霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

あるご夫婦が35年間続けてきた軽食店をやめることにした。
お店は忙しいけれど、年齢的に無理が利かなくなったのです。
それを聞いた、40代の男性Bさんが長いことやりたかった、
軽食店を自分が受け継ぎたいと言ったのです。

さて改めて開業して、お客様がなかなかこない。
これまでの常連様は来なくなり、赤字続きで8年苦労したそうです。
以前の経営者ご夫婦がやってきたお店を簡単に受け継げる
という気持ちだったが自分ではじめからやるよりも大変だったと話していました。
a0097419_1149894.jpg

今ではようやく常連様も増えてきたとか。
それとBさんは忘れていたのが、以前の経営者から、
「お店の100メートルほど先の裏手にある、
氏神様に季節ごとにご挨拶のお参りは大切だよ」と聞いていたのですが、
苦労している間すっかり忘れていた。

最後に神頼みかのように思い出して氏神様に
出かけた時期が変化する時期でもあったのでしょうが、
不思議とその後は順調になってきたのです。

覚悟も持たずに
人にゆだねない
長い期間人がやってきたことは
簡単に受け継げるものではないです
同じ人、同じ場所でつなげていけるとしたら
相当な努力を必要とします
「人のふんどしでは相撲はとれない」ですね。


*人のふんどしで相撲を取る・・・
 意味→他人のものを合わせて、ちゃっかり利用するなどの意味


加藤眞澄ホームページへ
スピリット
神霊魂
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-30 09:43 | 霊的な日常 | Comments(2)

心の中での決断

心の中での決断
何かことが起こると
人生は良い(善い)心の自分
悪い心の自分
いろんな自分に出会って、
心の中で決断していくのかが人生です
そのときその都度の決断が人生を変えていける力でもあります。

a0097419_1012385.jpg

加藤眞澄ホームページへ
スピリット
神霊魂
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-28 09:10 | こころ | Comments(0)

根にもつ

昔にあったことを、根に持つ、
恨む
ひきずる
根に持つ心は、

心に悪い根が育つ,栄養の足りない悪い根が延びもわるく、
幹も葉も生き生きと延びないのでバランスが悪い、

根に持つ心を変えられるのはもちろん自分。
a0097419_11172100.jpg

根に持つ感性が強いのだから、
手放していける力を発揮することもできるのです。

根に持つ事はそこに生き甲斐さえ
感じることもあるかもしれません。

それを手放したらどこに
心をおいていいかわからないだけかもしれませんよ。


ゆっくり考えてみてください
あなたの魂はそれで満足していません。
よき日々でありますように
魂守られますように



加藤眞澄ホームページへ

スピリット
神霊魂
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-26 09:12 | こころ | Comments(0)

善悪意識のはざ間

人間世界は低級霊と悪霊そして善霊と守護霊が
常に同じ空間に存在しています。

けれどもそれは目には見えませんし匂いもない、存在。
ご相談者の方でも、声が聞こえたり、
心身ともに霊的憑依されている方もいます。

肉体とは別に魂もあります。
目に見えないからにわかに信じがたいこともあるかもしれませんが、
それでも心もありますが心もまた目には見えません。

この心に霊は影響してくるのです。
この影響が強いと人には幻聴や幻覚や憑依現象が起きたりします。
a0097419_1635452.jpg

幻聴は自身の心以外に誰かが話しかけてくる感じがします。
別の次元(世界)から話しかけてくるので、
無意識に波長が合ってしまうのです。

こうなると自分の意識が低級霊あるいは、
悪霊に操られてしまう、人間の意識が平常心なのか、
そうではないのか、わけが分からない、このような事態にも陥るのです。

人は通常は精神状態が安定しているときは、
理性が働き操られる事はないのですが、
何らかの具合でこの理性がきかない場合に、
本能的に逃げの意識に入り込んでしまいます。

このときに低級霊の意識と波長が合ってしまったり、
この低級霊は基本的には逃げや、甘えがベースにありますから、
人がこの場から逃げたいとか、
誰かに甘えるなど、理解してくれる人を求めることもあります。

このような意識が、
ますます低級霊に憑依されて、身も心も動かされる事態に陥る。
まずは霊的な影響を受けている、ご本人の意識を
取り戻していくことを重視して、同時進行で
霊のことを解決していき、徐々に心を取り戻していきます。

心が戻っていなければ、いつまでも低級霊の世界から抜け出せません。
低級霊は変化してきます、どのように変化するかと言うと、
まるでトリックのように入れ替わり立ち代り変化することもあり、
人をだますこともあります。

霊能力者でも経験が浅かったり、
威圧的な能力者は見抜くどころか振り回されてしまうことにもなってしまいます。
最も重要な事は、諦めない、精神力が大事です。



加藤眞澄ホームページへ
精神世界
スピリチュアル
霊性

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-24 09:27 | 低級霊・魔の世界 | Comments(2)
誰もが生まれてきて、誰もが必ず死をむかえます。
一日一日寿命が短くなって行っているのは誰もが同じ事。

大事に生きてください。
大切な魂を命は預かっています。

なにをしたかばかりに意識を向けないで、
ときには心はなにを考えているか、心は豊かで有るか、
心は今日を無事に過ごせたことにほっとしているかどうか。

曇りのち雨のち晴れ! くりかえし

実績だけが「魂の生きる目的」ではないです。
なにを考えなにを思えたか「心が育つこと」大事。
a0097419_1013010.jpg

加藤眞澄ホームページへ
精神世界

霊能
スピリチュアル

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-22 10:07 | 霊的な日常 | Comments(0)

前世、過去世もいろいろ

ご相談にこられた方で、前世を知りたいといわれる方もいます。

ある方の前世をみたときに一所懸命に
農作業をしているお百姓さんの姿が見えたのです。

ただ昔の姿でかなりみなりのボロボロの男性なので、ん~

でもこれを目の前の女性に伝えてもよいか迷いましたが、
お話しますとその方は「よかった、とても安心しました。
a0097419_1071968.jpg

私も何となく感じたことがあったのですが確信がもてなかったのです。
以前にある方に前世はお姫様ですよと一言いわれたことがあるのですが、
当たり障りのないことをいわれた感じでした。

過去世をたどるとあるかもしれませんが、
前世ではない気がしてたのです」と言われたのです。

前世云々よりもいずれかの過去世が
今の人生に強く影響している事もあります。

その縁での家に生まれてきている可能性もあります。
それが一時期いろいろな霊的な背負いごとと
なっていることもありますが、

気がついて変えて行かれることができれば、
人生の道のりも納得がいき楽に進んでいくこともできます。
悲観しないで大丈夫です。


加藤眞澄ホームページへ
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-20 09:03 | 霊的な日常 | Comments(0)
もし一本の道路不幸と幸せ やり直しは今からこれから
もし一本の道路を歩いていたら、
丁字路になってしまった

とりあえず気の向いた方へ進む。
次には3方向へ行く道がでてきた。

それも気の向いた方へ進む。
歩いて進みながら思う「もしかしたら違う道を選んだ方が、
もっとらくに楽しかったかもしれない・・・・・」
a0097419_957873.jpg

でも今となっては違う道なんて無い!
この道を選んでしまった以上、

あっちの道もこっちの道もない!絶対にない、
やり直せる過去の道は絶対にない!けれども、
やり直せる新たなこれからの道はたくさんあるし、
変わりようもかえようもあるんです。

過ぎた時間にみた、過去の道がないだけ
私たちは時間世界を進んで生きている以上は戻れません。

タイムマシンで戻れる時代がきても、戻って生きるなら、
起きることが全部わかっているから、
本当にできてしまったら人生が実に無意味に空虚になってしまうのですよ。

それなら台本のある物語を演じる俳優のような人生なってしまう。
時間を戻して生きられたとしたら、納得行かないところだけを
何度も巻き戻してシナリオを入れ替える身勝手な生き方になるのです。

要するに、今この人生でなにを幸せと感じようとするかの
心の芽を育てていくのが幸せを呼ぶコツのひとつ。

なにをいても良いことなくても、
ご飯を食べておいしいしあわせ、つらいこと克服したしあわせ。

不幸さがしに無駄な時間をついやさないで幸せさがしに使いましょ!
魂は心の縛りを解いていくことを望んでいます

を歩いていたら、丁字路になってしまった。とりあえず気の向いた方へ進む。
次には3方向へ行く道がでてきた。

それも気の向いた方へ進む。

歩いて進みながら思う
「もしかしたら違う道を選んだ方が、もっとらくに楽しかったかもしれない・・・・・」

でも今となっては違う道なんて無い!

この道を選んでしまった以上、
あっちの道もこっちの道もない!絶対にない、
やり直せる過去の道は絶対にない!

けれども、やり直せる新たなこれからの道はたくさんあるし、
変わりようも、かえようもあるんです。


過ぎた時間にみた、過去の道がないだけ
私たちは時間世界を進んで生きている以上は戻れない。

タイムマシンで戻れる時代がきても、
戻って生きるなら、起きることが全部わかっているから、
本当にできてしまったら人生が実に無意味に空虚になってしまうのですよ。

それなら台本のある物語を演じる俳優のような人生なってしまう。
時間を戻して生きられたとしたら、納得行かないところを
何度も巻き戻してシナリオを入れ替える身勝手な生き方になるのです。

要するに、今この人生でなにを幸せと感じようとするかの
心の芽を育てていくのが幸せを呼ぶコツのひとつ。

なにをいても良いことなくても、
ご飯を食べておいしいしあわせ、つらいこと克服したしあわせ。

不幸さがしに無駄な時間をついやさないで幸せさがしに使いましょ!
魂は心の縛りを解いていくことを望んでいます




加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアル

霊能

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-18 09:50 | 精神世界 | Comments(0)

思いひとつで小さな変化

最近霊的世界と人間世界の距離感が
薄らいできていると感じられる方が多いですが
3次元と4次元の境が自然に行き来できるように
なってきているからではないでしょうか。
いままではあり得ないと思ったことが
「当然ありえる」という感性にたどり着いてきたように、
たとえば神様とか魂とか前世とか霊とか、
見えないものだけれどありえることに満ちてきているのです。
a0097419_1152048.jpg

今年は伊勢神宮のご遷宮もありましたが、
過去最高に参拝者が増えています。
見えないものを信じることでは、
物理学的には証明されてきているように、
素粒子や素粒子に質量を与えるヒッグス粒子の発見など・・・・

見えないものに対しての概念と証明が
つながり始めてきているのではないでしょうか。
科学、物理などの発見と進化が訪れてきたこの時代に、
より見えない物事が「現実を支える大事」であるのかの「気づき」
大きな勢いを増しているように思えます。
苦しいときの神頼みさえも、見えない世界との交流であることも
いずれ立証されるときもくるのではないかと思います。

思いにも分子や分子を動かす力もあるはずです。
念というと怖い感じがするかもしれませんが、
思いひとつで小さな変化が動き始めます。
みえるところもたいせつ
みえないところもたいせつ


加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
霊能者


[PR]
by dimension-shin | 2013-10-17 11:06 | こころ | Comments(0)
新宿方面から山梨を過ぎたころ
車や電車内から八ヶ岳連邦が見えてきます。

その姿を見るといつも「ほっと」する、
何故かほっとする好きな風景のひとつです。

その風景の姿が見えてくるとストレスから解放されます。
a0097419_11504023.jpg

この写真はあずさ号の車内からで、かなりボケてしまいました

皆さんも好きは風景はあると思います。
日々の落ち着かない私たちを、気丈な自然は

言葉こそかけてはきませんが、心をこめて受け入れてくれます。
お好きな風景、好きなものをみてときおりリフレッシュ!


加藤眞澄ホームページへ
風景
ストレス
自然の癒し
スピリチュアル

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-16 11:45 | こころ | Comments(0)

信じて

信じてというのは何を信じるのか、宗教、神、家族、親友? 
信じるという意味は人の言葉とも書きますが、
信じられる人を作るのは、ご縁と自分の判断力でもあります。

県立高校に続く住宅街の通学路を
同級生の香奈子と美里が歩いて登校しながら、

香奈子「怖かったんだ!きのう見ちゃった、出たんだお化け」
美里「お化け?」

香奈子「たぶんお化け・・・」
美里「たぶんってどういうこと?」
a0097419_16324480.jpg

香奈子「寝ようとしてベッドで横を向いて
壁の方を向いたときに、はっきり見えたの、
男の人の姿で、まるでボーッとそこにいる感じだったの。

後ろ向きの背中と頭がはっきり見えたけどでも
壁のところで人が立つスペースもないじゃない。

で、怖くなってすぐに電気をつけたけど
何か夢ではないし、はっきり見えたの・・・」
美里「それは浮遊霊っていうものだわ。

空間にフラフラいるのよ。
たまたま寝るときにリラックスして、波長が合ったんだと思う、
心配しなくて大丈夫だと思うよ。
おそらくその霊はもう来ないから安心したほうが良いよ!」

香奈子「心配しなくていいんだね。
美里はいつも霊が見えるから、詳しいね。」

美里「いつもみえるわけではないけど、
うちはママも霊感が強いし、なんとなくわかるだけ」

香奈子「美里がいるから心強いよ。
わたし霊の姿はわからないけど、
陰のような黒いものが部屋を動いているような
気がするときがあるし、なんだかちょっとだけ以前と違うんだよ・・・・・」

美里「もしかしたら霊感とかが出てきたんじゃないの?
霊が見えることだけが霊感ではないからね。
それに霊を引き寄せやすくなっているなら、
しっかり守られていたほうが良いよ。感が鋭くなっているんだから、たぶん・・」

香奈子「守られるって?どうするの?」
美里「先祖のお墓参りをするとか、
香奈子の家の近くの神社に行くとかでいいから、
香奈子を守ってくれて、香奈子もお参りして
気持ちを集中できるところへ行くといい」

香奈子「それなら簡単なことだから
できると思う、でもそれだけで守られていくの?」

美里「ときには神様やご先祖や守護霊に
気持ちを会わせるだけでもすごく違うんだよ。
それに家で一人で手を合わせても
集中しにくいでしょ、だから出かけたほうがいいの。」

香奈子「うん自信もって出かけてみる!」
美里「そうだよ、香奈子にしかできないことって
まだまだたくさんあると思うよ。続きはまた帰り道で話そうか」

香奈子「うん、ありがとう!またいろいろ教えてね」
美里「香奈子のように感が強くなっている人が増えていると思うよ、
不安は不安定をつくり出すからね、ダメだよ、
安心しないと安心できないよ。自分を信じて」

香奈子「うんわかった。それに私の話を
信じて理解してくれる美里がいるから心強いよ、頼りにしてます~!」
美里「はいはい・・・怖がらないで、自分を信じて!」

*見える世界と見えない世界の共生は人生の日々の場面でたくさんあります。




加藤眞澄ホームページへ
日常の霊
スピリチュアル
自然
                                   

[PR]
by dimension-shin | 2013-10-14 09:24 | 小説的体験談 | Comments(0)