霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin
Bさんは、高校生の娘さんの母親です。


Bさん
「私はもともと勘が鋭いところがあり、

仕事でも次はどのような展開になっていくのかも自然にわかるのです。
ただ人と話していたりすると、急にイライラしてくるようなこともあります。

感情を抑えることはできますが、そういうときはとても疲れます。
そしてそういう日に帰宅すると、
小さなことでも部屋にいる娘に怒鳴り付けたり、
責めたりしてしまうのです。

ひどいと30分くらい、娘をお説教して・・
というよりは感情をぶつけてしまいます。

娘は穏やかな性格なので、だまって聞いている感じです。
私はしばらくして気持ちが落ち着いてくると、
どうして娘に八つ当たりしてしまうのかとひどく落ち込んでしまいます」


この場合は、母親がとても霊的に影響をされやすいのです。

勘が鋭いということは、ときには霊的なことにも反応しやすく、
受けてしまうことが積み重なってくると、
自分の感情に影響が強く出るためにコントロールしづらいこともあります。

気を整えて、浄化し、
今後はお家のなかが、清められる場所にするために、
お近くの氏神様をまつられたり、

自宅をお清めしたり続けていただくようにし気持ちも落ち着いてこられたのです。
穏やかによき日々でありますように


加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_0233150.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-11-09 08:21 | Comments(0)

悩みこんでがんじがらめ

感受性の強い方が増えていますが、
霊が見える感受性の強さや、人の言動が気になって気になって仕方がない、
街で出会った人が、気になってしまい心から離れられなくなったり、
環境の変化になじむことが、時間がかかってしまい、

新しいことに挑むことが苦手、
時にはパニックにもなりやすく、涙が止まらなくなったり、

イライラ、怒りが襲ってきたり、
気持ちでは平和を望んでいても感情が上手くコントロールできない。

苦しみはいつまでも引きずらないように
自分の心の中にたまった感情を手放せるように

人に話をすることも大事
わかってくれないとイラつかないで穏やかに
悩みこんでがんじがらめに縛られないように

空を見上げて深呼吸
新たな明日をこわがらないように
穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
# by dimension-shin | 2017-11-07 08:31 | Comments(0)
K子さん(40代)はご両親とお姉さん(50代)と平穏に暮らしていましたが、
ご両親が高齢で亡くなり、一年ほどした頃に、
お姉さんがK子さんに、

「この家は私のものだから、K子は出ていきなさい。
私の家にいつまでも居座らないで!」と、
やさしいお姉さんが人が変わったようになってしまった。


K子さんは仕方なく実家を出て、暮らしていますが、
「どうして姉は変わってしまったのでしょうか?
何かにとり憑かれているのでしょうか?」
ととてもご心配されていました。

霊的にみていると、憑く霊はいますが、
憑くというより呼び込んでしまった霊です。

ご自分の心が呼び込んでしまう霊もいます。
はっきり申し上げて、お姉さんご自身が、
物に(家にも)執着があるのと執着が強いのです。


K子さん「たしかにそうかもしれません、両親が生きている頃も、
姉が全部お金の管理もしていましたし、
相続も私は通帳に残った額を姉と半分相続はしましたが、

そのときに家は姉がすべて相続したいがそれで良いか?と聞かれ
これからも姉妹で平和に暮らせることに一縷の不安もなかったので了解はしました。
その後、姉が私に出ていけとまでは言うとは思わなかったです・・・・」

K子さんは財産には執着はされていませんが、お姉さんに出て行けと言われたことがつらい・・・・
お姉さんは簡単に浄霊でとれないこと、

とっても我欲が強すぎて、また呼び込んでしまうことをお話しして、
K子さんの人生を今後どうして守って行かれるかを考えて、
ご先祖、神仏を大切に

ときおりお姉さんが愚痴を言うためにK子さんに連絡が来ると、
K子さんとても気分が悪くなり、からだの力が抜けてしまう、
気が入らないほど疲れるとのこと。
お姉さんの負が強すぎるのです。

そのときはすぐにおまいりもいけないのでしたら、
お香をたいて、窓を開けて玄関かベランダにお水をまいて、
先ずは気の入れ換えをします。
少し落ち着くはずです。
人生急な転換期が訪れることもありますが、
窮地でもしあわせを探して、ひとつずつご自分らしく、穏やかに




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_23372868.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-11-05 08:32 | Comments(0)

善き思いを大切に

思う方向へ
思う仲間に出会います

人だけとは限りませんが
思う情報や出会いがつながっていきます

不安は不安にであいます

憎しみは憎しみにであいます

希望は希望にであいます

笑顔は笑顔にであいます

思う力と出会う力に引き寄せられてつながりができてきます
どなたにもあるスピリチュアルに導かれて

よき思いを大切に

穏やかによき日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_029522.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-11-03 08:49 | Comments(0)
ある女性は、友人とのつきあいもするし、
物事の判断もできるつもりでいる

日常の生活はしているけれども、
それがいつもなんだか楽しくない。

ニコニコできる性格ではないので
仕方がないかと思ってきたが、
人前ではつくり笑いにせよ笑顔もみせられる。

問題はときおり心の中で
押し寄せるようにくる焦燥感がやりきれない

出口のない暗闇に自分がいるように感じて、
苦しくてつらくて奈落の底にいるような・・・・・

質感を伴ったようにかんじるときだったり・・・・
感性のとらえ方は異なるかもしれませんが、

それが霊的な影響だったり、
現実と内面の意識のギャップだったり、
家族や周囲の影響を受けすぎてしまい

自分の意識が希薄になっていることなど、
さまざまな理由があります。
表の見える自分だけがすべてではありません。

内面との調整がぶれてしまうとき、時には浄霊も必要ですが、
深呼吸は大事。

気のよい神社は整います。

良き風景は新たな明日に勇気をくれます


a0097419_11234963.jpg


加藤眞澄ホームページへ

霊能
精神世界
不思議

[PR]
# by dimension-shin | 2017-11-01 08:49 | Comments(0)

自分を追い込まないで

人の意見にばかり振り回されていませんか?

いつも自分を卑下していませんか?

人の良いところは見つけるくせに、
自分の良いところは気がつこうとしないままではありませんか?

人から見られることばかり気にしていませんか?

自分をいじめないで

自分を愛して

自分を好きになって

自分を信じて

自分を大切に




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2017-10-31 08:36 | Comments(0)

山の合宿から戻ってから

高校生のB子さんは、お母様とご一緒にこられて、
部活の合宿で2日間、山の合宿から戻ってから、
いろいろなことが起こりはじめ、

穏やかなB子さんがとてもイライラするようになった。
寝てばかりいる。

几帳面なB子さんが、
小さなものをなくすことが何度もある。

うっかりミスが続く。

体が重たい・・・
友達と出掛けるのが鬱陶しいと言いはじめた・・・・
そういうことでのご相談でした。

霊査すると、
合宿所の周辺にいた霊が何体か憑いています。

B子さんの感受性が霊たちにとっては
救いの輝きにみえたのです。

すぐに浄霊して、
体の重さもとれていきました。

今後合宿があるときには、
必ずお守りをもっていくことを忘れないように。
穏やかなよき日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2017-10-30 08:26 | Comments(0)
30代のAさんは、
時々大声を出したいくらいに「心の中の誰か」のように
苦しくてつらくなってしまうときがある。

これまでは家事や育児に追われていたけれど
思い出してみると結婚前の学生の頃もときおり
叫んでしまいたいような不安定な感情に襲われたことが何度かあった
a0097419_11125584.jpg

その頃両親にも話しをしたら
「気が短いからイライラするんだ
叫んでしまいたいほど悩みもないだろう」といわれて

確かに自分でもそう思って納得して、
不安定な感情を抑えていたことが何度もあった。

いまは子供たちが帰るのも夕方で
それまでは一人で家にいるせいか、

余計に考える時間も増えたせいか
内面の叫びのようなものが近づいてきた感じなのです。
というご相談でした。

この方はもともと霊感、といっても見える霊感ではなくて
心で感じ取ってしまうほうの感受性が強く
若い頃からあったものが表面化してきたのです。

人ではなく霊の問題がありました、霊視していくと
女性の霊ですが苦しいままに亡くなっていったけれど
苦しみの記憶のままに現世思いが残り

、死んでも行くところがわからないままに
C子さんの意識の中に一部同居していたようなものです。

けれども悪さをするような霊ではありませんでしたが、
C子さんが落ち込んだり悩んだりしたときに、
霊と波長が合うように増幅してしまうこともあったのでした。

数回お会いして霊ともコンタクトしながら説得をし
C子さんも気持ちも変化し浄霊していきました。
その後は内面の叫びの現象はおさまったのです。

人もいろいろ
霊もいろいろ

穏やかな良き日々でありますように

加藤眞澄ホームページへ

霊能者
スピリチュアル 霊魂
[PR]
# by dimension-shin | 2017-10-30 08:09 | Comments(0)
大切なものをよく無くしてしまう
物をよく無くしてしまうAさんは、

うっかり置き忘れてしまったり、
落としていたり、お財布、カギ、書類、保険証など、
通常はうっかり無くすことが少ないですが
、Aさんは気の流れが悪くなると、とたんに気がとんでしまう方です。

「気が滞る」と現象が現れやすくなる方もいます。
病気でもないのに、日常的に忘れっぽくなる、
考えがまとまらない、いま言われたことが理解できない・・・など

Aさんはときおり浄霊にこられますが、
普段から神社や緑や自然の気が満ちている
ところに、行かれるようにお伝えしているのですが、

日々の多忙と雑事に追われて、
おろそかにしてしまうと気が滞り、
霊的にも引き寄せてしまうのです。

見えない世界の片づけごとも
おろそかになりませんように。
穏やかな日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_154304.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-10-28 08:50 | Comments(0)

きっかけ

たった一匹の動物を救ったって保護したって、
大きな世界は変わらないかもしれない。

それでも保護したり救った人と動物の人生の
小さな世界は素晴らしいものに変わってきます。

ほんの少し手を差しのべて、
ほんの少し時間を共有して、
ほんの少し相手の身になって、

小さなことから世界観が広がります。


A子さん16才のときに引きこもりになって、
心配したお母様が、犬を飼いましょうと提案し、
乗り気ではないA子さんを連れて、里親募集の犬を見に行ったのです。

A子さんは一番すみっこにいた子犬が気になり、見ていると、
「その犬はひどい環境で保護されてきた子で、

いままで何度も繁殖に使われ、
ほぼケージに入れられっぱなしだったようだ」ということ。

「慣れるのには時間がかかるでしょう」といわれたが、
(ほんとはお母様はA子さんが興味を示さなければ、
無理に飼っても犬もかわいそうだからと思っていたそうです)

でもA子さん「どうしてもこの犬を飼いたい、できるだけ世話をするからお母さん」
A子さんはその犬の里親になりました。


何年もずっとケージに入れられ続けていたために、
足は開っきぱなしで、お散歩もほとんど歩けない状態。
A子さんは根気強く世話をして、
特に大きな声にはとても驚くのでやさしく話しかけてあげた。

徐々に犬は歩けるようになり、ご家族にもなついて可愛い。
半年がすぎた頃、A子さん自然に学校に行こうかなと言い始め短時間ずつ通い始めたのです。
どんな環境でも頑張っていき抜いた犬もすごいですね。
すべてが皆さんと同じではないかもしれませんし、動物が苦手な方もいます。

何かがきっかけで、気持ちがほぐされてくるかもしれません。
植物
景色
場所の変化でも良いきっかけが見つけ出せるかもしれません。心も柔軟に
巡り合わせ きっかけも大事に
穏やかな日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
# by dimension-shin | 2017-10-26 08:44 | Comments(0)