霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

看病も介護もしていたのに

看病も介護もしていたのにご家族の看病や介護を必死になさって、
できる限りのことをしてきたのに、なぜか亡くなる最後のときに、

ご自分がいないとき、たまたまほんの少し席を外したときに、
ヘルパーさんがみてくれているとき、

手伝いにきてくれたほかのご家族が看てくれているときに、亡くなられた。
a0097419_23051892.jpg
「これだけ看病してきたのに、ほんの少しの時間だったのに、
どうして自分がいないときに息を引き取ったのでしょう。
最後を看取るつもりだったのに・・・自分のことがいやだっったのでしょうか?」
そういうことで悩まれる方もいます。

ケースによって違いますが、仲のよかったご夫婦で、
お別れを見せたくなかった。

一瞬でも亡くなるときのつらさを思い出に残してほしくなかった。
笑っている時のことを思っていてほしかった。などその方の状況によってちがいます。
一生懸命に看病 介護されたことに間違いはありません。悲しまないでください。



加藤真澄ホームページへ 精神世界 ご相談 浄霊

[PR]
by dimension-shin | 2014-09-02 09:30 | 霊的な日常 | Comments(0)