霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2017年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

新聞を読んでも、雑誌の占いコーナーを見ても、

書かれていることが、全部自分のことを言っているのではないかと、

気になって気になって、いてもたってもいられない方がいます。



もともと人生相談の記事や、占いコーナーを読むことが好きだった人が、

離婚をきっかけに、親戚や友人とのトラブルが続いて、

神経が疲れて来たときから、新聞や占いコーナーの記事を読んでも

自分のことが書かれているのだと思ってしまう。



たとえば「あなたは自分勝手です。努力をしなさい。


今週は最悪の日です。旅行は凶、・・・」などと書かれていたら、

「全部自分のことを書いているから、どうしたらいいか、不安。


まるで自分が見られているのではないか」とまで思ってしまう。


これまでの人生の決断の中で自分が正しいと思う決断をしてきたはずでも、


離婚や人とのトラブルが、自分が悪いからではないかと思いこみすぎて、

なんの言葉も自分への避難と罪悪感に受け止めてしまうと、苦しいです厳しすぎますよ。

ご自分の人生の決断を信じて。


a0097419_23593236.jpg

加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 人との違和感 霊能者


[PR]
by dimension-shin | 2017-07-30 09:21 | Comments(0)
お守りの種類は沢山ありますね。

学業のお守り
商売繁盛のお守り
家内安全
身体健全
病気弊癒
縁結び

などなど種類豊富です。



それでもどれにしたら良いのかと悩むのであれば、
身体健全や健康守りになさると良いです。

何を願っても、心身の健康があってこそ、
願いを叶えられるし、楽しく生きることができるのです。

欲だけが叶っても、
心身の健康が一番たいせつです。

心身ありてこそ
穏やかなよき日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
by dimension-shin | 2017-07-28 18:07 | Comments(0)
20代後半の娘さんがもともと霊感が強かったのですが、
ある宗教にいったところ先祖への供養が足りないから、
変な霊をみるんだと言われて、
会員にはいって毎月相談に来なさいといわれたそうです。 

しばらく通ったのですがいつもいつも先祖の供養が足りないと言われ、
そのうち娘さんに狐(キツネ)が憑いていると何度かいわれてから、
凄く不信感が強くなって、悩まれていました。
a0097419_10261741.jpg

霊査してみるとどうもキツネと言われる姿はありますが、
元々憑いていたのではなくて、
「キツネがついてる」と言った人の意識が強く、覆いかぶさっているようでした。

娘さんはただ純粋に、霊感が強いだけですから
安心していらしていただくようにお母様に伝えました。

すぐにこの娘さんを浄霊していくと
「落ちつきました、今までの不安な状態はなくなりました」
「今日は家を出てくるときから、宗教でいわれた
稲荷さんのようなきつねがずっとみえていたんです」

おそらく、不安の中で宗教にいかれて、
会員に入られ行かれる度に、先祖が悪い、稲荷がついている、
キツネが憑いていると言われて、
感受性がもともと強いために余計にマイナス思考になってしまったのです。
そうなると人の意識に支配されやすくなることさえあります。

霊感は無理に消すことはできませんが、
ひとつの才能でもあることをどうコントロールしながら生活していくかがたいせつです。

霊的な存在も以前は生きていた人間ですから、こころは通じていくものです。

霊によっては聞き分けのないものもおりますが、
それには浄霊をしていかなければならない部分ですが、
しかし人のこころが変わり理解度か深まることで
人も霊も共に納得できていけるものも多いのです。


霊が見えたり、感受性が強いことが悪いのではなく



           加藤 眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2017-07-28 09:26 | 霊的な日常 | Comments(0)

土地もいろいろ

いままでは、自信にあふれて、明るくて、
生きていることが楽しくて
悩みごともなんとかクリアしてきて、
30代のA子さん、
ある日から急に、何もかもが
くらい出来事にしか感じなくなってしまったのです。
毎日がつらい、
仕事もやっとこなしている
趣味も楽しくなくなった。
涙がでてくる。


病院でもうつかもしれないといわれたが、
でもあまりにも急に、
それも悩みもなかったときからの変化。

霊的にはA子さん、
ご自分の住んでいたアパートから
マンションを購入された。

同じ時期に、ご実家もお家を建て替えたり、
環境も変わり出していたのでした。


人間的には悩みがなくても、土地をさわったり
、新しいところの土地霊もいますから、
波長も空気感も違います。
マンションはお清めと浄霊をする必要がありました。

しばらく続けていただくと、A子さん
いつもの前向きな明るさを取り戻して来られたのです。

A子さん「そういえば、マンションに越したときから、
何となく黒い影のような姿を何度か見たことがありましたが、
部屋が暗いのかなーくらいに思っていました。
そういうことは気にしないように突っ張っていたかもしれません・・」

穏やかなよき日々でありますように




かとう眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_22284812.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-07-28 09:23 | 霊的な日常 | Comments(0)

頭の中が混乱

起こった出来事や、人の言葉にも敏感な方は、
気持ちが揺れ動きやすいところがありますが、
見えないことにも過敏になりやすい傾向にあります。

ときには頭の中がごちゃごちゃで、
どうにも考えがまとまらない
混乱してしまっている。

ひどいときには
「自分は生きているのか?
死んでいるのか?わからない」
そんな世界観を感じたときには
完全に霊的影響でもあります。


霊的意識が入り込んでくると、
自分自身の意識が混乱してしまったり、
話そうとしたことがさえぎられたり、
時間感覚が鈍くなったりすることもあります。

ただ、なによりご自分が、
おかしくなったではないかと
悩まないことです。
穏やかなよき日々でありますように



かとう眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_22204366.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-07-26 09:14 | 霊的な日常 | Comments(0)
主祭神
布都御魂大神 (ふつのみたまのおおかみ)
- 神体の布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)に宿る神霊

a0097419_2227592.jpg
a0097419_22274848.jpg


日本最古の神社の一つです
武門の棟梁、物部氏の総氏神
物部氏は神道の祭祀を司る役割でもありました。

a0097419_22291712.jpg

a0097419_22295125.jpg
国宝
七支刀
a0097419_22341349.jpg


石上神宮ホームページ
http://www.isonokami.jp/

天理駅から
徒歩30分
タクシー1300円くらい
バス 午後から
山辺の道をハイキングされる方もおられます。
天理駅から神宮まで、天理教の本部や詰所が続いています。a0097419_2230389.jpg
[PR]
by dimension-shin | 2017-07-24 08:32 | Comments(0)

キュート


[PR]
by dimension-shin | 2017-07-23 22:02 | Comments(0)

感覚が強いと

感覚意識が強いと、まるでエネルギーが吸い取られたように、体が「しんどい」とかだるいと感じられる人もいます。

病気ではないけれど、
昼間でもなんとなく暗く感じたりする人もいますが、

直接に霊を視るわけでも無くても、
何かご自分の前に影が存在するような状態で視えているような状態です。

浄霊していくと、「目の前が明るくなった、さっきまでとても暗かったんです」
と言われる人もおられます。
a0097419_0473340.jpg

霊的影響がなくなると急に視界が開けたように感じられる方もおられます。

子供さんでも霊感が強くて、学校にいくと疲れ果てて帰ってくるお子さんもいます。

「友達も好きだけど、誰かと話しているとすごく疲れてくる、
担任の先生を一所懸命に見ていると、何か先生と違う姿が見えてしまう・・・」など、

現実世界と、霊的世界を混同してとらえてしまうこともあるのです。
だから、目の下にクマをつくって、
エネルギーを消耗して帰宅するお子さんもいるのです。

目の病気でもなく、なんとなく視界が暗く感じるのは、
霊的な影響を受けていることもあり得る状態です。

穏やかな良き日々でありますように



    加藤 眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2017-07-22 09:07 | 霊的な日常 | Comments(0)
たとえば、スーパーで買い物中に、
カゴに入れようと手を伸ばしたとき、

瞬間的に他の買い物客が、さっと!横から手を伸ばして
取ろうとした品物を先に買われたり、

電車の切符を買おうとしたときに、
いままで誰もいなかったはずのところなのに、
さっと横から来て先を越されたり、

何度も人にぶつかってばかりいる日や、
行くところ行くところに同じような人を目にしたり、
さまざまな場面でそのような経験をされた人もいるのではないでしょうか。
a0097419_11354518.jpg

気持ちがフラフラしているからです! 
といえばその一言で片付いてしまうでしょう。

しかし誰でも気持ちが一定で、
常に安定している訳ではありません。

一瞬の油断とか隙があるのは当然です。

特に感受性や霊感の強い人は、
その隙をつかれるようなことに対して、
とても「ダメージ」を受けやすいことがあります。

そして霊的なものが介入していると、
信じられないほどの速さで誰もいなかったはずのところに
走ってでもやってくる現象さえ起こります。

精神的に落ちこんでしまい、なぜいつもそうなるのか?
 見えない苛立ちに襲われたりすることもあるでしょう。

その気持ちのままに感情をどこかにぶつけても、
さらにエスカレートして苛立ちだけが募ってしまいます。

油断と隙がどこかにあることを自覚して、
取り込まれないように、なるべく気持ちを集中させて、
そして自らの性格性質を上手にコントロールすることです。

家で5分でも瞑想をしたり、
もし激しい落ち込みや苛立ち感が起こるのなら、
ほんの少しどこかで休んで心(胸に)片手をあてて
深呼吸を何度かすることで落ち着きがでます。


「気持ち」をよそにもっていかれないように、少しの休息は精神的な栄養剤にもなってくれます。

加藤眞澄 ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2017-07-20 08:55 | 霊的な日常 | Comments(0)

ノイズ 霊的な介在

電話で霊的な話をしていると、
ものすごい砂嵐のような雑音と、
ブチブチ途切れてしまうこと、

ときには電話が完全に
切れてしまうこともめずらしくありません。

また相手の方にこちらの声が
まったく聴こえなくなったりなどなど・・・

ただの電波異常でないことがはっきりわかるのは、
霊的な核心を突くお話しになったとたんにおこるのです。

例えば出張などのお話をしているときに
家の場所を伺っているときなど
急に雑音が激しくなったりするのです。
a0097419_11472744.jpg

霊も磁気を帯びていますから、
人の話を聞きながら霊たちの感情が動き出すと
エネルギーが集中してくるように、
言葉ではなくエネルギーで
答えがかえってくるようなこともあります。


霊的な介在にはいろいろありますが、
電話が切れてしまうようなときには、
マイナスエネルギー(負が多い)に満ちています

不浄仏霊の固まりだったりします。
もしもみなさんがどこかに行かれたりした後に、
友人同士でも電話で話しているときに
そんなことが続くようなら、
神社かお寺へ出かけて参拝してください。

それほどひどくなければ、
それで波長が変わりますからおさまってきます。
気持ちの良い神社かお寺で、心から手を合わせてください。


心からって?・・・今のご自分の精一杯の心でいいのです。
かたく考えすぎないで大丈夫です。


加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアル

[PR]
by dimension-shin | 2017-07-18 08:49 | 霊的な日常 | Comments(0)