霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

誰もいない部屋 ざわつく

誰もいない部屋にも関わらず、ある場所の部屋にいると、
ざわついているように感じられることはありませんか?
ざわついた感じがするのは、霊的な存在がそこにいることを
感じ取っている場合におこります。

誰かが話をしているような気配、
ときには遠くで話し声のようなざわめきがあったり、
時にはいないけれどもまるで自分の横に誰かの姿があるような・・・・などなど
そういうことも次元の違うところにいる霊たちの可能性もあるのです。


a0097419_8301981.jpg

ある30代の女性がご主人と旅行中に泊まった温泉で、
夜寝る前に温泉に入っていると、誰もいないのに、
脱衣所で誰かが入ってくるスリッパの音がして、
数人の女性の話し声が聞こえてきたので、「同じように温泉に入りにきたのだな?」 
浴室の扉が開く音がしたので入ってきたなと思ってふりむくと誰もいない。

おかしいなと思いながら、急に話し声も止まり寂しい感じに襲われて、
急いで温泉をあがり、脱衣所にいくと数人いたはずの人の気配が全くない。
着替えて部屋に戻ってご主人に話をすると笑われた。

しばらくして酔い覚ましに「温泉に入ってくる!」と言って大浴場に行った。
そのご主人が五分もしない間にご主人が青い顔をして部屋に戻るやいなや

「俺は誰もいない露天風呂にはいってすぐに、なんだか人の気配がして
ざわついてきた。それに煙のような人影が見えたんだ。
でも露天風呂の先はすぐに川だろ。俺も怖くなったよ・・ゾクッとして戻ってきた。
昼間には他の人たちも入っていたし、何ともなかったのに・・・・」
ということを経験された方もいます。

そこは古くからの温泉場で、戦国時代にも武将が戦いの傷を癒したという話や、
時代は違いますが多くの女性たちも湯治に来ていたという
お話が残っているところでもあったのです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

   加藤眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2010-09-11 09:03 | 霊現象 | Comments(0)