分の落ち込みが霊を呼び込んでしまうこともあり、
現実的に起こってきたこと以上に気持ちが暗く沈んでしまい、

「死にたいとか自分なんか・・・・・」
と追い込んでしまうこともあるのです。

自分だけではなく、
霊的な影響で感情がさらに重くなることもあるものです。


a0097419_10114146.jpg

加藤眞澄ホームページへ

死にたい
重圧
苦しい
暗い
霊的

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-24 09:06 | こころ | Comments(0)

約束事 霊

以前に土地の問題で出張をしたところがありました。
埋め立てられた土地で、昔の地図をみると、
ちょうど海と陸のキワの辺りにそのお家は建てられていました。

お家の方が霊をみたり、怖い夢をみたり、
家族がもめごとばかりで、小さなことから始まって
徐々にエスカレートしてきたために、直接伺うことにしました。

埋め立てるときに海のキワにあったいくつかの供養塔や
墓石がわりの石などを、埋められたりしたようです。

それもきちんと清めや供養もされずにただ埋められた状態であったと思います。
船の事故の犠牲者もいるし、女性の霊も子供もいました。
海は犠牲者も多く出しています。
ちょうど流れ着くような場所でもあったようです。

それらを知って住んだわけではなかったのですから、
誰を責めることもできませんが、救われない霊は
次にはそこへ住む方たちに助けを求めてくるようになります。

霊をみたり怖い夢をみたりすることは、
脅かしてるのではなくて、むしろ助けを求めているためなのです。
きちんと清めをして浄霊してからすべて納まっていました。

そして霊の供養の意味も含めて一年に一度
簡単なお清めをしていただくようにお伝えしておいたのです。

それからしばらくのあいだご家族がお化けの姿をみることもなく、
怖い夢も見ることもなくいたそうですが、
数年してからまた同じような現象がおこりはじめたというご相談がありました。

「おさまっていたのに何故でしょうか?」ということでした。
霊査すると「やっていない」と答えがくるので
「お伝えしていたお清めは一年に一度はなさっていますか?」

と訪ねると「忘れていました。うっかりしていました・・・」ということでした。

霊の世界は約束事も大切にしていかなければならないこともあります。


a0097419_11565357.jpg


加藤眞澄ホームページへ
約束事霊的
スピリット

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-22 09:51 | こころ | Comments(0)
強そうに頑張っていても感性の強さに悩まされている方

苦しい思いを持つ方も多い

感じとる形のない何かに悩まされている方も多い

自分を追い込んでしまっている方もいます

それもまた内面で起こっているスピリチュアル現象のひとつでもあります

a0097419_1026819.jpg


加藤眞澄ホームページへ

スピリチュアル
神霊

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-20 09:19 | 霊的な日常 | Comments(5)

買い込む

買い物、不必要なものを次々に買い込んで満たされない。
お金を使うということは果たせても、満足できないくりかえし

グチばかりが言葉にでてしまう。
過去に起こったことが、心から離れない。
そういうことの繰り返し、すっきりしない心が晴れない・・・・

結果的にそれは誰かのせいだと決め込んでしまうと、
ますます心がとらわれててしまいます。
a0097419_10171532.jpg

誰かのせいでも自分のせいでも、
そのときの何かを攻め込んでみても、
解決できない昔のことを思い返している苦しさの連続。

過去の世界に、自らがとらわれの身と心を
解放されるようにご自身の魂は望んでいます。

生きにくい性格と世の中でも、
心を和らげる出来事にも出会っていけるものです。

まずは自らを苦しみからとき放っていくために
表面ばかりを物質的なもので覆っていかずに、
内側に意識を向け始めていかなければ楽になれない。

ご自分では気がつかないけれど霊的な要因が強いのかもしれません。
その場合には霊的な干渉と思いの固まりを、
除いていくことで未来も変化していけるようになります。



加藤眞澄ホームページへ

霊能
スピリチュアル表面内面

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-18 09:13 | こころ | Comments(0)

実の親とも仲が悪い

B子さんは家族で自分だけ嫌われているのではないかと思う。
「兄や姉には優しい母親も、自分といるときは文句ばかり言ってくる、

そして怒る、ひどいときにはヒステリックになって
他の家族には見せたことのない、表情や乱暴な言葉が出てきたり・・・

どうして自分にだけ言ってくるのでしょうか?
普段の私は、そんな母親の言うことを何とか
黙って聞いているんですが、たまに怒鳴ってしまうこともあります。

母親と同じようになってしまうのでしょうか?
父親は優しい人ですが、口数が少なく会話をしたことがあまりないのです。」

a0097419_11365692.jpg

このようなご相談でこられた方もいます。
よく伺ってみると、
このB子さんとお母様が非常に霊的感覚が強いのです。

霊が見えるのではなく、お互いの感情のとらえ方が
とても過敏で、顔を合わせると憑いているもの同士が、
人の感情を通して声を荒げて訴えてきているのでした。

けれども人の感情を通しての訴え方ですから、
非常に日常的な内容であったりするのです。

お母様のほうは霊的な感情的に表に出してしまうタイプで、
B子さんのほうは霊的な感情を受け入れて押し込んでしまうタイプですが、
時々どうにも苦しくてやりきれなくなってしまう。

内側に溜め込んだ霊的なストレスが浄化できないでこもってしまい、
時々感情の爆発が起こってしまうのです。浄霊もしながら、
気持ちも変えていかなければならないのです。

B子さんは真面目で優しい女性ですが、
「すべてのことに自分が悪いから」とも思い込みすぎています。

気持ちのよいと感じられる神社や自然界に心預けてみる、そういう空間も大事ですよ。


加藤眞澄ホームページへ

親子
感情的
霊的スピリチュアル

[PR]
by dimension-shin | 2013-09-16 09:31 | 矛盾 | Comments(0)