霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2017年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

社会と逆行している感覚

自分という人間だけが社会や周囲に逆行している、
途中までは少なくとも追随しようと頑張ってもがいてきても、
ある時期からそういう気力が失せてきた。

閉じこもりきりになるかリストカットで自分をいじめ傷つけてみたり、
心の置き場が失せてくるように

自分の居場所も狭くなる感覚になってくる方もいます。
それは霊的な自分が萎縮しているために起こることもあります。

人間的な考え方で怠けているだの、精神的におかしいとか、
自分勝手だからと言われてしまうかもしれません。

けれども今の社会にそぐえない原因の一つに
霊的な自分を上手くコントロール出来きれていないこともあります。

霊的にみた場合、生まれもってきた肉体、
生まれてきた時代に自分の霊的な性質が

個性の強い肉体の性格や移り変わりの早い社会と
バランスがとれないときもあるものです。

霊的な自分と肉体的な自分をつないでいるのは心です。
本来は自分が生まれ持った個性ある性格と体を
それぞれの長所や短所を生かして生き抜いていくことが必要ですが、

感性の強すぎる方はともすると心がたくさんのことを考えすぎて
受け止めきれずに心のバランスを崩して
破壊的に考えてしまうこともありますが、

生まれて生きてたくさんの方々と出会い支えてくれてきたからこそ
今の自分がここにいることを大切に、これからも守られていきますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_16192918.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-01-31 09:23 | Comments(0)
ある女性は、友人とのつきあいもするし、
物事の判断もできるつもりでいる

日常の生活はしているけれども、
それがいつもなんだか楽しくない。

ニコニコできる性格ではないので
仕方がないかと思ってきたが、
人前ではつくり笑いにせよ笑顔もみせられる。

問題はときおり心の中で
押し寄せるようにくる焦燥感がやりきれない

出口のない暗闇に自分がいるように感じて、
苦しくてつらくて奈落の底にいるような・・・・・

質感を伴ったようにかんじるときだったり・・・・
感性のとらえ方は異なるかもしれませんが、

それが霊的な影響だったり、
現実と内面の意識のギャップだったり、
家族や周囲の影響を受けすぎてしまい

自分の意識が希薄になっていることなど、
さまざまな理由があります。
表の見える自分だけがすべてではありません。

内面との調整がぶれてしまうとき、時には浄霊も必要ですが、
深呼吸は大事。

気のよい神社は整います。

良き風景は新たな明日に勇気をくれます


穏やかな日々でありますように
[PR]
by dimension-shin | 2017-01-30 09:52 | Comments(0)
霊的なことを感じとりやすい体質を持つ人でも、

霊が見えたり寒気がしたり、独特の気配を感じることもあれば、
吐き気がするほど気分が悪くなる人もいます。

家の近くの長いあいだ空き地になっているところを通るたびに

気分が悪く吐き気がしてくるという人もいますが、

その空き地を通り過ぎるといつものように元気で、

何事もなかったように気分も良く吐き気もおさまってしまうのです。

人によっては、霊的なことが抜けきれないで、どこにいても気分が悪く、
吐き気やめまいに襲われて、体調を崩してしまうこともあり

、病院でも原因不明といわれて薬もあまり効果がないというので、

「霊的なことがあるかわからないけれど相談に来ました。」というケースもあります。

霊査をしていくと確かに家も職場もあまり良い状態とは言えませんし、

この相談者ご自身が霊感体質ということをわかっていなかったために、
説明がつかなかったのです。

背負い込んでいた見えない重みをかんじたり、
過敏な方では、いたましいニュースを聞いたりしたとたんに、
その瞬間だけ耳鳴りを起こす人もいます。

よいニュースとは違って、心に伝わってくる波長が違いすぎるのです。
きれいなものを思い浮かべたり、楽しいことを極力思いだすようにすると、
乱れた波長が整いやすくなります。


良き日々でありますように。



加藤 眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2017-01-29 09:09 | Comments(0)

神社のお札

毎年神社のお札は、新しいお札と取り替えますが、
Aさんは引っ越しをされたときに、
新しいお札をいただきに神社にいかれて、

境内の休憩所で休んでいたところ、
新しいお札をケースに入れてバッグに大事にいれて、
座っている脇にバッグを置いていたら、
バッグがバランスを崩して、下に落ちてしまったのです。



すぐにAさんから電話があり、
「いただいたばかりのお札を入れたバッグごと、
下に落としてしまいました。なんかいやだー・・どうしましょう」

引っ越しは大きく気の流れも変わる時期でもあります。
落ち込んでいないで、落としたお札はすでにそこで、
守っていただいて役割を果たしていただいたのですから、


お返しして、再度おまいりして、
新しいお札をいただいてくださいとお伝えしました。

人生の変わり目、新しい土地での転換期など
いろいろ変化がある時に、気づきをくれたりします。

今回のお札を落としたなど、縁起が悪いと考えがちですが、
境内の中で、すぐに取り替えられることも出来ました。
改めて心引き締めてお参りも出来ました。

新たに次の日々のために




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_2345220.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-01-27 08:40 | Comments(0)

不安定な感情

30代のAさんは、
時々大声を出したいくらいに「心の中の誰か」のように
苦しくてつらくなってしまうときがある。

これまでは家事や育児に追われていたけれど
思い出してみると結婚前の学生の頃もときおり
叫んでしまいたいような不安定な感情に襲われたことが何度かあった
a0097419_11125584.jpg

その頃両親にも話しをしたら
「気が短いからイライラするんだ
叫んでしまいたいほど悩みもないだろう」といわれて

確かに自分でもそう思って納得して、
不安定な感情を抑えていたことが何度もあった。

いまは子供たちが帰るのも夕方で
それまでは一人で家にいるせいか、

余計に考える時間も増えたせいか
内面の叫びのようなものが近づいてきた感じなのです。
というご相談でした。

この方はもともと霊感、といっても見える霊感ではなくて
心で感じ取ってしまうほうの感受性が強く
若い頃からあったものが表面化してきたのです。

人ではなく霊の問題がありました、霊視していくと
女性の霊ですが苦しいままに亡くなっていったけれど
苦しみの記憶のままに現世思いが残り

、死んでも行くところがわからないままに
C子さんの意識の中に一部同居していたようなものです。

けれども悪さをするような霊ではありませんでしたが、
C子さんが落ち込んだり悩んだりしたときに、
霊と波長が合うように増幅してしまうこともあったのでした。

数回お会いして霊ともコンタクトしながら説得をし
C子さんも気持ちも変化し浄霊していきました。
その後は内面の叫びの現象はおさまったのです。

人もいろいろ
霊もいろいろ

穏やかな良き日々でありますように

加藤眞澄ホームページへ

霊能者
スピリチュアル 霊魂
[PR]
by dimension-shin | 2017-01-27 08:15 | Comments(0)

苦労 幸せ

努力があるから、充実感を得られます。

苦労もあるから、幸せを知ることができます。


人生は流動しています。

良き日々でありますように。

[PR]
by dimension-shin | 2017-01-25 08:34 | Comments(0)

巡り合わせ きっかけ

たった一匹の動物を救ったって保護したって、
大きな世界は変わらないかもしれない。

それでも保護したり救った人と動物の人生の
小さな世界は素晴らしいものに変わってきます。

ほんの少し手を差しのべて、
ほんの少し時間を共有して、
ほんの少し相手の身になって、

小さなことから世界観が広がります。


A子さん16才のときに引きこもりになって、
心配したお母様が、犬を飼いましょうと提案し、
乗り気ではないA子さんを連れて、里親募集の犬を見に行ったのです。

A子さんは一番すみっこにいた子犬が気になり、見ていると、
「その犬はひどい環境で保護されてきた子で、

いままで何度も繁殖に使われ、
ほぼケージに入れられっぱなしだったようだ」ということ。

「慣れるのには時間がかかるでしょう」といわれたが、
(ほんとはお母様はA子さんが興味を示さなければ、
無理に飼っても犬もかわいそうだからと思っていたそうです)

でもA子さん「どうしてもこの犬を飼いたい、できるだけ世話をするからお母さん」
A子さんはその犬の里親になりました。


何年もずっとケージに入れられ続けていたために、
足は開っきぱなしで、お散歩もほとんど歩けない状態。
A子さんは根気強く世話をして、
特に大きな声にはとても驚くのでやさしく話しかけてあげた。

徐々に犬は歩けるようになり、ご家族にもなついて可愛い。
半年がすぎた頃、A子さん自然に学校に行こうかなと言い始め短時間ずつ通い始めたのです。
どんな環境でも頑張っていき抜いた犬もすごいですね。
すべてが皆さんと同じではないかもしれませんし、動物が苦手な方もいます。

何かがきっかけで、気持ちがほぐされてくるかもしれません。
植物
景色
場所の変化でも良いきっかけが見つけ出せるかもしれません。心も柔軟に
巡り合わせ きっかけも大事に
穏やかな日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2017-01-24 23:44 | 精神世界 | Comments(0)

心の解放

魂が傷つくとか穢れる感覚を受ける方は、
今の生き方に納得できないことや、
方向性が違っているを知らされていることもあります。

あるいは現在や過去の環境や、
人や自分を責めてばかりいる時間が
多くなっているかもしれません。

「生き方を変える」というのは大げさな表現でも、
「考え方を変える」というのはちょっとしたことでもできます。

責めるよりも「否定しない」ことから心の解放が始まります。


a0097419_1959025.jpg





加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2017-01-24 09:29 | 霊的な日常 | Comments(0)
否定的な捉え方ばかりだと
欠点探しばかりで
気が疲れてしまいます

その結果、
口をついて出てくる言葉は、
気が進まないおもしろくない

人への否定から
自己否定に逃げる
誰も自分をわかってくれない・・・

誰も自分をわかってくれないのは当然で、
自分を一番理解して、愛してあげることができるのは

自分自身だからです。

マイナス意識や否定感情がつよいと自分もつかれます。
ため息の連続がでるような言葉は極力最小限にしましょう。
言葉は言霊をもっています。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2017-01-23 09:21 | Comments(0)
仕事で自分だけ、嫌みを言われる
親もうるさい
友人も気持ちなどわかってくれない

おみくじも凶ばかり
今日も良くなかったから
どうせ明日も悪い日だ

そう思っているのは良くない
そんなことはわかっている

わかっていても
とても腹立たしいほど
自分にイライラしてしまう

まるで自分ではないような感覚で
苛まれてしまうこともあります。

否定的に思いこみすぎてしまうと、
自分の不安定な感情に、見えない霊的感覚が
大きく影響されていることもでてきます。

感情がさらわれないように

a0097419_2355243.jpg



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2017-01-22 09:03 | こころ | Comments(0)