霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin
音楽の仕事している会社に勤めていたA子さんは
毎日たくさんのデモテープを聞いているときに

ある人の曲を聞いているとき気分が悪くなり、
その日から体調を崩し熱を出して寝込んでしまった。

A子さんを含めて3人が
ある男性のミュージシャンの演奏を聞いていただけで
気分が悪くなったそうです。

A子さんだけは一週間経っても、
そのときから肩や腰の重さがとれない。
a0097419_10442854.jpg

テープに吹き込んだミュージシャンの波長が、
気持ちをこめて歌っていたのだが、気持ちをこめるということは、
ときとして霊的なものが一緒に入り込んでしまう。

実力がある方なら、霊的なものと一体になっても
高次元のエネルギーでもありますが、
低いレベルの霊の波長に入り込まれると、
聞いている人の感覚を乱してしまうこともあるのです。

A子さんのように感受性や霊感が強いと、
音楽の波長でバランスを崩してしまうこともあります。



加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-05-30 09:32 | 霊現象 | Comments(1)