霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

悪に心奪われるなかれ

自然の変化 社会の変化 甚だしく起こり

神域に入った途端のどんでん返し

ひるむな、動ずるな

猿も空を飛び、化け物はちゃかし、鳥も泳ぐ

おさまるまでいま少し

落ちつき次第 ことを始め走りぬく

(神霊界の力が大きく働き出してくる)

猛火山々焼き尽くす しばらく騒がしい

(悪をさらけ出させること)

新芽いずる

心奪われるなかれ


a0097419_1116182.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2011-03-18 11:12 | Comments(5)
Commented by rei at 2011-03-22 10:39 x
私は職場で、都合よく雑用を押し付けられています。はじめはその人が忙しそうだから、出来ることなら手伝おうという気持ちで、やっていたのですが、最近はその人が忙しくなくても、私が忙しくしていても手間がかかるような庶務ごとは私に頼んできます。いつか気付いてくれるだろう、と思っていましたが、最近は正直者が馬鹿をみるって思ってしまいます。どうしていけばいいんでしょうか。頼んで来る人達は私の反応を面白がってるようで、ニヤニヤとしています。そんな人達を可哀相に思うし悲しくなります。
Commented by dimension-shin at 2011-03-22 10:46
人が出来ることまでやりすぎてしまっているのではないですか?人の悪心をつくりますよ。自分はそれにふりまわされますから、不必要なことはお断りすることで自分の位置が自然におさまってきます。勇気を持って人の邪心と戦うのではなくて自分の本音を正直にだしてください。
Commented by rei at 2011-03-22 21:45 x
ありがとうございます。
「自分が」っていう我の強さにならないか不安です。
もしかしたら、他の部分で、私は自分のすべき仕事を周りの人にフォローしてもらっているのかなぁ、とか思ってしまいます。
だから、その代わり私が出来ること(雑用)を頼まれているのかなとも思います。
自分より大変な人、辛い思いをしている人もいると思うと、自分の考え方が甘いのかな、自分の心は狭い、と反省してしまいます。
Commented by あや at 2011-03-27 12:24 x
やさしさは さじ加減を間違えると 毒にもなるんですね。
わたしも 気をつけないと・・・。
Commented by dimension-shin at 2011-03-28 13:31
昭和初期の霊能者で出口王仁三郎師の言葉に正確な文章は覚えていませんが「本当の悪は限りなく善に近く。善は限りなく悪に近い」と言うことをいわれていましたが、まさしくその通りだと思います。