霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2014年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今年もブログをご覧いただきましてありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。

日々何気ないことでも、たくさんの積み重ねで

ここまでの道のりを来られたのです。

「継続は力なり」です。

でも力を入れすぎず

自然に

方の力を抜いて

清らかに新たな年をお迎えください。

a0097419_23134166.jpg


加藤真澄ホームページへ スピリチュアル精神世界 浄化浄霊

[PR]
by dimension-shin | 2014-12-31 09:00 | 霊的な日常 | Comments(0)

守護霊と話したい

守護霊は人間ではないので、
話をしたいと思わない方がよいです。

心の対話です。



間違ったコンタクトをしてしまうと、
守護霊に毎日行動することも命じられてしまう場合もあります。

振り回されてしまうと、この電車に乗ってどこそこに行け!とか、
今日は自分(守護霊)のいうことを利かなかったから、
正座をしてあやまれ・・・など、

守護霊ではない低級霊に振り回されてしまうこともあります。
不安要素につけ込まれないように。

守護霊との対話は常にご自分の良心です。
「善なる心と、ご自分の高い意識(ハイヤーセルフ)でもあり、
そこから守護霊と心のコンタクトがかないます」


欲得にはあまり、関知してきません。
リラックスした心、穏やかな心、

自分にも他の人にも良い結論を出そうとしたときに、
心の中で守護霊は自然に対話してくれます。

それは、まるで自分自身の心でもあるように、
違和感なく考え方がまとまってきたり、
良き発想やヒントがきたり、自分が考えたのだ、
と思う自然さであらわれます。

でも満足感や、小さくても
幸福感があらわれるときに守護霊とコンタクトしています。

より良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_0323913.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2014-12-30 09:25 | 霊的な日常 | Comments(0)

神秘的なバランスアート

美しいバランスアートです
心身の調和
神秘的なアートです
最後も素晴らしいです




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加藤真澄ホームページへ スピリチュアル
[PR]
by dimension-shin | 2014-12-29 00:14 | 和み | Comments(0)
送電線の鉄塔はいまやどこに行っても見かけます。
電気を使うためには送電線は必要不可ですが、

送電線の近くに住む方でも、
何も感じないで普通に暮らしている方と、

家族の中でも一人だけ電磁波を感じたり、
独特の周波数に耐えられないという人もいます。

引っ越したところが、家の真裏に大きな鉄塔があり、
なんともしびれるような感覚と、雨の降る日などは
青い光がみえて落ち着かない。

そのために一人だけ家を出てアパートを借りたという人もいます。
パソコンより携帯電話のほうが電磁波が気になる人

ビルやマンションなどに
たくさん建てられている携帯電話用のアンテナなどに、

とても過敏反応があらわれて、体調不良、耳鳴り、疲労感、
などなど、気が付かないうちに「電磁波過敏症」の人もおられます。

霊的な感受性が強い人が多いようにも思いますので、
新たな住いさがしのときには多少、
考慮されて探されても良いかも・・・・。


電気製品は多かれ少なかれ、電磁波がありますし、
霊も電磁波を持っているといわれます。

現象が起こると、
電気製品が故障したりしやすくなることもあるのです。

それから、送電線の青白く
電気が走っているように見える方も意外と多いですから、
ご自分だけ変だと思わないでください。

電磁波が全くないところは少ないですが、
バランスの取れているお住いも考慮してください。

最近は電磁波カットのシールドやさまざまな製品もあります。
より良き日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_014348.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2014-12-28 09:03 | 霊的な日常 | Comments(0)
世間一般の人たちよりも、自分は社会性に劣っている、
ついていけない、ついていくのがやっとで
どこか自分を抑えている、おくれをとっている、
人としても親としても社会人としても欠如だらけではないだろうか・・・・

このような考え方で追いつめてしまうのは、
とても生真面目で真っ直ぐすぎるのかもしれません。
過去のつらさが人とは違うという
自分をつくってしまっているのかもしれません。

魂レベルで俯瞰でみてしまうと
余計に社会からはみ出しているのではないかと思い
世離れしてしまいがちになります。
a0097419_10462038.jpg

それでも生きていくことが今世、現世の役目ですから、
悲観的にご自分を非難しないことです。

世間一般の出来る人たちでももちろんご自分に悩んでいたりします。
霊的なことでも影響を受けて誰にも話せない人もいます。

それぞれの方が人としての性格もあるし霊性(霊的性格)もあります
柔軟性がもてないほど自分を追いつめてしまう傾向も強いこともあります

自分一人で解決しようとし過ぎないで
人を頼ることも大事にすることで新たな道が開けてくることもありますよ。

広大な宇宙では小さな地球に生まれてきた必然の軌跡を大切に。

時間は進みます、人生は流動します不幸を知るから幸福を得ることができます。






加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2014-12-26 09:10 | 精神世界 | Comments(0)

思う方へと進みます

思う方向へ
思う仲間に出会います

人だけとは限りませんが
思う情報や出会いがつながっていきます

不安は不安にであいます
希望は希望にであいます


思う力と出会う力に引き寄せられてつながりができてきます
どなたにもあるスピリチュアルに導かれて



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_029522.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2014-12-25 09:23 | 精神世界 | Comments(0)
以前、若いころに漢方医に視て診ていただいたときに、
「冷やさないように、疲れすぎないように、
自律神経をまいらせないように」といわれ

「自律神経はね、毎日自分で動かそうとしなくても
心臓が動いているでしょ? そういうことを

体が自然に頑張ってコントロールしてくれるのが、自律神経の働きなのです。
だから自ら無理をしすぎると、自律神経の働きもバランスが悪くなるから
自分で自分の体を大事に、疲れたら無理をしないで大切にしてください」

と説明を受けたことがありました。
いま思うと、たしかにそうだと思います。

焦れば動悸がする、怒れば疲れる、笑えば元気になる、
休めば気力もでる・・・

毎日、忙しくても、退屈でも、自律神経は一生懸命働いています。
ほっといてくれ!といっても心臓を動かしてくれています。

「命」はいろいろな力があってこそ、生かされています。
良き日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23511125.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2014-12-24 09:30 | こころ | Comments(0)

御心お大切に

愛されないのではなく
  自分を愛そうとしていないかもしれません

嫌われているのではなく
  自らを嫌ってしまっていませんか

自分自身を大切に 好きになること
愛することから変化のはじまりです

御心お大切に



加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2014-12-23 00:08 | こころ | Comments(0)
特別なことで悩んでいるわけではないけれど、
不安になったり落ち着かないような

イライラ感などが
突き上げてくる状態で疲れてしまう方がいます。

もちろん多少のきっかけはあるにしても、
「手が痛いから何か病気かしら」

「子供が熱を出してカゼだといわれた」
「主人が夕ご飯をおいしいといってくれないから」

というくらいのことで
ものすごく悩んでしまったり不安になったりする人がいます。
a0097419_22424634.jpg

ご自分でもなんでもないことに不安を感じてしまうということです。

平和だからその程度で不安を感じるのとはちょっと違う気がします。

いま人間世界の動きが徐々に変化をおこしはじめていますから、
精神的な世界、心であるとかスピリチュアルな世界感が向上し高まってきているのです。

そのために自分自身の長所も短所も
今まで以上に表面化されてくることにもなってくるのです。

しっかり自身のこころや魂と
向き合っていかなければならない時代になってきます。

些細なことがとても大きく感じとれてしまいますから、
なるべく良いことだけを
大きく感じとられる方向を見出していくことが大切です。

良くないことは思いからなるべく手放して手放して・・・・・・・



         加藤眞澄HPへ
[PR]
by dimension-shin | 2014-12-22 09:48 | 霊的な日常 | Comments(0)
成人しても親と同居している人もいます。
親からすればいつまでも、子供は子供ですから
何かと口を出されることもあるかもしれません。

B子さんは、仕事がお休みで自宅にいると
いつも通りに親が何かと声をかけてくる。

仕事はどうだ? どんなことをしているんだ?
 結婚は考えているのか? 何食べる? 
掃除はしたか?・・・・などなど、

いつものことだと思いながらも、
それがやけにうるさく、小言のように聞こえて、
干渉されて、まるで見張られているように、

そして腹立たしく苦しく悔しくなってしまうことに
なってしまうことがあるのです。

普段はなにげなく返事をしていたのが
、話すのも嫌になるほど親がうるさいと感じるのです。

もともとB子さんは人の影響を受けやすいのですが、
感覚だったり、人のイライラ感や怒りや妬みなどに敏感で、
心が読めるわけではないけれど、
「今この人は、そう言う気持ちじゃないかな」と感じ取るタイプです。

でもそういうことが日々重なっていくと、
気持ちの中で自分の心が
うまくコントロールできずに鬱積してたまってしまうのです。

そうすると、唯一自分がリラックス出来る自宅でも、
親の干渉がひどくうるさく感じてしまう。

親だけの問題でもB子さんだけの問題でもなく、
さまざまな意識の集合体のようになり、浄化しづらくなるようなものです。

みえない影響は、そういう感覚でもでることもあります。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_014096.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2014-12-21 23:30 | こころ | Comments(0)