霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin
天台宗の寺院です

創建 830年(平安初期)
円仁(慈覚大師)
伏見天皇の時代

関東天台宗の本山とされた

徳川家の崇敬も篤かった寺院です。

a0097419_2334513.jpg


平日でも参拝の人も多く、
川越大師と親しまれているお寺です。
ご本堂の手前にお線香をたてられる香炉はあります。

ただし、お線香はご本堂の中で一束100円で販売されています。

a0097419_2351474.jpg

*五百羅漢さんも有名です


喜多院ホームページへ
a0097419_2365643.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-15 00:07 | Comments(0)
K子さん(40代 主婦)の実父さんは、
常にわざわざ、いばらの道を
あえて選択してきた方だそうです。

辞めたほうがよい仕事も、絶対にやめないで
結局借金を重ねて駄目になる。
病気の治療も、どの治療法にするか、

提案されると
あえてきつい治療の方を選択したり
その結果父親は
「自分ほどこの痛みや辛さに我慢できる人はいないだろう」

K子さんは、そんな風に勝ち誇ったように話す父親をみていると、
「涙が出てきます、辛さを受けるのが素晴らしいことだと思っているみたいで、
そんな父を見てきた私も、同じように苦痛を選んでしまうのではないか、
自分の家族を不幸にしてしまわないかと不安になります」

このご実家には、ご先祖もお祀りしていない、
お墓もわからない。

神仏に参拝したこともないなど
きりのないほど問題はありましたが、
肝心の父親が、身をもって苦を選択してしまってはどうしようもありません。


K子さんだけでも今後、
守られていかれることを優先して考えることが大事です。
親子でも持って生まれた魂は違います。

反面教師というように、
親子でも親の嫌なところをみて

同じようになろうとするのではなく、
自分はああなってはいけない、
そばにいる人も、自分もしあわせになれない
自分をいつも追い込んでいる必要はないのですから、
しあわせになって良いのですよ


※K子さんにはご実家の
お墓もわからないご先祖のご供養をまずお願いして、
ひと区切りつけることで少し心が落ち着かれてきました。

K子さんは、ご主人とお子さんとの家庭で
しあわせにならなければいけないのに、

しあわせだなと思うことがあると、
いつも楽しんでいけないという心が働いていたのです。

心に呪縛はかけないで
おるがままに、しあわせの方を選択して
穏やかなよき日々でありますように
a0097419_23144147.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-14 23:25 | Comments(0)

お榊は浄化


お家の神棚のお榊が、
早く枯れてしまうといわれる方が多いです。

いつもは2週間もつお家でも、
一週間でダメになってしまったり
早いときには数日だったり

お榊は、神の依代でもありますし、
気が乱れていると、わかりやすいほど元気がなくなります。

今年は異常な、事件事故もあり台風や
災害もつぎつぎ起こり、気のみだれも激しいのです。



お家で神棚をお祀りされている方は、
枯れたお榊をそのままにしないようにしてください。

できるだけ、新しいお榊と早めに交換。
新しく交換されて柏手をたたいてみると、
音の響きもよくなってきます。



気の流れが変わるのを実感。
また、神棚をお祀りされていないお家でも、

一束でもお榊をお部屋に置かれてもよいですから、
お部屋に生けられても、浄化できます。

通常はお榊は、一対(2束)で販売されていますが、
スーパーのお花やさんでは、一束で
販売されていることがありますので、
お部屋で生けられる場合にはその方が良いかもしれません。

気が乱れていると、
早く枯れてしまうことがわかると思います。
どちらにしても、枯れてきたお榊は
早めに交換されることをおすすめいたします。

穏やかな良き日々でありますように。

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-13 09:43 | Comments(0)

価値は生きること

勤めている仕事に自信がない
自分に価値がない
人から誉められても、信じられない
無意味なことばかり
結局なにに関しても、自分が遠くにいるような感じでしかない・・・
いくら豊かな時代でも、悩みはつきませんね。


最近は自分が何者で、何がしあわせとして生きていけば良いのか、
自分の価値観がないと考えてしまう人もいます。

価値でばかり見定めてしまおうとするから、
余計に複雑になってしまうのではないでしょうか。

ただの物質のようにお金やそれに値する金額のように、
何か答えを求めようとしてしてしまうと苦しいですね。

だって名誉があって有名であれば
それだけで価値があるというものではないでしょう。

見た目の価値だけを求めるよりも、
ご自分がしあわせでいられることを、大切にされることです。

毎日起きて顔を洗って、
食事をして仕事や勉強や何かを考えたり・・皆同じです。

小さな人生も、ほとんどの人は同じです。
その中で生きて、日々ご自分の満足を増やしていくことで、
まずご自分に満足できることが、人との関係もよくしてくれます。

食べて美味しく感じるしあわせ
自分を気遣ってくれる家族がいるしあわせ
知り合い友人のいるしあわせ
ここまでたどり着いた人生のしあわせ
つまらない人間はいません


似たような日々の連続かもしれませんが、
紆余曲折を乗り越えてきた大きな人生でもあるのです。

「生きる」を共有している世界でもあります。
人の思いは、波及もしてきます。

しあわせひとつ、小さなことでも大切に
芽を育ててください
生きていることが価値
価値は生きること


穏やかな良き日々でありますように
[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-11 09:37 | Comments(0)
疲れても
仕事がたまっても
揉め事があっても
自分が評価されなくても

心が虚しくなって
生きているのが嫌になる
もうこれまで頑張ってきたのにまだまだ



「自分にどうしろと言うのか、どうしたらいいのか、
生きていたって、苦労したって、生きているのがいやになる。無理に生きていたって、
人生途中で生きるのを辞めたら、地獄で同じ目に会うといわれてもその方がいい」



とまで追い込まれる人もいますが、
たとえば生きることを辞めたら、
即地獄という世界に落ちるというのではなくありませんが
その時点でご自分が納得した寿命をたち切るのですから、
そのままの気持ちで霊的な世界に移行するだけです。

霊的な世界のほうが、
楽しみをつくってまぎらわすこともできますが、
霊的にはそういうこともできませんから、精神的な苦痛はより大きく感じることにもなります。
どうか生きてきたこと、いままで守られてきた運命を粗末になさいませんように。

大事になさってください。
穏やかなよき日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2338698.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-09 23:41 | Comments(0)

身 心 魂

人生の中で起こる出来事の中で

身は(肉体は) 騒ぎ立て

心は(心霊は) 受け止め

魂は(真我)  縁を待つ

肉体的な自分は、些細なことにも騒ぎ立て
感情の波もたち、心もゆるがされてきますが、
出来事を受け止めようと、働きます。

そして真我である魂は、ことがおさまり、
次の流れがでてくることの縁を静かに待っています。

心のバランスは、肉体と心と魂と
よきバランスが保たれてゆるやかに

ご自分の中の「静と動」、

おだやかな日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23575497.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-09 00:50 | Comments(0)
中学生の娘さんで、幼い頃から、
ご両親と神社やお寺にお参りする機会が多かったのですが、
この半年くらい、神社の夢を頻繁に見るようになったのです。

「でもどこの神社かもわからないし、
いままでお参りで行ったところにも、
似ているような、違うようなはっきりしません」
とのこと。

どこの神社へいきたいということでもなく、
いままではご両親に連れられて行っただけの感じですが、
この娘さんが自分で考えていかなければならない時期でもあります。

神社には行っても、
自宅の神棚は朝晩お参りしていますか?
自分で毎朝のお水は取り替えていますか?
出掛けて参ることだけに集中していませんか?

まずご自宅のことから大事にして、
そうしてできたら、次のヒントがあると思いますよ。
穏やかに良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-07 00:37 | 夢・ゆめ | Comments(0)

山の墓所

S子さん(30代)はぐ結婚を目前にして、
「なにかこのまま結婚してよいのか、考えてしまいます。
相手の方は大好きです。
でも私の家が地方の旧家で、私は一人娘なので、
あとを継ぐ人はいなくなります。
両親はそれでいいと言ってくれるのですが・・
なにかやり残した感じで気になるのです」
そうおっしゃるのです。


S子さんとお話ししていると、
ひどく喉が渇いてきます。
S子さんも「実は先ほどからのどが渇きます」とのこと

ご実家のことやご先祖のお墓もきちんとされています。
でもお墓が気にかかり伺うと、
確かに祖父母さんからのお墓はお寺にきちんと建てられてありますが、
それ以前のお墓は山の上で、昔 集落の墓地だったそうです。

お寺に新しいお墓を建てたとき、
新しい方にお御霊を移していただいたそうですが、
古い墓石は山に残しているそうです。

新しいお墓を建てられてもそれでも、
もともと代々が守られてきた墓所に残る霊もいます。

車も入れない、山の上なので大変ですが、
ご結婚前に、最後になるかもしれませんが
ご報告と、きちんとおまいりにいかれ、
お水とお供えと、お線香を焚いて
こられるとよいです。
やり残した感じも消えるはずです。

その後、S子さんご実家の山の上の古い昔の墓所に行かれたそうです。
途中の山道をお父様が草を刈りながら一緒にいかれて、
「そのときにものすごくのどが渇いて、父も何度もお水を飲んでいました。

墓所で、お墓石にもたくさんお水をかけて、
お供えもして落ち着いてきたのです。
うれしくて、祝福されているような、何とも言えない気持ちになりました。
父親も元気なうちは、たまに山の墓所にも行くようにすると言っていました」

うれしいご報告でした。
穏やかで良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23163387.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-05 00:04 | 霊的な日常 | Comments(0)
ある方の子供さんが生まれて数ヶ月のころから、
赤ちゃんなのに、ものスゴい激しい泣き方をしたり、

幼い頃から非常に、感受性が強い、
それでも幼稚園や学校に行くようになると、
外(学校や友人)には普通におつきあいしている。

ただ、自宅に戻ると非常に乱暴な言葉を言ったり、
とり憑かれたように、「恨んでやる」
というようなことを言ってきたり、
感情のコントロールができないので、
ものを投げたりしてくる。

それも家の中だけで、
外ではまったくそんなことはないのです。

こういうケースの場合は、
家、土地の問題
ご先祖の問題
子供さんの霊的な問題と体質

いろいろな側面から理解をして
解決していく必要があります。

感受性の強いお子さんは幼いときから、
感情が激しいこともありますから、

善悪の見極めのためにも善きこと悪しきこと、
普通よりきびしくはっきり教育される事も大事です。
穏やかで善き日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-04 21:21 | Comments(0)
亡くなってから49日で納骨されることも多かったですが、
いまは葬儀と初七日と納骨と、同日になさることも増えています。

遠くのご親戚など何度もこられないなど、
様々な理由がありますが、かなり簡略化されてきています。

その反対に、ご遺族のお気持ちで、
なかなかご遺骨と別れがたく、
長い間お部屋に置かれておられる方もいます。

お気持ちはわかりますが、49日や一周忌を目安に、
ご遺骨をお納めになることがよいと思います。

いつまでもそばに置いておきたい気持ちは分かりますが、
亡くなった方の供養と、残された方のお気持ちを

いつまでもご遺骨をとおしてつながるのではなく、
良き思い出でつながっていることを実感するのは心です。

思い出であり、心であり、魂であります。
ご遺骨をお見送りすることがつらいのは、

残された方のおつらいが故の執着です。
より良き霊界と心の交流ができますように。


*お墓をもたれていないお家もありますが、
そのためにご遺骨をどうしたらいいのかと、
そのままにされてしまうケースもあります。
合祀墓もありますから、きちんと納められて
ご供養されますように。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_1693989.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2017-05-03 22:14 | Comments(0)