霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2015年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

縁がある土地

地方都市から車で20分ほどの山間部に住む主婦の方が、
「主人がどうしてもここに住みたいというので3年前に都心部から移り住んできました。
環境は自然の中でのんびりして地域の方も良くしてくれていますが、
私は霊の姿や影のように動いているのをハッキリ感じるのです。

主人に話しても理解してくれない。霊なんて気のせいだと一笑にふされてしまいます・・・」

この土地の村に葬られてきた悲しい戦いの歴史と、
誰からも供養されることもなく、誰からも気づかれることも無く
彷徨いつづける霊たちを感じられました。

まず土地の氏神に挨拶し、土地のお清めを何度かするようにお話し、
それから様子を見て水晶を埋めてお清めもしたほうが良いので、
またご相談してもらうようにしました。

ところが、この奥様が家に戻り氏神様にお参りをし、
土地のお清めをしようとするとご主人が「変なことをするな!と
怒るのでしばらく様子を見ます」とご報告があってから、
一週間ほど過ぎた日にご連絡があり


「主人があの翌日から3日間原因不明の高熱を出して入院しまして、
4日目にようやく熱が下がりはじめてきました。 
そして熱でうなされているときに見た夢か現かわかないといいながらも、
空から沢山雨が降るように、矢が降ってくる。
逃げても逃げても矢が降ってくる。怖くて苦しかった。
こんな怖い目に遭ったのが霊かもしれない・・・・・・・」
と、さすがにご主人がいわれたそうです。


「それで、いよいよ主人も観念したようで(笑)
きちんとお清めをしてお参りして、
水晶も入れていただこうという話になりました」。
後日出張にお伺いして浄霊をすることになったのです。

このケースの場合には、
頑固なご主人を動かしたのは土地の霊も介入していますが、
守護たちも守りながらもぎりぎりのところで、
肉体と精神的な世界とのつながりを保とうとしています。

どうしてもここに住みたいという思いと、
縁がある人(霊)を救っていくことの時期がきたためでもあります。
土地へのご縁を、良きつながりに変えていかれることで、
清々しく暮らせるものです。


加藤眞澄ホームページへ

a0097419_10104838.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-29 09:18 | 霊的な日常 | Comments(0)

自分なんて


自分なんてと、
「自分が死んだほうがみんな幸せになるんだ」
と嘆いてしまう経験をされたこともあるかも・・・・・

嘆いたところで仕方がないけれど、
時間グスリで時が解決してくれることも多いものです。

あるいは泣くだけ泣きつくして
立ち直れる力を心はもっているものです。

こんなちっぽけな自分なんかはいらないと考えてしまうと、
誰もが小さな一人の人間です。
a0097419_10475413.jpg

端から見たら小さなことに必死に悩んで苦しんで解決して、
泣き笑いが順番に経験しています。悩みの内容が違うのと、

悩みの感じ方、解決法も異なるものですが、
いずれのどれもが必要な答えだと思うのです。

例えば、誰かを許すのにすぐに許せる人、
3ヶ月後に許せる人、1年後に許せる人、
そのことに出会ってしまった自分を許せない人、
一生許せない人・・・・など人それぞれです。

どれもの答えが必要なことです。
そういう中でどの選択が一番解決が早く、
幸せな方法かを身を持って学んで答えを出していくのが、
人間界の役割の一つでもあると思います。

簡単なようで難しい心の変化は私たちが思う以上に
大きなエネルギーを構築しています。
例えば自分がきれいな息を吐いたら周囲も浄化されてくることになり、
心の考え方ひとつで浄化できる力を持っているのです。

悩む→考える→自分を責める→いくつもの考えと答えを導き出す
→できる限り周囲の人にも自分にも良い結論を考える→決定→
心魂の成長→このときに善き決定はもし目に見えることができたら、

あなたの周りにオーラの光が数倍に輝いていることになります。
生きるしがらみのある中で、
自分を苦しめる考え方を越えていくごとに魂の成長。

自分がいなければいいのだと考えるのは、
ご自分が思っている以上にそう考えてしまう人も多いのです。
追い込まないように

内面の充実はスピリチュアルな世界に福をもたらすことになります。
見えない世界とも共存しています。大切に




加藤眞澄ホームページへ


スピリチュアル
霊能者魂
a0097419_2233987.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-27 09:28 | Comments(0)

自然霊の気配



森羅万象、八百万の神が宿ると思います。
すべてに感謝しながら日々を送ることが理想的ですが、

忙しい日々でつい感謝や
ありがたさを忘れがちになってしまうこともあります。

不健康になってみると
健康であることのありがたさが、よくわかるものです。

最近は自然霊の存在を感じとる人も多くいます。
妖精や木の精霊がわかる方、
精霊は人間ではありませんから形はもちません。

それでも自然界の気に満ちた、
変わらぬエネルギーをたたえています。

旅行に行かれたり、大自然に囲まれていると、
日頃のストレスから解放されるのは、
気に満ちた自然霊の力でもあります。

無理をしすぎないうちに、
自然霊の力を借りてリフレッシュは、ご自分の健康を維持させてくれますよ。
そして感謝。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_22451083.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-25 09:28 | 霊的な日常 | Comments(0)

毎晩寝ているときに、
天井から見られている感覚に悩まされていた方がいました。

マンションなので誰かが見ているということも考えられない。
それでも寝ているときに、
天井から見られている気配を常に感じて、ご相談にこられたのです。

霊査をすると、部屋の中に白い着物をまとった姿の霊がいます。
悪い感じはしませんが、何かを伝えたいようです。

「何か部屋で祀っていますか?」
「なにもしていません」

「何かあるようなのですが」
しばらく考え込まれてから

「以前の住人が、廊下に小さなお札を貼って行ったようで、
そのままにしてありますが・・・」

そのお札は近くの神社のお守り札のようでした。
もう部屋の持ち主が違うので、
神社に行かれてきちんとおかえしされた方がよいのです。

天井から霊的な気配を感じたのは、霊が伝えてくれていたのです。
霊的気配というのは悪いことばかりではありません。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_22401742.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-23 09:01 | 霊的な日常 | Comments(0)

水の流れ気の流れ


生活する上で、お水はなくてはならないものですが、

お風呂場、洗面所、キッチン、トイレ、排水溝、
井戸、池など水場はお家のパワーと気の流れを司るところでもあります。

きれいにしておくと、
とても気の流れが良くなり、動きやすくなります。

反対に片づけられない症候群の人は、
片づけられない連鎖が続いて山のようにたまってしまいます。

流れをつくって行かなければ、
家の気の流れ、ご自分のやる気の流れも悪くなります。

土地的に問題があるところへ行かれると、
気の流れが悪いと掃除をする気が失せたり、

お風呂場へ入りづらくなるなどすることもあります。
霊的なことを感じると、お子さんがお風呂場で泣き出すことも多いですよ。

お風呂場で良い発想を得られる方も多いですが、
いろいろなインスピレーションも得られるし、

霊的に感受性の強い場所でもあります。
水の気の流れがあるところを大切にしてください。

お住いの近くの川が工事されても、体調が崩れるという過敏な方もいるように、
水の流れ気の流れは、人の体にも作用が大きいものです。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者



a0097419_011624.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-22 19:51 | 霊的な日常 | Comments(0)

ゆっくりしましょうか

ごゆっくりどうぞ


[PR]
by dimension-shin | 2015-04-21 09:56 | 和み | Comments(0)

林間学校で眠れない

小学校で遠足や臨海学校や林間学校も経験します。

私は子供のころから、環境が変わると眠りにくかったり、
見えない存在を感じたりしてきました。

霊的な感性の強い子供さんが、
頑張って2泊の林間学校へ行ったのですが・・・・

1泊目はほとんど眠れない状態でも何とか過ごせたのですが、
2泊目の夕方から、食事もしないで泣きだしたのです。

先生や友人が理由を聞いても、泣くばかり・・・
泣き方が激しくなるばかりで、

学校の先生から連絡をもらって、
急きょご両親が車で迎えに行ったのです。

車で帰る途中、どうして大声で泣いたのかたずねると
「だって、たくさんいたから(霊が)すごく怖かった・・」
とひとこと

感じる子にはつらいですね。

ご両親も、子供さんが不思議なことを言っても
理解してあげることも必要なときがあるかもしれません。




スピリチュアル霊能者 加藤真澄ホームページへ


a0097419_23561255.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-20 09:38 | 霊的な日常 | Comments(0)
A子さん(主婦50代)は、となりの住宅に住んで以来、
20年間とても仲良くしていた友人K子さんがいました。

何かにつけてお互いの悩みを話していたり、
笑ったり泣いたり、良い隣人、良い友人に恵まれたことを
いつもうれしく思っていたそうです。

それでもそのK子さんが、一年ほど前からA子さんを避けるようになり、
挨拶以外はあまり話さない。

「最近どうしたのか」無理に聞いてみると、
「どうしてかわからないけど、あなた(A子さん)を見ていると
イライラするし、一年ほど前に話しているときに、

自分のことを全否定されているように感じた。
だから他の人とも話したくない。
自分でも変だと思うけどどうしようもない・・・」といわれてしまった。


K子さんはとても仲の良かったご主人とも、
喧嘩が絶えなくなったそうです。
今回A子さんは、K子さんを伴ってご相談にこられました。

K子さんはあまり乗り気ではなかったようですが、
K子さんとお会いした時に、「ズシン」っと重さを感じたのです。

霊的に見ますと、K子さんの周辺に集まる霊が何体もいます。
現在お住まいの土地には問題がないようですが、
ご家族に関わる問題のようです。

K子さん「一年ほど前に、主人の父親が亡くなって、
実家でひとり暮らしでしたが、亡くなる一週間前まで元気でおりました。

それで、主人が実家の家と、結構点在している土地の相続をしたのです。
考えてみると、そのころから私がとてもイライラしてきたように思います。
主人とも、もめ事ばかりです・・・・」

ご主人が改めて相続をされてきたのは、土地の縁でもあります。
ご主人が感じなくても、K子さんは受けてしまうようなことになり、

A子さんを避けるようになったり、イライラしたり、
誰にも会いたくないということもおこります。

K子さんの場合にはご主人にも理解していただくことが出来ましたので、
相続をされた土地の神様に、お参りをして、

ご実家でお祀りされている氏神様を整えて、
K子さんは落ち着いてこられました。
相続は、見えないことも受け継いでいくこともあります。大切に




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_23101915.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-18 21:58 | 霊的な日常 | Comments(0)

傷つけすぎないように


10年も20年も30年も、恨みが強い人もいます。
普段はそれほどでなくても、自分にとって腹立ちや、

おもしろくないことがあると、思い出したように、
10年前のあの人が悪いから自分はこうなってしまった。

今の自分の不幸をすべて過去の人たちのせいに
してしまってみたり、

心で攻撃することで
収まりどころを見いだそうとする人もいます。

あれこれ思ううちに、
事実に脚色が加わった発想に変わって行ってしまうことさえあります。

ストレスの捌け口は、それぞれ違いますが
いつも誰にでも恨み言や攻撃的な思いが強いと、

自らの心を痛めてしまいます。

心大事に

御自らをたいせつに

美しい魂であるからこその痛み苦しみ

傷つけすぎないように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_2372463.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-18 09:00 | こころ | Comments(0)

継続は人生の力なりです

時々考えるかもしれないけれど
今日から明日へ

心も体も頑張って
乗り越えて

同じことも繰り返しも多いけれど
それがなければ成り立たない

急いじゃったりしますけど

ゆっくりと
継続は人生の力なりです



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_23165397.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-04-15 23:12 | こころ | Comments(0)