霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

身勝手な考え方

Q
自分に憑いているものをとって、自分が幸せになる守護霊をつけてください。
私はそれだけでいいんです。
たとえボランティアのようにいいことをしたって、誰もみてくれないでしょ?
素敵な彼氏もできないでしょう?・・・得をしないでしょ?(得と徳を間違えている)

a0097419_15451232.jpg

A
なんとも高飛車な考え方の女性が相談にいらしたことがあります。
旅の行きずりだろうと、一度限りのボランティアだろうと、
思いやりの行動や言葉をかけられたら、次にはまたそれをつなげていくのは人の意識と心です。
次の人はつぎへとつなげていく無駄にはならない

肉体は遺伝子でつながっているなら、意識にも肉親による遺伝とは違ったつながりもあるのです。
たとえば今日旅先でやさしさや、思いやりのある言葉に出会ったとしたら、
それはまた違う機会にほかの人にお返しできるというつながりです。

笑顔は笑顔を紡ぎだし、怒りは怒りを生み出しつなげてしまう。
一つの優しさは、10の怒りを静めることができる。そういう力をもっています。

前述の身勝手な女性にはそれこそ身勝手な霊が憑いてはいました。
霊の浄霊とともに女性の考え方を変えていくための話をし、
すべてが先に無駄だと決め付けて焦らないように徐々に変わってきました。


   加藤眞澄ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2010-05-13 09:58 | Q&A | Comments(0)