霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2016年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今年も大晦日になりました。

一年が早いですね。

今年は年明け早々事件や事故、

熊本では大地震に見舞われて、
いまもなお、不自由な暮らしをされていらっしゃいます。

明るさと安心を取り戻されることをお祈りいたします。

皆さまどうぞ良いお年をお迎えください。

いつもブログをお読みいただいて有難うございました。




a0097419_23432940.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-31 00:01 | Comments(0)

お守り札

お守りは持っているだけで安心できますし、
守られていることに意識を向けることもできます。

身につけていたお守りが切れたり、
いつの間にか無くなったりして
ときには身代わりの役割もあります。

ある女性が車の衝突事故にあい
相手の車が自分の方へ向かってくるときに
キーに付けていたお守りが落ちたのをハッキリわかったそうです。

女性は軽傷ですんだのですが、
避けられない事故の中でも
守られたことを強く感じられたそうです。

お守りが壊れたり無くなった時は身代わりです。


神棚にお祀りされている神社のお札ですが、
ときおり何年も前の
お札を取りかえないで、そのままにされている
お宅があります。

年明けには初詣にいかれる方も、一年過ぎた古いお札は
神社にお返しして、新しいお札をいただいてきてください。
お忘れのないように






加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-30 09:11 | 霊的な日常 | Comments(0)

ほったらかしの3回忌

K子さんは結婚されて12年、ご主人がここ2年ほど、
会話をしてもすぐに返事がなかったり、
だまり込んでいることが多くなってきたのでした。

K子さん「はじめは疲れていると言っていたので、
主人ももう若くはないから、
仕方がないかとも思いましたが、
別の日に、親戚と合う日の話をしたときに、

主人はわかったと言ったので、
そのことを打ち合わせようと言ったら、
主人はそんなことは聞いてない。

確かに返事をしたでしょう?と言っても、
初耳だ!、覚えていない・・・といったのです。
他にも返事をした会話でも、あとから確認すると、
そんなことは聞いていないなど、何回もあったのです。

ぼーっとしていることが多く、
いま聞いたことも、覚えていないときもあります。
怖くて心配になって、病院で
検査もしても異常はないといわれました・・・・・」



このお宅の霊査をしていくと、
お墓のことがとても気になります。

お聞きすると「主人の実家は兄弟が継いでいます。
でも義父母の三回忌もやっていません。

祖父母の13回忌もやっていません。
古くからの家なので、お墓があるだけです
・・・やはりいけませんかー」

敷地内に代々のお墓があり、
旧家ですから跡を継がれる人がいる以上は
きちんとご供養はつなげていくべきです。

人の意識に霊的な影響を受けてしまうことも多いのです。
それに敷地内に祀られた山神様も
周囲に草が伸び放題でほったらかされている状態でした。

神仏に失礼極まりないことです。
草はきちんと刈り、お供えを整えごあいさつすること。

お墓は他のご兄弟が、法要をされないのなら、
お寺で拝んでいただくくらいのことはしておくこと。

ご主人は霊的な影響を受けやすくなっていましたし、
知らされてきていたのです。
現在は過去からのつながりです。
おろそかになさらないように
良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_21265927.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-29 09:24 | 霊的な日常 | Comments(0)
霊の声が聞こえたり、
霊に体を触れている感覚をもたれる方もいます。

時には「この体を自分の(霊)ものにしてやる、
のっとってやる、言うことを聞け!」
などど、言われるいるという方もいます。

A子さんも、ほんとうにこのような状態が半年ほど続いていたのです。
もともと感受性も強く、霊を感じることはあっても、
心の中に伝わってくるようなことはなかったのに、
体をさわられるような感じや
心に入り込んでくるような感覚が出てきたとのことでした。

住んでいるところは、3年前からですが、



徐々に影響はあったはずです。
A子さん「仕事で忙しくほとんど家は寝るだけでした。
ここ1年ほど仕事をお休みしていましたから家にいる時間は長くなりました」

心や体が弱っているとき、疲れているときなどは特に
意識が霊的影響を受けやすくなるときでもあります。

A子さんとお話ししていると、A子さん「さっきから霊たちが、
お前の心も体も自分の(霊)のものにしてやる、
でもA子が言うことを聞かないから、腹が立つといってくるのです」

A子さんの心も体もA子さんのもので、だれのものでもない、
霊はすでに自分が生きていた時の肉体がないため、人の体は必要ない。

そういうことを伝えながら、どうして行くことが最良か考えていくと、
結局霊は行き場を失っている状態が長く続いていますから、
まずはお寺参りなどしばらく続けて、お家のお清めをしていただいて、

A子さんは神社へおまいりされて、
ご自身を高めていかれるようにお話しして、
霊たちが迷っている世界の暴言を聞いて怖がっているより、

ご自分の意識を高めて、参拝されたり、
(霊が共にいきます)、この世の未練を捨てて
浄化できるようにしてあげることです。

そういうことをお話ししていますと、
A子さん「なんだか霊たちの騒ぎがいまずいぶんしずかになりました
。これからおまいりも続けていきます。

私自身が怖がらないで、
意識を高めていけばよいのですね。わかってきました」

人の気持ちも、霊的に影響されると
ゆらいでしまうこともありますが、畏れずに
穏やかでよき日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23104865.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-28 23:10 | Comments(0)

魔も邪も心次第

魔は否定的な憎しみから起こります
邪は恨み心に入りこまれます

自分の存在を否定しないで
他人の言動に流されないで

心強く
自分を責めず
人も責めず

ご自分を愛すること
ご自分を好きでいること

大切に守られてください
良き日々でありますように

a0097419_22405093.jpg



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-26 09:12 | Comments(0)

すずめ

信頼関係がなければ、ここまで近づいて撮影できないですね


[PR]
by dimension-shin | 2016-12-25 23:30 | 和み | Comments(0)

笑顔になるあいさつ

大型ショッピングセンターに出かけたときに、
あるショップの男性店員さんが

「いらっしゃいませー、ドウゾゴランクダサイー」と、
少し英語なまりの外国人の店員さんで、ニコニコして店頭にいました。

そこへお掃除作業の男性が、買い物客に気遣いながら、
床掃除の作業をしながらそのショップの店員さんの前にきたときに、

店員さんが「オツカレサマデス、ありがとうございます」とニコニコ
声をかけられたお掃除作業中の男性も
「こんにちは、きょうは忙しいねぇ」と、

黙々と作業していた男性も、
急に満面の笑みで一言返していました。
その後ニコニコしながらお掃除されていました。

ほんの些細なことでも、
人を気持ちよく元気にしてくれることはたくさんありますね。
見ていた私もなんだかとても気持ちが良かった。

穏やかな連鎖ですね。
ほんと小さなことからコツコツと

良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_2313503.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-24 09:08 | こころ | Comments(0)
自分の心の所有者は、
もちろん自分でなければならないのですが、
流行ごとや他人に影響されてしまう場合もあるかもしれません。

つぎのような問題をかかえている方がおられました。
それはある占い師に相談して
何度か視てもらうようになって、信頼をよせていたそうです。

ときには占い師の方から電話がかかって来たりしたらしいのですが、
あるときしばらく連絡もせずにいたところ電話がかかってきて、

「早く来なさい」と言われたそうです。
しばらく行くことができないことを伝えると、
波動を送るからと言われて、
ご本人曰く「念」を送られた感覚があったそうです

それから毎日、「その占い師の姿のような気配を感じるようになり、
頭を引っ張られているような違和感がとれなくなりました」とのことでした。

しばらく話をして、ご本人も落ちついてこられたので
浄霊をしたところ、
「軽くなりましたがでもまだ半分残っているような感じがする」
と言われるので再度霊査しても、もう霊的な姿はなく大丈夫だと思いましたが、

ご本人がまだ残っていると感じる。
このケースの場合には、相手の念を受けてしまったのですが、

ご本人自身が念を受けてしまったから、
身動きがとれないという意識が呪縛のように気持ちの中に絡みつき、

自分でも気づかないうちに、
自身の気持ちのコントロールをゆだねてしまったことに問題がありました。

最終的には自分の所有者は誰のものでもなく、
自分自身であることを問いかけていくことで
霊的な影響をすべて外していくことができました。

ご自分の意識のコントロールは、
自分自身が所有者でなくてはならないのです。

他人に、自分の心の生きることを支配されてしまうと、
いつまでもしあわせを見つけ出せなくなってしまいます。

良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_2243263.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-22 09:29 | Comments(0)

しばらない心で

誰にでも欠点はあります
自分で嫌だなと思うこともあるかもしれません
持って生まれた欠点は

どのように変えていこうとするかで
新たな自分を見出すことが出来ます

変わろうとする意識
嫌な性格のままで終わらせないように
こだわりを手放しながら

自分を決めつけないで
しばらない心で


良き日々でありますように


a0097419_22323872.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-20 09:20 | Comments(0)

ご家庭の神棚

ご自宅に、神棚があり

その上にきちんと、お社を置かれているお家も多いです。

そのお社の中に神社からいただいたお札をいれて、

一年間ごとにとりかえていかれるのですが、

ときおり、神棚もお社もあるのに、お札は外の両脇に置かれている方が

おられます。

お社を開けたらいけない気がしてそのままにされていた方が何名かおられました。

神棚もお社もあるのに、お札は外に置かれていたのではかえって失礼になってしまいます。

家があるのに、外にいなさいということと同じですから、

きちんとお社の中に納めて、お祀りなさることを大切に

穏やかな良き日々でありますように





加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2016-12-19 22:29 | Comments(0)