霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

タグ:精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者 ( 21 ) タグの人気記事

土地にも歴史があります

今私たちが住まい暮らしているところは、

住宅もビルも
当たり前のように建ち並んでいます。

それでもその土地それぞれに、
昔はビルもなければ、道もなく、

それでも時代を超えて幾千人の人たちが行き交い、
暮らし、あるいは戦ってきたところでもあるかもしれない。

土地がらみの霊的な問題もでてくるときもありますが、
土地はたくさんの過去を重ねてきた記憶を持っています。

霊的な現象が起こるところもありますが、
「どうして家だけ?霊がいるなら出ていってほしい!」

という方もいますが、
あとから住んでいる新参者は我々でもあることをお忘れなく。

過去も歴史も大切に。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_061527.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-02-14 09:21 | 霊的な日常 | Comments(0)
A子さんご夫婦は結婚されて5年ほど経ちますが、
時々夫婦喧嘩が起こります。

その原因は「主人とどこかに出掛けようかといろいろ話して、
じゃどこに決めたからそうしようというと、
そのときは返事をするし旅行の話は覚えているけど、

2、3日すると、それでどこに行くんだっけ?とか、
何時の電車に乗るんだっけ?とか、仕事では忘れないのに、

私との会話ではしょっちゅう大事なところが抜けるのです。
ときには、明日は実家に行くから、何時に家を出ようかと聞くと
、実家に行く話なんて聞いてないよーというのです。

2週間も前から2回は話しているのに、
聞いてない覚えてない!から腹が立ちます。
主人は認知症ではないですし、他のことはしっかりしています」


霊的な問題は、このお家の土地です。

ご主人はときおり、異空間に紛れ込んだように、
一瞬忘れてしまうような感覚になるようです。

土地霊もいますが、土地や住まいはバランスのとれている事が大切です。
いまお住まいの所は、山を造成して

新しく住宅を建てられたばかりの土地ですから、
出来れば依然と似たようなものをお家の庭に取り入れられたらよいです。

自然石をおいたり、育てやすい木を植えたり。
自然の気が乱れすぎても、バランスを崩しやすくなることもあるものです。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_23584390.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-01-12 09:32 | Comments(0)

私はうつかもしれない

20代のB子さんは、約5年ほど美容室で働いています。
でも「最近自分は、うつ ではないかと思っているのです。

好きな仕事なので、仕事はできるのですが、
このまま自分がいていいのかなと思ったり、

仕事をしたいのに、体が重たくて仕方がなかったり、
精神的に許容量がいっぱいになってしまう感じで、
毎日毎日めいっぱいでクタクタなんです。

美容師ですから、一日中、立ち仕事でもなれています。
例えば神経のクタクタ感のようにこれまでとは違うのと、

霊的かもしれないな?と考えたのは、
お客様によって、疲れ方が違うんです。

ただ気を使う人に疲れるならわかるのですが、
特別気を使う人でなくても、ひどく疲れきってしまうことがあって・・・・」


B子さんは、毎日たくさんのお客様に応対してきたことで、
気も使いますし、神経が過敏になってきたのです。

そういうときに霊的な影響も表面化しやすくなります。
対応する人が多いと、人それぞれの波長はことなりますから、
疲れたり過敏になっているときに感受性も強くなってしまうのです。

自らの波長を整えて、影響を受けないように
改善されていくようにしておかなければいけないのです。

休日も、ときには青い空、木々の緑、水の流れ、山、湖、海・・・・
自然の中に身をおくひとときも大事にしていくことで
波長の乱れを整えることも出来ます。


初詣も大切です



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_1771277.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-01-06 09:00 | 霊的な日常 | Comments(0)
K子さんは
「実はいつもの悩みは多少は抱えていますけれど、
ある日朝目覚めたら、すごーく嫌な気持ちなんです。

起きるの嫌だな、寝てるのも嫌だな、
どうして一日過ごそうか、

あぁ着替えるのも嫌だな、おもしろくないな、
つらいな、って気持ちが
朝の目覚めで急におこったから、自分でも混乱しました。

それでも普通に起きて、
家事と仕事も変わりなくやりました。

主人にもどう説明したらよいかわかないような、
心の状態で話していません。

何週間かすぎましたけれど、まだその感覚が抜けてはいない、
でも自分で思うのは、私は精神的な病気ではないし、
しっかりやることは出来ているし、

嫌な気持ちになっているのは
自分ではない霊的なものの気がします。

ブログも読ませていただいていますが、
霊は人の心や感情、意識にも影響してくるとかかれていましたので、
まったく自分が当てはまるとインスピレーションで、
是非お会いしたいと思いました」

k子さんは、とてもしっかりされている方で、
一見したところではお元気な働く主婦という明るい方でした。


霊的なことを見ていきますと、
K子さん誰かを一生懸命たすけてあげようとしている感じです。

お話しするとK子さん「職場も住まいも近い年下の女性を、
公私ともにめんどうをみてあげています。なんとなく頼りなく、
支えてあげないと・・いけないような気持ちで、

性格も可愛い女性なんですけど、
とても落ち込みやすい女性で・・
はっー!もしかして彼女の影響ですか?」

「おそらく、そうですよ」
その彼女が影響されている、
感覚がk子さんの意識にリンクしてきたようです」

この場合はとり憑くというのとはちがいますが、
同じ心の部屋の空気を吸ったような影響です。

たすけてあげることはよいですが、
今後はその女性の波長と気持ちを変えてあげられるように、
神社へ行くように伝えたり、

落ち込んで部屋でじっとしてしまわないようにK子さんが、
影響も受けたことをしっかり伝えて行くようにお話ししました。

その後K子さん、「毎日元気です!」とのこと
良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_22431779.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2016-01-04 09:12 | 霊的な日常 | Comments(0)

人生の貴重な時間

この世に生まれてきたことが、
広大な宇宙の中で宝くじに当たる確率より
難しいくらいの奇跡で命をもらってきています。

それも、寿命は延びていますが100年弱です。
とっても貴重な時間ですが、
若いときはあまり気がつかないものです。

50才を過ぎてくると、
「人生も半ばを過ぎた」ことを考えて始めることが多いようです。
一度は考える時期でもありますね。

良い年のとりかたを考える余裕があることはとてもすばらしい事です。
自分も周囲の人のことも考えられるのです。

一生はあっという間でありながら、
人生の中で、いろいろな経験や心の動きが変化します。

その時々で起こることに、自分の中の
「善い心、善くない心と葛藤」しながらも、
一つ一つに決断しながら、今日ここまでたどり着いています。


若い頃より穏やかで、
自分にも周囲にも優しくなれてくることが、
年齢を重ねた人たちの役割でもあるとおもいます。

若い人は、大人のやることを見ています。
年を重ねても身勝手で、何十年も人を責め続けていたり、

人のあら探しばかりしていると、
貴重な人生の時間の、ご自分の心、霊体、魂磨きがおろそかで、

いざ人生が終わって霊界に戻るときに
「あれ何のために生まれたのだろう・・・」と思ったりしないように。

ご自分が不幸にならないように
人のしあわせを喜びにできるように

知っている方々が、「いまがんばっているなら、
しあわせでありますように」の思いがもてることは、
ご自分もしあわせであるということです。

人生の貴重な時間を、うらやんだり、
誹謗したりに多くの時間を割いてしまわないように大切に




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_2295477.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-11-08 09:05 | 精神世界 | Comments(0)

それぞれの役割や宿命

それぞれの役割や宿命

人それぞれに生き方も生きる条件も異なりますが、
「他の人はいいなぁー」とばかりよそ見をしすぎていても、

自分の立ち位置を見失ってしまいます。

世の中の見えるところだけを重視して、
物質だけにこだわって生きられる人と、
見えない世界も大切に考えないと不安定になりやすい人もいます。

極端に分けてしまうと、
まったく信仰心もなく、お参りなども特にこだわらなくても、
いわゆる「普通」に人生を過ごせる人。

見えない世界を大切にして、神社やお寺など、
他の人以上に足を運んでいくことが必要な人といます。
生まれ持った宿命が違うのです。

縛られすぎる必要はありませんが、
神仏に心をゆだね、感謝していくことで穏やかになれる人は

「頼ることに違和感がある」と思わないで
「感謝」をしにいかれたらよいです。

何に感謝?「なんだかんだありながら、
今日まで生きてこられたこと、
そして今ここに生かされていることを感謝」大切に





加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_15511570.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-10-29 09:30 | 精神世界 | Comments(0)
どのような霊的レベルの霊がいるかの違いで波長が違ってきます。
生まれてから守っている守護もいます、

よきことをすれば良き霊がくるし、
悪心には低級霊が近づいてきます。

ある特定の人と話をしていると、
非常に頭の中が混乱してくる方もいます。

相手の波長とまったく会わないし、
なぜかトンチンカンな会話になってしまうこともあるかもしれません。

そういうときにはなるべく早く
屋上や外に出てリフレッシュしたほうが良いですね。

短時間でもよいから
その空間から少し離れると波長と気が変わりますよ。

気を入れかえてリフレッシュできます。
人はすべてとつながりやすい条件は社会にたくさんあります。

その中でどの霊と波長を合わせていくかを、
コントロールできるかは自分次第ですが、

どうにも霊に憑かれて自身の力が発揮できないときなどは、
霊能者が見極めていかなければならないことでもあります。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者



a0097419_224363.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-10-11 09:01 | 霊的な日常 | Comments(0)
亡くなってから49日で納骨されることが多かったですが、
いまは葬儀と初七日と納骨と、同日になさることも増えています。

遠くのご親戚など何度もこられないなど、
様々な理由がありますが、かなり簡略化されてきています。

その反対に、ご遺族のお気持ちで、
なかなかご遺骨と別れがたく、
長い間お部屋に置かれておられる方もいます。

お気持ちはわかりますが、49日や一周忌を目安に、
ご遺骨をお納めになることがよいと思います。

いつまでもそばに置いておきたい気持ちは分かりますが、
亡くなった方の供養と、残された方のお気持ちを

いつまでもご遺骨をとおしてつながるのではなく、
良き思い出でつながっていることを実感するのは心です。

思い出であり、心であり、魂であります。
ご遺骨をお見送りすることがつらいのは、

残された方のおつらいが故の執着です。
より良き霊界と心の交流ができますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_1693989.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-10-03 09:06 | Comments(0)

家を選ぶときに

新たな住まいを探していると、なかなか決めがたい物件に悩むこともあります。
場所や家の造り、便利さなど考えることは山ほどあるものです。

さんざん考えあぐねているのでしたら、
その土地の昔の状態を調べて見ることも視野に入れてもよいですね。

霊的なことを感じる方は感覚で選択することもありますが、
土地の昔の状態を調べられて、安定しているところを選ぶことも一つです。

たとえば昔その場所は、川が流れていた、沼があった、
山を崩している、畑だった、墓所の跡だった、どこかの屋敷跡だっり・・・

様々な歴史を持っていることもあります。

その上で、その土地のもつ波長というのは
過去の影響がでてくることもあるので、慎重に選ぶとよいです。

わかりやすいケースでは、
「マンションの3階に引っ越したのですが、少し陰気な感じと、
3階なのに昼間日が射していても、冷える感じがします・・・・」と感じられた方もいます。

3階はちょうど、昔の山があった高さだったのです。
いまは無くても昔の状態を感じとった影響でもありました。

感受性が強いとこのようなこともあります。
できれば、鉢植えの根の張るような植物を置かれたり、

土や石をお部屋のインテリアにうまく組み合わされて、
一部だけでも昔の土地に近づけて見ることで安定してきます。

人も土地も生きています。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_15501620.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-09-14 09:17 | 霊的な日常 | Comments(0)

不幸になると言われて

誰だって不幸になりたくないですね。

それなのに、ごく一部の占いや霊能者に
「あなたはこのままでは不幸になる、
自分の言うことを聞かないと具合も悪くなる、

貯金も使わないと不幸が貯まる」などど
悪質なことを、言われてしまうことがいまだにあるのです。

言われた人は、やはり見えない世界だから怖いし、
本当に不幸になったら辛いし・・、

貯金も使い果たさないと不幸が貯まるのでは・・・・
となやんでしまいます。

いまだに人の弱みにつけ込んでの、
脅しのようなことを言われてしまう人もいます。

そこまで人を傷つけて脅かして良いわけがありません。
毅然としておそれないように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者



a0097419_2232321.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-08-19 09:37 | 霊的な日常 | Comments(0)