霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2015年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

世の中が良くないニュースに、息苦しいほどに溢れかえっています。

悪いものが這い出してくるようなものですが、
それらの悪を地下から
這い出させてくる力を持っているのが「善」なる力でもあるのです。

童話の「北風と太陽」のように、旅人のコートを脱がせるのに、
無理に風を吹かせてもますますコートを手放すまいとします。

反対に太陽の暖かな日差しは自然に旅人の体を温めてきますからコートを脱ぎます。

それに似たような現象が、形を変えて
「善の力」が「悪の力」を居場所から引き出しているのです。

今までは隠されていた悪事が露呈し、事実があきらかにもなります。

そして逆に、いままでは出ることのできなかった、
まるで閉じ込められていたかのような「善」なるものを
兼ね備えた人も外(世に)に多く出ることにもなります。

いまは双方が入り混じっていますが、
同じ心を持つ人は互いを見極めていくことができるはずです。

「善」なる「あたたかな心と思い」のつながり
次から次へとプラスに転換させていくパワーで
「冷え込んできた時代をあたため直して」リセットしていくために。

冷たいままでは人の心は動くことができなくなります。
a0097419_14335187.jpg


精神的な魂の美しさも必要になります。



           加藤 真澄HPへ
[PR]
by dimension-shin | 2015-08-31 09:17 | Comments(0)
肉体的な構造では
考えること思うことを心という表現をされています。

霊的な構造では肉体を支えているのは霊体と魂と心です。

心は肉体的な問題と内面的な霊体の環境を
ともに感じとれる存在ですから、
a0097419_10375884.jpg

一つの判断でも迷うのは表面的な自分と内面的な自分
とのやりとりを心はフル稼働して
推し量っていることも多いのです。

その迷うときに人間的な欲の心を
できるだけ押さえて考えようとすることが
一番よい決断が出来るときです。

そういうことは自信がないかもしれませんが、
そう考えようとすることが
実は魂に近い内面の自分を働かせているのです。



加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2015-08-29 09:33 | こころ | Comments(0)

共感

お互いに共感、(シンパシー)を感じる人というのは
経験された方も多いと思います

懐かしさやどこかで出会ったことがあるとか
気持ちが通じあえることがわかる人との縁は
友人でも恋人でもその感覚が先に伝わってくるかもしれません

前世や魂の縁が出会いを結びつけてくるのです
同じようにシンパシーを感じて
とても気になる相手同士でもなぜだか、
気持ちがわかりあえる気がするけれど、
a0097419_9335385.jpg

どうしてもそれ以上心が近づけないような、
微妙な距離感を感じてしまうこともあるかも入れません。
そういうときには霊的な介在や感情がお互いの間にあるときです。

霊同士のシンパシーが先に出すぎて
人間的な感情が伝わりきれないことも起こることも・・・
なんだか心の整理がつかないような
まとまりが悪いときにはこのような影響もあります。

理由はそれぞれですが、まずご自分のオーラを整えて
波長を変えていく必要があるときで、
本来の落ち着きを取り戻すために、
瞑想や浄霊をして心のストレッチが大事です。




加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2015-08-27 09:20 | 霊的な日常 | Comments(0)
境内が広い神社では通勤通学、
買い物などで境内を通り抜ける
「日常生活の通り道」として利用される人もいます。

神社も誰もが通れるようにしていますから良いのですが、
それでも境内は神様の通り道でもあり、

鳥居をくぐった空間は神域でもありますから、
通り過ぎるときに、
頭をさげて会釈をされる余裕があっても良いのではないでしょうか。

お子さんもそういう親の姿や大人の姿を見て育ちます。
自転車で通り過ぎなければならない時でも、会釈はできます。

その気持ちをもっているゆとりが、
知らず知らずのうちにご自分の内面を豊かにしてくれます。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_15271123.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-25 09:19 | 霊的な日常 | Comments(0)
境内が広い神社では通勤通学、
買い物などで境内を通り抜ける
「日常生活の通り道」として利用される人もいます。

神社も誰もが通れるようにしていますから良いのですが、
それでも境内は神様の通り道でもあり、

鳥居をくぐった空間は神域でもありますから、
通り過ぎるときに、
頭をさげて会釈をされる余裕があっても良いのではないでしょうか。

お子さんもそういう親の姿や大人の姿を見て育ちます。
自転車で通り過ぎなければならない時でも、会釈はできます。

その気持ちをもっているゆとりが、
知らず知らずのうちにご自分の内面を豊かにしてくれます。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_15242191.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-25 09:19 | 霊的な日常 | Comments(0)
B子さんは、30年以上前から、
ご自宅にお祀りしてきた神棚を、

毎日お水を変えてはいるけれど、
お社(やしろ)が、なんだか暗く感じるようになったのです。

「はじめは気のせいか?と思っていたのですが、
ながめる都度にやっぱり暗い感じがしてきます。

毎年お札はきちんと変えていますが、
何か問題があるのでしょうか?」

神棚のお社は古いままのお家もありますが、
ある程度の年数が経てば、お家を建て替えるように、

お社もあまり古くなってきたのであれば、
新たなお社に変えたほうが良いこともあります。

そろそろ、新しいお社にしたほうがよいことを伝えていました。

その後、B子さんのお宅ではお社を新しく変えられて、
とても家の中の空気感が変わって、清々しくなって、

ご家族も「神棚おお社一つでこれほど違うものなんだ」とわかってくれたそうです。
お家の大事なところのひとつです。

ときにはじっくり気にかけてください。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_22112585.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-23 09:12 | 霊的な日常 | Comments(0)

たくさんありがとう

ここまでこられました。
どなたの人生も、様々なことに出会います。

止めどなくおもしろく、止めどなく不安で
。止めどなく好奇心にみちたものです。

楽しいときには時の経つのも忘れるくらいに早く、
苦しいときには
いつまでこの苦しみが続くのかと思う時の長さに悩まされます。

でも一つづの出来事が順繰りに、だれにも訪れます。
内容は人それぞれにちがいますが、誰かが笑って、

誰かが泣いて、誰かが問題を抱えて、
誰かが深刻になり、誰かが立ち直りの連続です。

できる人ができない人を支えることや、
勇気づけることができるのも本当に大切なことです。

自分だけがなぜにどうして苦しいのか、と思う日々もあります。
でもそれを必ず支えてくれる人がいます。

ご家族だったり、パートナーだったり、
知人だったり、医師だったり、インターネットだったり・・・

インターネットはときにはいい加減な情報もありますが、
それでもいくつか検索するうちに信頼できるところは必ず目に留まってきます。

人生を支えてくれるたくさんの力にありがとう
たくさんありがとう




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_2263984.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-21 09:03 | こころ | Comments(0)

不幸になると言われて

誰だって不幸になりたくないですね。

それなのに、ごく一部の占いや霊能者に
「あなたはこのままでは不幸になる、
自分の言うことを聞かないと具合も悪くなる、

貯金も使わないと不幸が貯まる」などど
悪質なことを、言われてしまうことがいまだにあるのです。

言われた人は、やはり見えない世界だから怖いし、
本当に不幸になったら辛いし・・、

貯金も使い果たさないと不幸が貯まるのでは・・・・
となやんでしまいます。

いまだに人の弱みにつけ込んでの、
脅しのようなことを言われてしまう人もいます。

そこまで人を傷つけて脅かして良いわけがありません。
毅然としておそれないように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者



a0097419_2232321.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-19 09:37 | 霊的な日常 | Comments(0)
Kさんは仕事の勤務時間もいつもどおりに働いているつもりで、
何時頃かと時計を見ると、

「一時間経ったかと思ったら、20分だったり、
人と話をしていて30分くらい経ったかと思うと、

まだ10分くらいしか過ぎていなかったり・・・
やけに時間が長く感じることが多くなってきたのです。

普段は仕事をしていると、もうこんな時間かというくらい
時間が経つのが早いのに、
いまはすごーく時間が遅く感じて仕方がなくて・・・・

落ち込んだりしていないし、
うつでもないですが、どうしても時間が遅くて遅くて」

ご自分は特別な悩みの中で、
精神的に落ち込んでいるわけでもないときには、
霊的な介在があることが考えられます。

Kさんは、この時間感覚が遅いと感じられ始めたのは、
社内の研修で4日間でかけて戻った頃からでした。

数体の霊がいました。霊は成仏していないので、
Kさんに導かれるように憑いてきたのですが、

Kさんはいつもの自分と違うので、違和感と、
時間感覚が止まっている霊の影響を受けてしまったのでした。

浄化ののちKさんは、「目の前が明るくなって、
重たい感じがとれました。これも影響だったのですね。
時間も普通に感じて過ごしています」



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_15162618.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-17 09:13 | 霊的な日常 | Comments(0)
B子さんはひどく疲れを感じるようになり、
仕事も頑張りすぎたかとおもい、
有給休暇も使っていなかったので半月ほどリフレッシュ休暇をとったのです。

休めるはずが、仕事にいく癖がついているのか、なんだか休めない。
かといって行きたいとも思わない。

「ただ、職場も友人も、
すべてがとても遠いところにいるのではないかと思うほど、

たとえば歩いて10分くらいのところを、
一時間くらいに感じるような、妙な感覚です」とのことでした。

B子さんは何処が悪いと言うことでもなく、
疲れを感じた頃から霊的な影響が、
B子さんの意識の中に入り込んでいました。

職場であり、日々共に働いている人たちの
見えない影響(霊)をB子さんは知らない間に受けていました。

ほんとにときおり霊的な浄化も必要でした。
仕事でも根を詰めすぎないように、リフレッシュのお参りや、
旅行も気の流れをかえてくれます。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_21594627.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-15 09:30 | 霊的な日常 | Comments(0)