霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2017年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

捉われすぎずに

過ぎてしまった出来事ばかり
考えないで

かといって
明日のこと未来のことばかり不安に駆られないで

今日のしあわせ
未来は決まっているとあきらめず

心おだやかに迎えるか
怖くて不安で迎えるか
自分の生きる場所と堂々と迎えるか


心持ちひとつで
出会う人も変わり、
同じ状況下でも、捉え方も楽になることができます。

たどりつく人生の行程を調整できるのです。
日々と明日の不安に駆られないで
捉われすぎずに



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23401817.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-03-31 23:37 | Comments(0)
30代の主婦の方Aさんは、

お仕事も子育てもされて、ご主人も

とてもよく手伝ってくれる方なので、

「自分はしあわせで感謝しているのに、

それでも家にいると主人にも文句ばかり言ってしまいます。

ときには感情が高ぶって

泣きわめいてしまうこともあります。

寂しく、悲しく、腹立たしく、

自分がいやになってしまう。

死にたくなってしまう。

でもこんなに優しい主人がいるのに、

こんなに可愛い子がいるのに、

変なのです。

自分であって自分でない感覚になったりします。

主人は病院にいくように言うのですが、

私自身、どうもそういう病気ではないと思います・・・・」

Aさんはとても感受性が強いので、

感情的にも高ぶりやすいところもあります。

それもご自身がわかっているのですが、

泣いたりするように

コントロールがしずらくなっているときには、

ご自分の意識よりも霊的な意識が

表面的になっているときです。

疲れたり、自宅でリラックス出来ると

内的に抑えていた状態から

表面化してくる場合もあるからです。

落ち着いて深呼吸

これまで守られてきた事を信じて

今のしあわせを信じて感謝

穏やかで良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
by dimension-shin | 2017-03-31 06:52 | Comments(0)

木の精霊

50代後半のA子さんは、いまではお一人で愛犬とともに
市街地から離れた、森林のと自然が多いところに住まわれています。
都会よりも自然が多いところに住みたかったそうです。

ある日、愛犬のお散歩で始めて通る山道で、
一際大きな木の前に来たときに、
「ここにようこそ!」と聞こえたそうです。

A子さん「おそらく声ではなかったのですが、
私の胸に心に、どしんと響いてくるような、力強い言葉でした。
でも愛犬も普通にしていましたので、怖くはなかった。

始めての体験だったと思いますが、
木の精霊と山の守りの意識が、
人間的な言葉として伝わったのです。

その後は森を通ってもそういう声は響いてこないそうですが、
大きな見えないものに、抱かれているような温かさを感じるのだそうです。

いつもいつも聞こえていたら、それはそれで問題ですが、
精霊のいるあたたかい、森、山であるということを大切に
、日々のよい暮らしでありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2017-03-31 04:40 | 霊的な日常 | Comments(0)
人から言われたことや

テレビや書物で気になった言葉が

いつまでも頭から離れなくて

そのことを気にしてしまう人がいます。

たとえば、怖いものの話や映像

病気の恐怖など、

見たり聞いたりして

頭の一部にこびりついたように離れない

感受性が強いと、サラッと忘れない

しばらくの間記憶が鮮明に残ってしまいます。

それでも忘れている瞬間もありますから、

次の良いことに気持ちを動かして

徐々に記憶から放していかれるように

頭から離れない、そのことばかりが気になる

どうしよう、自分は変なんて追いつめて考えないで

次の心配事は増やさないで

穏やかな良き日々でありますように。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
by dimension-shin | 2017-03-30 23:45 | Comments(0)


[PR]
by dimension-shin | 2017-03-30 08:54 | 和み | Comments(0)
A子さんには交際を始めた恋人がいます。
携帯に迷惑メールが入り始めたので、
A子さんは、メールアドレスを変えることにしたそうです。

なにげなく、自分が大ファンの芸能人の名前を入れた
メールアドレスに変更したことを彼に伝えると
、「わかった、でもその名前を使うんだー」
3日ほどして「やはり、俺の名前を入れろとはいわないけど、
○○lovedaisukiというのは、
なんだか気分が良くない・・・」といわれた


A子さんはっきり始めに言わない彼にも腹がたつ、
うじうじいわれてムカつく、メールもラインも、着信拒否にしたのです。
これを聞いていると

う~ん
私の世代とは考え方が違っては来ている時代ですが、
イヤならすぐに連絡絶ちをして、はいさようなら?
ムカつく、ムカつくで周囲を巻き込む

先週まで会いたくて会いたくて仕方がなかった彼でも
メールアドレス変えてメール上の2次元だけでもめて別れる?

相手がいやになった原因を、実際に会って話し合い、
喧嘩もしたり理解もしたり、どうしても接点がない人だと判断しての別れでもなく、
ちょっと短絡的なことが気にかかります。

それにお互い30代と40代の人たちです。
メールアドレスを、芸能人の名前で○○lovedaisuki、と
変更されてしまったら、交際を始めて愛し始めた人の心に戸惑うかもしれません。

一生会うこともない芸能人だからいいじゃない、と思ったそうですが、
恋愛が始まったばかりのナーバスな時期にはいかがなものかと、お話ししました。

相手にも欠点も悪いところもありますが、人それぞれの感性、
そんなこと気にしない同士なら良いでしょう。

でも気も使い合いながら、恋愛し結婚し、生活して、
ときには妥協しながら理解しながら強く結ばれていくのではないでしょうか。

それに、メールだけの質感、温度感がないままに、
会わないで言い合うのは伝わり方が違うのです。
そして思っていることを伝えて、相手のことも聞いて、
納得できるか出来ないかは、そのとき決める。

いつまでもムカつく腹が立つと
周囲に苛立ちを振りまいているよりも、心が決まってきますよ。
恋愛がしあわせにつながりますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_21512967.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-03-28 09:45 | こころ | Comments(0)

穏やかでありますように

過去の出来事が非常にいつまでも、

心から離れずに思い出し、

ときには怒り

ときには腹立たしく

自分が裏切られたような気持ち

許せない、あやまってほしい

謝られても許さない

思い出すときりがない思いが繰り返される・・・

このような感情はとてもエネルギーを使います。

長い期間の腹立ちや怒りは、

自分自身へのダメージも大きいので、

精神的にも肉体的にも病を引き出してしまうことにもならないように、

自分を癒してあげる時間も大事です。

感情的になりやすくて感受性が強い人は、

これ以上感情を高ぶらせてしまうと、

自分の体調が悪くなってしまうことも

感じるはずです。

バランスを上手にとるように、

自分に語りかけることも大切

「これ以上考えても腹が立つだけ、

結論がでる訳がない、

自分が疲れてしまうだけだから、

考えないようにしよう」

少しずつでも、

そんな思いを増やしていきながら、

ご自分をこれ以上傷つけないように

穏やかな良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
by dimension-shin | 2017-03-27 23:04 | Comments(0)

いやなところでもご縁

地方のご出身の方で、「関東に15年住んでいるけれど、
どうしても関東にいると落ち着かない、馴染めない、
地方の実家に帰るとほっと出来るのです。
何カ所も引っ越して住み変えてきたけれど、どうにも心がざわざわします」

この方は特別霊的現象が起こっているわけでもありませんし、
住んでいるところがうるさいわけでもなく人間関係も問題ないのです。

とくに電磁波アレルギーでもない・・・
霊的な問題かと疑問ですが、霊的に見ますと、
ご主人が関東武士の家系でもありました。
それもかなり広範囲に活躍(戦ってきた)してこられた家柄です。


「確かに主人はいつも落ち着きなく、優しい人ですが
人から頼まれたり誘われると、断ることをしません。
主人を見ているだけで私も落ち着かなくなります・・
本当は実家に戻って暮らしたいのです」

そう思いながら10年以上、関東に
住み続けていることの縁ですが、これまではやむを得ないこと。

離婚されるほどご主人が嫌いでないなら、
実家に帰られる時間を増やす程度に差れたらよいのです。

いやなところでもご縁ということがつながっていることもあります。
ご縁は無視できることではないので、
この方のように、何度も引っ越したり、関東はいやだと言いながら、
住んでいることは、引っ越した場所場所で、
氏神様、神社お寺など、過去からの歴史のあるところへ
おまいりに行かれることをおすすめします。

部屋にいて悶々といやだと思っているよりも、
気の流れの良いところへ行かれることの方が良いのです。

詣ること手を合わせること、見えない世界に思いを馳せること。
目に見えることばかりに意識がいきすぎないように。
リフレッシュ

ときには目に見えない世界に心ゆだねることもたいせつにしてください。

穏やかな良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23332659.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-03-26 08:21 | 霊的な日常 | Comments(0)

ご主人が帰宅すると

婦のA子さんは、ご主人が仕事から帰宅すると、
「ときどきですが、いきなりイライラしてきたり、
体の力が抜けるような感じと意味もなく腹立たしくなってしまうのです。

主人に腹が立っているわけではないのですが腹が立つ!
主人に職場でなにかあった?か聞いてみても、
鈍感な主人はなにもないと答えるのです・・・・」



ご主人が帰宅したとたんに、気分が悪くなったり、
わけもなくイライラ感におそわれる方もいます。
独特の感受性の強さから感じとるものなのですが、
空気感が変わることに敏感な人にはこのような気づきもあるのです。

このようなときにはご主人か奥さんが
神棚があるお家では、神棚にきちんとご挨拶してください。

ご仏壇があるお家では、お線香を焚いてご挨拶してください。
どちらもないお家では、玄関のスペースでお水お塩を
それぞれコップにいれて、お香を焚いてください(またはお線香)

乱れた波長がととのってきます。
穏やかな良き日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23184535.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-03-24 00:15 | 霊的な日常 | Comments(0)
人からの評価にばかりとらわれる
友人からもどう思われているのか

職場でもどう評価されているのか
近所からどう見られているのだろうか

たまたま買い物をしたお店の人に
自分はいったいどう思われたのだろうか

嫌われているのではないか
変な人間だと思われていないか

劣っているのではないか
自分のことを噂されているのではないか


人と自分を比べすぎたり、自分が人に与える印象を
気にしすぎて、神経を張りつめてしまっては
ますます緊張感でいっぱいになってしまいます。

人からどんな評価かを気にするよりも、
ご自分が楽であること、気を楽に、
人からの視線が気になりすぎる方は、
霊的な感受性が強いのです。
ご自分の気の乱れを整えることを大事にしてください。

悩んで心を引きこもってしまうよりも、
気の整った神社へいかれたり、肩の力が抜けるような
ご自分の好きな風景のあるところなどいかれることもよいです。
気をため込まないように。
穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_2343551.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-03-21 09:40 | Comments(3)