霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2017年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

スタイルにかんしては、
モデル並みの細さが
素敵だと思われています。

まだ中学生の、娘さんA子さんが、友人仲間に「足が太いね」
そう一言いわれてから、

家で食べては吐き戻してしまうようになってしまったのです。


お会いしてみても、
太っていないし、
足もまったく太くない。
スタイル良いのです。


それでも人に言われた一言に縛り付けられ、思うように食事ができない。 

A子さん「人から見られて自分は醜いのではないかと思ってしまう。

なんだか足が太いねっていわれてから、私急に自分が醜い気がするようになって、

気持ちがどうしようもなくて・・・・」

お母様といらしたA子さん
そう言うと泣き出してしまいました。

年齢的にも感受性が強いのと、
A子さんはとても人に気を使いやすいので、

何気ないことばに、激しく気づついて、落ち込んでしまったマイナス意識に引き寄せられたように霊的影響も出てきます。


浄化させて、A子さん本来の明るい意識を戻していけるように浄霊もして、
ようやくおさまってきました。

いまは普通に食事して、
元気にされています。
穏やかなよき日々でありますように


・今年は早々と冬支度
冷えてからでは遅いです
お体お大切に

[PR]
by dimension-shin | 2017-10-19 12:24 | Comments(0)
ここ数日どんよりした天気と
いきなり気温が下がってきて、

体調が崩れて具合も悪くなりやすいので、

首、手首、足首、冷やさないようにあたたかく

朝起きた時に、寒い、冷えてると感じたら
ミニカイロを腰に貼って大切になさってください。


落ち込むとご自分の元気が低下してしまいます。
悪いことばかりを思い出したり、
悲しんで、ますます体調が悪くなってしまいます。

ご自分に元気をもらえるところに出かけてみることも
エネルギーを満たしてくれるのです。

どこって?決まってはいません。
人によって違うからです。

例えば
おいしい食事だったり
温泉だったり、 山 海、
映画だったり、
神社だったり、

ご自分が元気になれるところはその時によっては違っているからです。

天に向かって呼吸するだけでも、「気」が満たされることもできます。

季節の変わり目、お体お大切に


[PR]
by dimension-shin | 2017-10-18 22:57 | Comments(0)
霊が昔の人なら,
どうしていつまでもこの世にいるのでしょうか
ご自分で霊の存在を理解されている人でも、

「霊が昔の人(霊)なら、どうしていつまでもこの世にいるのでしょうか?」
と疑問をもたれていることもあります。

現在の私たちはスピリチュアルなこと、魂のこと、
明らかではないにしても「ある」ということが、
宗教的にも情報的にも受け入れられて知っています。

けれども昔は、情報もなければ霊界のことを知らない。
知らないから、すべての人(霊)が成仏できなかったのではなく、
執念や思いが集約されてしまったために、人の世界にとどまってしまう。

昔は電話もない、車もない、飛行機も、パソコンも、電報も無線もない、
周囲の人たちの口伝えで情報を得る時代であったはずです。

情報範囲も狭い中で、選択肢も少ない状況で、
特に戦いで無我夢中に亡くなった人、貧困に苦しんだ人、

満たされない中で、我欲が強い人
そういう人(霊)たちが、
「死」をむかえて、思いの中で時間がストップしているのです。

「もうすでに終わった」という気持ちがないからです。
それが人間界に近いところに居続けている不成仏霊でもあるのです。

霊となってそこにとどまる霊
人の意識に影響する霊

それぞれですが、「なぜそんなに昔のことが・・・・」
と思われるでしょうが、そんな昔の、見えない 
やり残した、片づけごとが、できる平和な時代でもあるためです。

そして過去の不幸をひきづらないためにも
だからこそ、現代で過去の霊たちの片づけごとが出てくることもあります。


穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2017-10-18 08:44 | Comments(0)
肉親を亡くされたり、
とてもショックなことが続いてしまうと、

神経の疲労から過呼吸になってしまうこともありますが、
感性が強い方は過呼吸になりやすく、

病院で検査をしても問題がないといわれる方もいます。
見えない影響を受けやすいのと、

霊的な容量を超えてしまうと息苦しいほどに違和感を感じられたり・・
病気ではなく感性が強いことが影響していることもあります。


気持ちを落ちつけて、ご自分の好きな場所のイメージをして、

森林の中にいる自分
山の上にいる自分
きれいな水の風景の中にいる自分
朝日の光を浴びている自分
空にいる自分 など

リラックスできるところを思い浮かべて
ゆっくり呼吸をしていくことを大切に
乱れた波長を整えていかれること
穏やかにさらにおだやかに



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者
[PR]
by dimension-shin | 2017-10-16 08:24 | こころ | Comments(0)

愛情に引き寄せられた霊

まだ一歳の子供さんが、
毎日夜中の2時過ぎに、いきなり泣き出して、

抱っこしてあげるとしがみついて泣いて、
小一時間するとおさまって眠りにつく

病院にもつれて行っても、
すぐにおさまるのだから心配しないように言われる。

母親のK子さん
「でも泣きながらしがみついて私の顔を見るとき、
子供の顔つきが、まるで大人のように目付きが据わっていて、

怖いと感じることがあります。霊的なことがあるのでしょうか?」

お子さんを拝見していると、
お子さんに重なるように霊の姿が出てきます。

愛情を求めて、
親の愛を受けている子供さんに近づいたのです。

K子さんのお子さんは感性が強いため、
霊を感じ取ってしまい、泣いて表現するしかありませんでした。

さっそく浄霊し、お守りもお渡しして
お子さんの異常な夜泣きはおさまってきたのです。
穏やかなよき日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
by dimension-shin | 2017-10-15 08:50 | Comments(0)

真夜中の轟音

 

A子さんは2階で寝ているのですが、
ある日の真夜中に階下(一階)でコトコト音がする、
セキュリティーシステムがあるので人の気配ではない。

翌日の夜中も、その次の日も・・・・

すぐ近くに住む妹さんご夫婦に話すと
「家はどこからかわからいけど、夜中にドッカ~ンという音がする。

2人で飛び起きて電気をつけて隣近所を見回すほどの、
大きな音!でも隣近所、誰も起きていない。

この妹さんご夫婦も霊感が強いのです。

a0097419_00125408.jpg

「どうも最近造成を始めた裏山の霊的騒ぎのようです。
もともとお墓も多く、造成のために一カ所に墓石を集めてしまったり、
山は掘り起こしたりしますから、霊的に感じる方には、いろいろなしらせがきます」

この周辺に住むことが、縁があるので、霊的現象が強いときには、ご自宅の守りと、
土地のつながりで改めてお清めをされることも状態を安定させてくれます。

 

加藤眞澄ホームページへ スピリチュアルなこと 精神世界 心  感情 霊的体験 人との違和感 霊能者 


[PR]
by dimension-shin | 2017-10-14 08:20 | Comments(0)
以前にお家の財産を相続をされると、
霊的にも因縁も相続することにもなると書いたことがありますが、
それを読まれたかたが、「相続はこわいから親の相続もするのはどうしよう~」
と悩まれた方がいました。

因縁めいたお家で一番問題がでやすいのが、
相続の段階で、誰がいくら貰うのとか、
自分だけのものだとか、非常にお金に貪欲になる人がでて

揉め事になったりする場合、
遺言書もないのに、遠くの親戚が、
自分がお金を貸したことがあるから、財産分けしろなどど
訳のわからないことを言う人がいることが因縁でもあります。


確かに相続は霊的にも受け継ぐことも多いですが、
もめ事もなく、穏やかな相続な場合には問題はないのです。
受け継いだあとにどうするのかの方が大事です。

家の因縁もなにもかも受け継ぎたくないから、
いらないー。と避けることよりも、もし相続されたら、

今後最低限に必要な金額はいただいて、
それでもご自分にとって多額なら、
人生が狂うほどなら、一部寄付していくことだってできます。
さまざまな活動で、資金が足りないところは山ほどあります。

お金は正しく使っていかれることで、
生かされたものに変化します。

ある女性は、相続をされて家と土地は大事に住むことにして、
家賃が必要ないのでボランティアを始めた方もいます。
使い方次第で生かせるものであれば、因縁を引きずることはありません。


いろいろ考え方はそれぞれ
穏やかな良き日々でありますように


加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_2357444.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-10-12 07:50 | Comments(0)
愛されないのではなく
  自分を愛そうとしていない

嫌われているのではなく
  自らを嫌ってしまっている

人のせいにばかりに
  逃げて責めてしまわないように

自分自身を大切に 好きになること
愛することから変化のはじまり

穏やかな日々でありますように

人も責めず 自分も責めず
     



<a href="http://dimension-shin.com" target="_blank">加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2017-10-10 08:08 | Comments(0)

愛犬を亡くされて

3歳の愛犬を庭で遊ばせていたときに、
飼い主のB子さんが油断した隙に、

愛犬が道路に飛び出して、
あっという間に車にひかれて死んでしまったのです。

B子さんは可愛がっていたのに、
自分が死なせてしまったとひどく落ちこんで、
外もでられなくなってしまったのです。

いま愛犬がどうしているかの依頼がありましたが、
犬は恨んでもいないし怒ってもいない、

死という認識はありませんが、
B子さんが元気がないことは伝わります。

むしろ亡くなった愛犬の方が
B子さんを心配している感じで、
霊査してもそばにいるのです。

B子さんが早く元気にならないと
愛犬も心配したままです。

それに愛犬はまだ家の中で
共に生活している感覚がのこっています。

不可抗力の事故という運命でしたから、
いつまでも責めていると愛犬も悲しむことになります。

つらいけれど乗り越えて進むようにお伝えし、
人と犬のご縁と運命があることをお話しして
小さなお位牌に御魂入れをし、
その後B子さんは元気になってきたのです。

不思議なことに一年くらいしてから、
友人が半ば強制的につれてきて飼うことになった子犬は、
見かけはまったく以前の愛犬とは違うのですが、
やることなすこと性格が以前の犬によく似ているそうです。

「外に勝手に飛び出さないように、
厳しい訓練はしている」とのこと。

つらい思いでは今後の良き教訓になります。
しあわせがつながるように祈っています。



*ペットとしてして飼われた動物は、
人の心を映すように反応してくることも多いのです。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
by dimension-shin | 2017-10-09 08:08 | Comments(0)
友人知人と会話したり、

何気なく手に取った本や、

耳にした言葉に一言がとても気になったり、

街で目に付いた広告や言葉が

心に印象的に残ることもあります。

それはご自分にとって意味のあることが多いこと。

何度も同じようなことが気にかかるときには

自分にとって必要とすることが含まれていて、

守護からのメッセージでもあります。

日々日常の中で、

心に浮かび伝わることにも大きな意味が含まれています。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_23163796.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2017-10-09 06:17 | Comments(0)