霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

自分は感情的すぎる

感覚が強いかたで
いつもなんだか人と感性が違うのか、
子供の頃から変な子だ変わった子だ、
暗い子だとかいわれることが多い人もいます。

結婚しても、
夫の家族からも

「あなたは変わっているね。
みんなが楽しそうにしているのに
あんまり笑わないね。ときどき怒りっぽいしね」
などどいわれてしまう。

楽しくてもあまり表情に出ていないときもある・・
確かに急に怒りっぽくなったりもするし、

生きていられないのじゃないかと思うくらいに寂しくなったりする。
寂しくなって泣いてしまうと夫には「病院にいってみたら」と言われる。

感情の中で起こっていることを
自分でもうまく説明できないし、誰もわかってくれない・・・・・
そんなことも霊的現象でもあります。

自分の感情に霊的な感情が入り込んできてしまうと、
自分であって自分ではないことがおこり、人を悩ますこともあるのです。

とくに感情が高ぶってしまうことにもなってしまいます。
苛立ちややつあたりはだめですよ 急がず焦らずマイペース



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 

a0097419_21512389.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-11-16 10:45 | Comments(0)

ご葬儀後

ご葬儀も終わり、
納骨までは
お家にご遺骨を供養されることもおおいと思います。

そのときには納骨までは、
新鮮な花を供えておくこと。

亡くなられた方が、
お好きだったものをお供えして差し上げること。


お酒でもお菓子でも、
お食事でも、パックのふたをしたままではなく、

しっかりふたを開けてお皿にもってお供えしてください。
(量は少なくて大丈夫です)


49日まではまだ生きていたときの感覚が残っていることもあり、
いつも通りに差し上げると喜んでくれます。


加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-11-14 10:57 | Comments(0)

一人でいることが怖い

一人でいるのが怖い
誰かと一緒にいるときにはなんともない。

けれど一人でいると、
とても不安で落ち着かない。
数年前から
そういうことが
増えてきたという方がおられました。

夜中に友人に電話してみたり、
それでも一人で
眠るのが怖くなってしまう。
もともとは一人でも全然平気な性格なのです。

一人でいることが怖い・・・
この方を霊査すると、幼い女の子が後ろに隠れています。

数年前に学生の頃
から憑いていた霊でした。

突然親ともはぐれて、
一人になって
さみしくて悲しくて
夜は怖くて
誰も助けてくれなくて
亡くなっていった霊がいたケースも
ありました。

さみしい心がこの方に伝わってきて
いたのでした。

a0097419_23171376.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-11-12 09:40 | 霊的な日常 | Comments(0)
普通の生活はしている中で、
魂が抜けた様に地に足がついていない状態と感じる方もいます。

霊感と言えば良いのか、
「人の気」を吸いこみやすいスポンジタイプな方もいます。


人から頼まれやすい、
それは良いとしても、

何でもかんでも言われやすい傾向も強い・・・・
結局嫌な役割が多くなる。

人からストレス解消にもってこいの人間なのかと悩む。
自分が真面目にやっていてもなんだか空回り。

胸や喉、お腹がモヤモヤ
つかえている感覚です

はっきり言えない自分

うまく話せない自分

自分らしさが出せていない自分



呼吸も浅く緊張から解放
されない。

A子さんはあるとき急に仕事もイヤになり
やめてしまったのですが、
それでもモヤモヤが収まらない、

霊的にみるとA子さんに頼る霊がかなりいます。
ご実家のことを伺うと、
誰も実家には住まないし、遠いのでお墓参りもしない。

ほったらかしの状況でした。
遠いのですぐにはいけないとのことで、

近くのお寺にお参りに行かれるなど、
一月ほど続けていただいて、
A子さんずいぶん落ち着いてこられたのです。

霊的な影響事態が、感情に影響をしてくるので、
ご自分だけを責めたり閉じ籠らないように

穏やかなよき日々でありますように。





加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 

a0097419_19144726.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-11-09 10:12 | Comments(0)

犬の十戒

作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩だそうです。
ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、
犬が人間に語りかけるという形式で訴える10のお願い。

ペットを飼われる方、飼われている方も,
時折また心にとめておいてはいかがでしょうか。
人と違って、ペットは自分の自由にはできないことも多いのですから

•是非、新しいペット(家族)を迎える前に読んで見て下さい。
•作者不詳のまま世界中に広がる英文の詩です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬の十戒 
日本語訳
犬(ペット)の気持ちになってお読みください

1. 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。
どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。

2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。

3. 私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。

4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。
あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。
でも、私にはあなたしかいないから。

5. 話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。

6. あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しい。

7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。
私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、
あなたを傷つけないと決めていることを。

8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、
怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。
もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、
長い間日に照らされているかもしれない。
それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

9. 私が年を取っても、私の世話をして欲しい。
あなたもまた同じように年を取るのだから。

10. 最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、
「もう見てはいられない。」、「私ここにいたくない。」などと。
あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、
私はあなたを愛しています。



原文
1.My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will be painful for me.
Remember that before you get alone with me.

2.Give me time to understand what you want of me.

3.Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.

4.Don't be angry at me for long and don't lock me up
as punishment. You have your work,
your entertainment and your friends. I have only you.

5.Talk to me. Even if I don't understand your words,
I understand your voice when it's speaking to me.

6.Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

7.Remember before you hit me that l have teeth that could easily
crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.

8.Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I'm not getting the right food or I've been
out in the sun too long or my heart is getting old and weak.

9.Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.

10.Go with me on difficult journeys. Never say,
"I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence.
" Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.
[PR]
# by dimension-shin | 2018-11-06 08:33 | Comments(0)

引っ越し後トラブル続き

Tさんのお宅では、ご主人が仕事のトラブルがいくつも重なり、
奥さんのT子さんは、足を捻挫、その次は転んでけがをして、

義父さんは友人との旅行先で、
予約をしていたはずが、なぜかキャンセルになっていた。
結局、旅行をを楽しめずに帰宅したり、

義母さんは、車の運転中に信号待ちで追突されたり、
けがはなかったにしても、
これらのことがひと月の間に家族全員に起こってしまったのです。

Tさんのお宅は2か月ほど前に、引っ越しをしてきたのです。
はじめは引っ越し疲れではないかと
話していたご家族も、

やはり何か変だと考えるようになったのでした。
土地を拝見すると、
もともと敷地に井戸があったところで、
その上に家が建てられているのでした。

埋められてしまった井戸はどうしようもありませんが、
出来る限りの気抜きをして、土地のお清めもする必要がありました。

土地の神様と水神様をおまつりされたほうがよいので、
きちんとしてからは、トラブルやケガもなくなってきたのです。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

a0097419_233085.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-11-04 10:45 | Comments(0)

自分をいじめないで

人の気持ちと意見にばかり振り回されていませんか?

いつも自分を卑下していませんか?

人の良いところは見つけるくせに、
自分の良いところは気がつこうとしないままではありませんか?

人から見られることばかり気にしていませんか?

自分をいじめないで

自分を愛して

自分を好きになって

自分を信じて

自分を大切に




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-11-02 10:47 | Comments(0)
学生のB子さんは、
部活の合宿で2日間、山の合宿から戻ってから、
いろいろなことが起こりはじめたそうです。

穏やかなB子さんがとてもイライラするようになった。
寝てばかりいる。

いつもは几帳面なB子さんが、
小さなものをなくすことが何度もある。
部屋でラップ音がするようになったり、
誰もいないのに人の声が聞こえる感じがしたり、

うっかりミスが続く。

体が重たい・・・
友達と出掛けるのが鬱陶しいと言いはじめた・・・・
そういうことでのご相談でした。

霊査すると、
合宿所の周辺にいた霊が何体か憑いています。

B子さんの感受性が霊たちにとっては
救いの輝きにみえたのです。

浄霊したところ、
体の重さもとれていきました。

今後合宿があるときには、
必ずお守りをもっていくことを忘れないように。


加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-31 10:33 | Comments(0)

納骨までのご供養


ご葬儀も終わり、
納骨までは
お家にご遺骨を供養されることもおおいと思います。

そのときには納骨までは、
新鮮な花を供えておくこと。

亡くなられた方が、
お好きだったものをお供えして差し上げること。


お酒でもお菓子でも、
お食事でも、パックのふたをしたままではなく、

しっかりふたを開けてお皿にもってお供えしてください。
(量は少なくて大丈夫です)


49日まではまだ生きていたときの感覚が強く残りますから、
いつも通りに差し上げると喜んでくれます。




[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-29 09:44 | Comments(0)

新しくマンションに移り住み、寝ているとゴトゴトと天井から音がする、

壁もピシッ!パシッ!と夜中に寝ているとうるさい。

始めはなれない所で、上階の人や隣の人が夜に
物音をたてているのかと思っていたら、
そのうちに玄関でピンポーンとベルが鳴る、
しかし誰もいない。
何日か繰り返される。


今度は眠っているとけたたましい電話のベルの音で目が覚める、
電話をみても着信履歴には何もディスプレイがない、「夢か・・・・・・」。

しかし何日もしないうちに
同じ事が続くということで私のところに相談にこられました。

「夢か現実かわからないような感じで、
音に悩まされているのです。
それに毎日が寝不足でまいっています
周囲のイタズラかと見張ったこともありましたが違いました。」

霊査すると、周囲にお寺が多かった場所のようでしたが、
急速な土地開発により
かなりお寺などが縮小されてきたようです。

もちろん今のような立派なものではありませんが、
墓地もあったのは確実でした。

「霊」にしてみると頼れる場所がなくなっても
その場に留まっているようなものです。

ラップ音などは霊は壁もドアもすり抜けていきますし、
動きがあると反応しているようなものです。

電話やドアの音は
行き場がみつからない墓所もなくなり、
それでもいまだ現世から離れられない。

部屋のお清めもしていきました。

後日ラップ音もなく、落ちついてこられたようですから安心しました。


人はいつか自然に死を迎えます。
それにともなって自然に体のない
霊的な(スピリチュアルな世界)に移行していくのですが、

その狭間でこの世への未練が残ると
しばらくはまだに限界に留まることもあるのです。

   


            加藤 真澄HPへ


霊現象

不安
[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-26 10:20 | Comments(0)