霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2016年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

必要なことは出来ている。
起きて食べて、メールして、
通勤して仕事して、買い物して

同じような日々だったり、大変な日々だったり・・・
これまで乗り越えてきたはずが・・・・・

特別不幸だとも思わない、
ささやかに美味しいものを食べるだけでも幸せは感じる。

それでもどうしてだか、
自分は時間が止まっているかのように感じられる人もいます。

これまでの自分には感じなかった暗い感覚。

たとえば町のカフェに座っていたら、
店内に出入りする人、町を歩いている人はみな動いているけれど、
座っている自分はひとり時間が止まって感じるのと似ているかもしれません。

ご自分も時間の中で動いているのに、
なぜか時間の感覚が

自分だけ置き去りになってしまった感覚になるというのは、
ご自分ではない霊的な存在が、介入している事もあります。

霊の存在というのは、
意識や感情に影響して出てくることも多いのです。

気がついてみると、
「どうしてこんなに暗く重たく、
時間が止まったように感じるのだろうか?」ということもあります。

ご自分の内在意識に集中して、「自分らしさ」を思いだし、
深呼吸や軽い瞑想をしながら気を整えていくことも良い方法です。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_22173339.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-28 09:14 | 霊的な日常 | Comments(0)
大切なものをよく無くしてしまう
物をよく無くしてしまうAさんは、

うっかり置き忘れてしまったり、
落としていたり、お財布、カギ、書類、保険証など、
通常はうっかり無くすことが少ないですが
、Aさんは気の流れが悪くなると、とたんに気がとんでしまう方です。

「気が滞る」と現象が現れやすくなる方もいます。
病気でもないのに、日常的に忘れっぽくなる、
考えがまとまらない、いま言われたことが理解できない・・・など

Aさんはときおり浄霊にこられますが、
普段から神社や緑や自然の気が満ちている
ところに、行かれるようにお伝えしているのですが、

日々の多忙と雑事に追われて、
おろそかにしてしまうと気が滞り、
霊的にも引き寄せてしまうのです。

見えない世界の片づけごとも
おろそかになりませんように。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_154304.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-26 09:24 | 霊的な日常 | Comments(0)
いま、目の前のことをやりながらも、
さまざまな事を考えられるものですが、
気が散りすぎて何にも集中できなくなります。


B子さんは、もともと働き者の主婦の方ですが、
あれもこれも一度に考えて、どうしたらよいのかわからなくなる。
そういう事が続いているとのことでした。

B子さん「もともと私は、常に動いて働いて、
人と会うことも大好きですが、
最近は次から次にやることに意識がいってしまい、

だから友人と会っていても、
B子は最近、落ち着きがなさすぎるといわれます。

じっと座っていられないくらいな感じで、
自分でもおかしい。この一年くらいですが、
夜中も部屋の中がざわざわしています」


B子さんを霊査していると、息苦しく、
気持ちの置き場がない感覚になってくるのです。

霊的な感情なのですが、職場も変わったり、
ご主人のご両親を看取られたり、もめごとがあったり・・・
B子さんこの1、2年苦労されたのです。

そして、行き場のない感情はそれぞれの場所や、
問題でおこった事の霊的な波長を家にもどっても、
もちかえってきてため込んでしまったのです。

「見えないほこり?」と思われるでしょうが、
感性の強い方には、一度にいろいろ溜まりすぎてしまうと、
ダメージを抱えてしまうこともあります。

B子さん、一つ一つ浄化されていくことで、
落ち着きを取り戻されて、楽しく働いておられます。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_15385365.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-24 09:31 | こころ | Comments(0)
思春期の頃は、さまざまな事に興味もありますが、
見たり聞いたり感じたりすることに、
過敏に反応しやすいものです。

気持ちも移ろいやすく、柔軟性もありながら、
反面一つのことにとらわれてしまうと
のめり込んでしまう事もあります。

ご家族や友人の言動に気にしすぎて、
意識がとらわれてがんじがらめになって
しまうこともあるかもしれません。

A子さん(高校1年生)は、
友人から何気なく「A子は真面目すぎるよねー」
といわれた一言で、友人とつき合うことが怖くなって、
学校も行ったり行かなかったり・・になってしまったのです。

きっかけは何でも、小さな事でも、
そのときの感覚にはとてもグサッっと感じられて、
何もかも見聞きする情景が暗いものになってしまったのです。


A子さんにお会いしたときに
「そのときから体も重たくなりました」と話していました。

落ちこむきっかけの一言はあったにせよ、
その前くらいからとてもナーバスになっていたと思われます。

そこに輪をかけて友人の一言でさらに落ち込み、
何もかもが怖い不安の連鎖に霊的な存在がついてきたのです。

いろいろお話して、A子さんに浄霊していきますと
「軽くなったー、目の前が明るくなったー」と感じたそうです。

大人の方でも、感受性が強いと、霊的にも受けやすくなります。
気持ちを切り替える時間を大切に

良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_21584170.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-22 09:37 | こころ | Comments(0)

祖父さんの片付けごと

A子さんは祖父さんが
亡くなったとの知らせで8年ぶりに

地方にあるご実家に帰り
葬儀に出て東京に戻ってきたが、
実家についたころから頭が重く、頭痛もする、

疲れもあるのかと思いながら症状が続くので
病院で検査も受けクスリも飲んだが、
あまり効果がないとのことで相談にこられました。

すぐに感じられたのがご実家の神棚が
めちゃくちゃな感じが伝わってきましたので、
お聞きすると

「よくみてなかったですが、
祖父一人が祀っていて、
神棚にはいろいろなものが置いてあった気がします。
それにいままでそうだとしても、

なぜ今頃、
自分がこういう目に合ってこなければならないのでしょうか?
何かすることがあれば納骨のときにまた帰りますが・・・・・・・・・・・・」


祖父さんが亡くなられて次になさる方がいないために、
祖父さんや先祖がきちんとしなさいと教えてきたのです。

それにあなたが、このような目に合わなければ、
おそらく他のだれも考えることはなかったからです。

少なくとも数代の先祖が大切にされてきた神棚を
きちんと清めてお返ししなければなりません。
とお話して、

A子さんは、次にご実家に帰ったときに氏神の宮司さんにお願いして
きちんとお祓いしたのです。
この方はその後に頭痛や重さもなくなったのです。

祖父さんの残されたことを、きちんと片付けごとされる役目が
A子さんにたくされたのでした。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_2071020.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-20 09:00 | 霊的な日常 | Comments(0)

やさしく



[PR]
by dimension-shin | 2016-02-19 06:00 | こころ | Comments(0)
人と目が合えば、自分のことをどう思っているか気になる。
人の目が怖くてなかなか目線を合わせられない。

自分は耐えず人から見られている感覚が苦しい。
家族に話しても、気のせいだと言われたり、
自意識過剰だ!とも言われたり。

自意識過剰だと思っても、
どうしても気になって仕方がない・・・・・

感性が高いと、いろいろなことを感じとって、
それをまた考えすぎる傾向にあります。

考えすぎて心をとらわれて立ち止まららないように、
時間を進めていかないとなりません。

なぜなら時間を立ち止まりすぎて、
考えすぎていると自分の進むべき方向に行くのが遅くなって、
マイナス意識の世界に閉じこもってしまうからです。

マイナス意識が強くなると霊的影響のとらわれやすくなります。

自意識過剰になりすぎたら、
心に縛り付けられた思いを
なるべく早く手放す気持ちを大切に




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_1951194.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-18 09:30 | こころ | Comments(0)
ご存知の方も多いと思いますが、


a0097419_011720.jpg


ニッサンが「猫バンバンプロジェクト」を立ち上げ
車を運転する方に呼びかけています。
http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/#DOWNLOAD/?scsocid=f00000414



寒い時期
エンジンスターターでエンジンを
掛けてる方

もし、あなたの車のエンジンルームに
猫などが潜り込んでいたとしたら
どうなるでしょうか?

猫が大けがもしくは死んでしまう可能性十分です。

猫を特に好きではないという方も
修理代の出費の事だけ考えてくれても結構です。
エンジンルームに猫が入っていないか
どうぞ確かめてください。
[PR]
by dimension-shin | 2016-02-17 00:27 | 和み | Comments(0)
誰かといてもむなしくなる、
生きていて何がある?むなしい、

誰にも自分のことはわかってなどはくれない、
どれほど努力を重ねても思うようにいかない・・・・・。

ひとたびネガティブ思考にはまると、
次から次にマイナス思考に覆いつくされることにもなります。

人間的に考えてもどうしても納得しきれない
心の苦しさから解放されていくためには、
短絡的には「死にたい」とか
「自分などいなければいいんだ」と考えたりします。

けれども、この死にたいという感情は
目に映ることはなくても、自身は心や精神、
霊性も含んだ内面との葛藤でもあり、

自分の内的な部分を支える霊性は、
霊的な影響も受けながらも、
自分であろうとする気持ちとの心の戦いでもあります。

むなしかったり、人生のネガティブな体験は、
自身の成長のために霊的成長を高めていこうとしています。

むなしかったり、ネガティブな体験を
乗り越えるべき力を
蓄えていくことも、今世での体験のひとつです。

ただしネガティブになりすぎて、
過去の時間に何度も気持ちが戻ってしまうことは
気を付けなくてはいけません。

空間の中では誰もが時間を行き来することができます。
霊的な意識は時空間を越えて
過去の出来事に入り込んでいる部分もあるのです。

あまり過去に意識を向けすぎても、霊体(霊的な体)も疲れてしまい、
そのために心身の疲労が激しくなってしまう方もいるのです。

過去の出来事ばかりに感覚が行きすぎて
時間のズレが生じてしまうことも
ありますから気をつけないといけないのです。

霊的な感受性が強い方がこのような
時間感覚のズレにおちいりやすくなるのと、
マイナスな過去に入り込んでしまうために
ネガティブな霊に憑かれてしまうケースもあります。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_033338.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-16 09:10 | 霊的な日常 | Comments(0)

土地にも歴史があります

今私たちが住まい暮らしているところは、

住宅もビルも
当たり前のように建ち並んでいます。

それでもその土地それぞれに、
昔はビルもなければ、道もなく、

それでも時代を超えて幾千人の人たちが行き交い、
暮らし、あるいは戦ってきたところでもあるかもしれない。

土地がらみの霊的な問題もでてくるときもありますが、
土地はたくさんの過去を重ねてきた記憶を持っています。

霊的な現象が起こるところもありますが、
「どうして家だけ?霊がいるなら出ていってほしい!」

という方もいますが、
あとから住んでいる新参者は我々でもあることをお忘れなく。

過去も歴史も大切に。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_061527.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-14 09:21 | 霊的な日常 | Comments(0)