霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2014年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

過去の出来事を後悔して

過去の出来事を後悔することは経験します。

それでも悔いてばかりでは悲しい。

悔いても悔いても、もどらないですからね。

ある程度悔いたら無駄です。

悔いが残ることをしでかした、
そんな自分が情けないですが、
過去の自分と今の自分、
だいぶん変わっているはずです。

たとえば若いときに不良だった人が、
いまは大まじめに立派に生きている人が多いです。

人は次々に自分の中に芽が出てきます。

よいところはどんどん延ばしていくだけです。

どうせ自分なんか・・・・などと思うのはダメですよ。

過去の自分の気性が荒かったとしても、
今の自分は穏やかになっていたら
良いではないですか。立派ではないですか。

過去があってこその今です

過去より今とこれから 大切に


加藤眞澄ホームページへ 
精神世界 心 感情 霊的 人との違和感 霊能者

a0097419_23593236.jpg


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-29 09:35 | こころ | Comments(0)

綾子さん(52歳 仮名)は
これまで順風満帆なほど人生がスムーズに進んできた。

楽しく大らかに、ご家族とのコミュニケーションもなごやかに、
ご主人も楽しみながら働くような頼れる人。

うらやましいほどの生活ですが、
綾子さんご自身が、たいへん努力家で、
少々の問題や悩み事を苦にしないタイプだったのです。

いつも元気な綾子さん

a0097419_16301360.jpg

でも数年前に大手術をする病気をしてから、
手術は成功したけれど、その後の気持ちが鬱のように暗く、
悲しく涙ばかり出て、自分でもどうしてこんなにも
変わってしまったのだろうと思うくらいに、悲しくつらい。

人と会うのもいやになるくらいに、
これまでの綾子さんとは真逆になった。

「霊的にみますと、大病で手術されたときに、
これまで経験のなかった精神的なダメージがあり、
落ち込んでしまった気持ちに霊たちが連動して出てきたのです。


連動というのは呼び込んできた霊ではなく、内在していた静かな存在」

(だからいつもは気にもならなかった)

「それが気持ちが弱った時に、
感じられなかったものを感じ取られたのです。
遅かれ早かれ家のご縁で、霊の浄化をする必要がありました。

そして、なぜ今ごろと思う時期かと言うと、
いずれは家の後を次ぐことになる、
綾子さんご夫婦にみえない世界のバトンタッチのように、
次に家を継ぐ人たちはなにを守るべきか、
大切にするべきかも教えてきたのです。

その後綾子さんは、義父母がやっていた神事や
代々のご先祖のお守りを約束して、
きちんとこなされてお元気にしています。

大病からの精神的克服には
霊的なことの知らせも大きかった旧家の出来事でした。

神様のお祀りと土地のお清め、
ご先祖ご供養を続けていかなければならない、お家もあります。

 

 

加藤眞澄ホームページへスピリチュアルなこと精神世界 心 感情 霊的体験 人との違和感霊能者


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-27 09:23 | 霊的な日常 | Comments(0)

ご祭神

火の神 ・ 火産霊神(ほむすひ)

土の神 ・ 埴山姫神(はにやまひめ)

 

水分神高靇神・闇靇神・大山祇神大物主神木花開耶姫神を合せ祀る。

ご本殿の奥にお姿岩があります。

a0097419_23023171.jpg

a0097419_23065745.jpg

榛名神社の雨乞は非常に効力があったといいます。

神社のご本殿に向かっていく参道の途中に万年泉があります。

a0097419_22593620.jpg

普段は蓋がされていますが、昔は雨乞いの神事のあとに、
ここのお水を筒に入れて、持ち帰り、その神水をまくと、
必ず雨が降ったという効果があったそうです。

万年泉のあたりで、3回ほど深呼吸してください。

感じられる方は「気の流れが整う」ことがわかります。

普段、階段が苦しくて苦手な人が、
榛名神社の階段はまったく苦しくないという人もいます。

「気」が合うのでしょうね。自然に癒される。



また車で10分程度で榛名湖、榛名山です

赤城山妙義山と共に上毛三山の一つが榛名山の神を祀る神社です。

a0097419_23001572.jpg

 

アクセス

公共交通機関(電車・バス)を利用の場合(行き)

JR高崎駅西口より、

群馬バスで本郷経由榛名湖行きに乗車榛名神社前下車、徒歩15分です。

駅前発8:30、9:30と各時間ごとに1便です。

神社からの帰り(高崎方面)各時間毎に40分発です。 

 

 

高崎インターから一時間

土日祭日はパワースポットで紹介されてから、お時間によっては駐車場1時間まちのときもあるそうです。

榛名神社ホームページへhttp://www.haruna.or.jp/


a0097419_23004824.jpg

 

加藤眞澄ホームページへスピリチュアルなこと精神世界 心 感情 霊的体験 人との違和感霊能者 

 

 


 

 


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-25 09:35 | 神社 お寺 | Comments(0)

霊人

 裕美子さん(40歳主婦、仮名)は
「自分には水子がいます。霊界で育っていると聞きましたが、
男の子でしょうか?女の子でしょうか?
2ヶ月にも満たない子だったので性別もわからないのです・・・」

a0097419_23573871.jpg

このときふっと、「霊人」という言葉がすぐに浮かんできたのでした。

ある程度成長した水子さんは男女の区別がはっきりしていますが、
あまり形を成さないで水子さんになった子は、


男女として霊界で育つのではなく、
「男女のどちらでもなく 霊人 として霊界で育っています」

観音様や天使も男女のどちらでもない存在です。

男でも女でもない

人としては産まれることはできなくても、
霊人として霊界で育っているのです。




加藤眞澄ホームページへスピリチュアルなこと精神世界 心 感情 霊的体験 人との違和感霊能者 


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-23 09:13 | 精神世界 | Comments(0)

選択肢はこれから未来へ

 過去にはもどれない

もどれなくても

進むことはできます

今世で生きてきた過去は一つですが

これから進もうとする先は

いくつもの選択肢があります

自分らしい人生の選択でありますように

a0097419_22273956.jpg

加藤眞澄ホームページへスピリチュアルなこと精神世界 心 感情 霊的体験 人との違和感霊能者 


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-21 09:23 | こころ | Comments(2)
   清子さん(40歳仮名)は結婚されたときからご主人に違和感を感じてきた。
ご主人の性格は怒りっぽかったりもするけれど、
仕事や休みの時には、家のことも言えば手伝ってくれる。

ただし言わないと一日中ごろごろされている・・・・
どこのご家庭にもあるような話ですが、清子さんは
そのご主人の姿に何ともいえない違和感を感じて、
長い間「離婚」したいという思いが繰り返しよぎっている。

嫌いではないけど好きではない・・・ じつにあいまいですが、
霊的な感覚ではこのようなことはあるのです。
はじめは恋愛ですから好きになって結婚された。
感受性の強い奥さんはご主人の内面に異質感を感じてこられたのです。

お住まいの土地にも多少の問題はありましたが、
ご主人お家はご先祖のお墓もわからないような状態で、
義母さんにきいても「自分もお父さんと一緒(結婚)になったときから、
教えてもらったこともない、そういえばどこなんだろうね?・・・」という状態でした。

長い間、ご先祖のお墓参りやご供養ごともされていない「違和感」を清子さんは感じ取っていたのです。
いまさご先祖探しはできませんが、気持ちでの供養をする事はできます。
ご主人は霊的なことだとは思っていなくても、何となく体も心も重たくなっていたのです。

感受性のある方には、見えない影響が重く感じられたりするので、
常に重く動きずらいという方もいます。 神仏は大切にされることは心を豊かにします。
先祖が解らず、断ち切られたかのように感じられるかもしれませんが、
見えない世界は思い祈ることでつながっていきます。


加藤眞澄ホームページへ スピリチュアルなこと 精神世界 心  感情 霊的体験 人との違和感 霊能者 
a0097419_22151596.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2014-06-20 09:10 | 霊的な日常 | Comments(0)

洋子さん(32歳仮名)は、
4歳の長女さんは問題なく生まれてきたのですが、
その後に3回妊娠したけれど、流産してしまった。

周りの人たちからは、
はじめの水子が引っ張っているから産まれないのだ、
水子が悪いんだなどと言われてつらい。

「洋子さん、水子さんが続いたからこそ、考えるべきとき、
水子の供養ばかりではなく、
水子さんを守ってくれる、ご先祖のご供養を考えるときが来たのです。

あなたやご主人や、長女さん方が守られて生きることを知らせてくれのですよ」

産まれては来なくても、
霊的な体で霊的な世界で成長をしていきますから安心してください。

なにより成仏していない霊も供養し救う、そして支えて支えられる、
霊的な世界との相互関係、見える世界と見えない世界、
「気づきとつながり」を深めてくれた水子さんたちです。

引っ張るわけがありません。くれぐれも


 

 

加藤眞澄ホームページへ

スピリチュアルなこと

精神世界 心 

感情 霊的体験 人との違和感

霊能者 

 

a0097419_18394277.jpg


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-19 09:32 | 精神世界 | Comments(0)

いろいろなとき

「あ~~あ、自分はなにしているんだろうー

こんなことしていていいのかな~」

でもそれしか進む術(すべ)がないときもあるものです。

情けない時との心の格闘と葛藤

そんな時期もあります

それでもその状況に負けずに淡々と過ごしていける、
自分の気力が次への進む力にもなっているものですから、
振り返ってみると
「あれもまた、今の自分の基盤になっている」ことを感じられるものです。

あせらず、ゆっくり

加藤眞澄ホームページへ

スピリチュアルなこと

精神世界 心 

感情 霊的体験 人との違和感

霊能者 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0097419_10560184.jpg

 

 

 

 

 

 

 


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-18 09:25 | こころ | Comments(0)

真夜中に騒がしい 霊的

 

A子さんは2階で寝ているのですが、
ある日の真夜中に階下(一階)でコトコト音がする、
セキュリティーシステムがあるので人の気配ではない。

翌日の夜中も、その次の日も・・・・

すぐ近くに住む妹さんご夫婦に話すと
「家はどこからかわからいけど、夜中にドッカ~ンという音がする。

2人で飛び起きて電気をつけて隣近所を見回すほどの、
大きな音!でも隣近所、誰も起きていない。

この妹さんご夫婦も霊感が強いのです。

a0097419_00125408.jpg

「どうも最近造成を始めた裏山の霊的騒ぎのようです。
もともとお墓も多く、造成のために一カ所に墓石を集めてしまったり、
山は掘り起こしたりしますから、霊的に感じる方には、いろいろなしらせがきます」

この周辺に住むことが、縁があるので、霊的現象が強いときには、ご自宅の守りと、
土地のつながりで改めてお清めをされることも状態を安定させてくれます。

 

加藤眞澄ホームページへ スピリチュアルなこと 精神世界 心  感情 霊的体験 人との違和感 霊能者 


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-17 09:07 | 霊的な日常 | Comments(0)

恭子さん(仮名30歳)は
2年ほど前にお付き合いしていた彼に自殺されて、
それ以来心も体も重く、
人に会うのも外に出ることも億劫になってしまった。

仲のよい友人と会うこともつらい、
めんどくさいというのではなくて、
「すごく疲れる重たさ」とでも表現した方が適切とのこと。

a0097419_23573871.jpg

恭子さんは、お姉さまといらしたのですが、
恭子さん完全に破棄がない。

やはり自殺された彼の意識を引きずってしまっていました。

亡くなった彼は亡くなる一年ほど前から、
塞ぎがちであまり話もせず、
外へも出たがらなくなっていったそうです。

人間的には彼を失った悲しみやショックですが、
これほど重くつらく、覇気のなさは完全に霊的な影響でした。

亡くなった彼の夢も頻繁にみていたのです。

浄霊していくと、「重さがとれていくのがわかります」と恭子さん。

感受性も強い方でした。

 

加藤眞澄ホームページへスピリチュアルなこと精神世界 心 感情 霊的体験 人との違和感霊能者 


 

 


[PR]
by dimension-shin | 2014-06-15 09:40 | 精神世界 | Comments(0)