霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2015年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

同じ時間 

毎晩ほとんど同じ時間に息苦しさで目が覚めることが、1か月も続いた人がいました。
仕事で地方の支社に二週間ばかりいて、東京に戻ってきてからのことだというのです。

霊査してみると、大昔の人の姿が視えて、その場所を守っているという強い意志を伝えてくるのです。

それをこの相談者にお伝えすると、地方の支社のあるその場所が、
周辺に古墳が多いところだということも知っていたそうですが、
「霊が守っているとしたら、どうして自分が東京に戻ってから、同じ時間に目覚めたりしなければいけないのでしょうか?」と聞かれた。

それは霊的な感覚波長が強い人でなければ、捉えることのできないことですから、
その場所を守っている霊たちがこの方を通じて何かを伝えてきたかったようです。

それをまた深く探っていくと、この方のご先祖につながって縁があるという答えが来ました。

それを守護霊が伝えてきたのです。仕事とはいえども、意味のある場所に行くことになり、
自分の先祖や守護を知ることにこの方の場合には大きな意味があったのです。なぜなら、

この方ご自身が、
人生を少し投げやりになっていたこと、
自分の家は守護霊もいないのではないか、
守られていない、

良くないことばかり起こってしまうというように、
悪い方向にばかりとらわれていた時期でもあったために、

霊界の計らいとでもいえるようなことで、
守護や先祖を知るときが来たのです。

a0097419_10564576.jpg


加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-30 09:32 | Comments(0)

浄化 心

毎日自分なりの雑務に追われていることが多いですが、
昔に経験したことが今だから役に立つなあと思うことや
精神的にも苦しい思いをしたことがあるからこそ

似たようなことでも
いまは我慢できるということもよくあるものです。

昔の苦しい自分が浄化されて進化しているのです。
a0097419_222883.jpg

恋愛でも以前につらい思いをしたから
我慢をするべきだとは思いませんが、
もし似たような相手と出会ってしまうことは、

あなたにとっての「何か」を
乗り越えなければいけないことが
目の前にやってくるようなものです。

どう切り抜けるか、
上手に苦を回避するべき術を考えさせられます。
縁が悪くてどうしても逃れきれないこともありますが、

霊的な自分の乱れを修正していくことで流れも変化します。
見えないものに心をゆだねることも大事な解決方法です。

ご先祖のお参りや神社への参拝も内に秘めた内在意識を高めてくれます。
浄化というのはいろいろな角度からできるのです。





加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2015-06-28 09:30 | Comments(0)

少しずつの変化

夜中に霊的現象で、冷蔵庫が開いてしまう
友達に裏切られる

親からは虐待をされてきた
結婚相手は浮気とギャンブル 離婚

毎日がつらい
兄妹は仲が悪い

人からいやがらせを受ける
車の事故が多い

不幸続きの人生
いろいろ怖く感じて、遠くに出かけられない

マイナス要素の連鎖のような方もおられます。

近くに気持ちの良い神社もお寺もない
できるだけ近くで、

景色や気持ちがいいと感じるところがあるなら、
なるべく足を運んでください。

いまじっとしているよりも、波長が良くなるほうがよいです。
「気」の入れ換えにでかけるように

少しづつでも変化をさせていきましょう。





加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_20133070.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-25 09:11 | 霊的な日常 | Comments(0)

やんわりと

まわりは気になるけれど

まわりは気になるけれど

ご自分のペースでゆっくりと

自分だけどうしてかと、心を追い詰めないで

やんわりと




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_1171067.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-23 09:02 | こころ | Comments(0)


うれしすぎて引いてしまう・・・・・

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-21 09:38 | 和み | Comments(0)
「今の考え方がネガティブで、希望がなくて、
未来にマイナスなことしか浮かばない。

自分のことで精一杯だから人のことも考えられない思いやれない・・・」
悩みをかかえて進みづらいこともあります。

それでもね、いままでね、ご自分はここまで育ってこられたのです。

食べさせてくれた人、可愛がってくれた人、教えてくれた人、
心配してくれた人、導いてくれた人、怒ってくれた人、
病気を治してくれた人、看病してくれた人、・・・・・

たくさんたくさん、支えられてきたことだってあるのです。

悲観的にならないで、ここまできたからこそ
悩むことだってあるけれど、いままで、ここまでこれた。

生きることができたから、これからも支えてくれる人もいます。
これからはゆっくり階段上っていく気持ちを大切に

いそぎすぎないように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_113291.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-20 09:40 | こころ | Comments(0)

悪心が、勝手に騒ぐ人

今の状態に、不満だったり、
気に入らないことがおこったり、

自らをかえりみず、他の人に、
原因を転嫁して、人を責め付けたりすることで、

気持ちの収まりどころにしようとする人もいます。

責めたときは、一時収まるかにみえても、
本来、自らが心の葛藤をしないで、

他人に転嫁してきたために、
また何度も繰り返すことになってしまいます。

時は進みます。

自らの心も、つらさごと、恨み言を手放して
しあわせでありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-18 09:32 | 霊的な日常 | Comments(0)

物にばかり執着

物にばかり執着

買っても買っても満足しない
あるのに同じものを買ってしまう

人が持っている物がよく見える
物を買うというのは、楽しいことでもありますが、

満足がいかない買い方は幸せではありませんね。

「買って良かった!うれしい」がなくて次は何を買おうか?では
生き急ぎです。

そこに霊的介入はあるかもしれませんが、
ご自分の心の一呼吸も大事です。

ご家族が止めても止めても、
同じ物を何度も買ってくる人がいました。

そこのお宅は、引っ越して一年くらいでしたが、
土地の氏神様にもお参りされていませんでした。

もともと農家も多いところで、
神様も大切にされてきているところでしたから、
新しい住人はご挨拶にいくことがとても大切です。

宗教上の問題がなければ、
土地の氏神様へお参りをおすすめします。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-16 09:48 | こころ | Comments(0)

決まった日にだけうつになる

S子さん(30代 会社員)は毎年のように、
10月の中頃になると2日ほど、とても気分が落ち込み

「うつ状態」しゃべりたくない、何も興味がない、
自分の存在もわからないような感覚、暗いところにいる夢を見る、

食べてもおいしくない・・・など、
いよいよ病院に行こうとする2日目には、
何事もなかったかのようになおってしまう。とのこと。

「10月が命日で供養されていなくて、
霊が自ら気がつくこともできない存在が、

数体の霊がいます。ご先祖の一部のようですが、
ご先祖供養はされていますか?」

S子さん「実は家の両親が、宗教嫌いでなにもしていません。
お墓参りもいったことがないです。お墓はあるはずですが、
実家に任せたきりだとおもいます・・・」



「少なくともS子さんには伝えてくる霊がいますから、
お墓参りや、他のお寺でもよいですから、
ご先祖の供養を込めて手を合わせてお参りをされるとよいです。

何度か行かれてください。」とお伝えして、
S子さん頑張って続けてくれました。

その翌年からは、10月に何事もなく、
うつにならずに過ごせるようになったのでした。

見えない昔の影響がでてくることもあります。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_2229593.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-14 09:24 | 霊的な日常 | Comments(0)
Aさんはご主人と娘さん2人と、息子さんの5人家族で、
上の娘さんは結婚して近くに住んでいます。

ご家族は日々のいろいろな問題はあるけれど、
みな仲も良く、良い親子関係であり、特別な問題はないのです。

それでもAさんは、どこか気が晴れない・・・
「いつも良い家族に恵まれたことを感謝しています。
主人にも子供たちにも文句はまったくなく、
いつも私のことを気づかってくれます」

「私が浮かない顔をしていると、
お母さんは気にしすぎて気を使いすぎているから、
なにも心配しないで大丈夫よ、といってくれます・・・・が
何となく気が晴れない気分がときおりあるのですが・・・・」

霊査するとAさんのご実家のことが最初に気になります。
暗くて重い感じでどんよりした印象です。
「ご実家はどなたかおられるのでしょうか?」

「私の父親の代が、実家から出てきてそれ以来、
家を継ぐ人も先祖のお墓を継ぐ人はいません。
先祖のお墓は山の共同墓地のようです。

父は実家から離れたところにお墓を建てました。」
当然ご実家のお墓は、荒れ放題になっています。

「できたら一度お参りに行かれてから、
今お住まいの近くのお寺でご先祖のお墓を移すことはできませんが、
先祖供養を拝んでいただいたほうがよいです」

もしも快く受け入れてくれないお寺でしたら、
お参りだけでもよいですから行かれることが必要です。

これから続けて守れないですが、
今後は近くのお寺でお参りをさせていただきます。
という気持ちをたいせつにお参りしてください。

そういうお話をAさんにしてから、
3ヶ月後にAさん「実家のお墓参りと、
近くのお寺でご先祖へ供養のお経をあげていただきました。
それから不思議と私の気持ちがとても明るくなりました。」

見えないけれど、つながると人の心の変化も生まれてきます。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者


a0097419_22202798.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-06-12 09:18 | 霊的な日常 | Comments(0)