霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

自分の人生、幸せ不幸せ

私の身内ですが、晩年に
「ちっとも幸せな人生じゃなかった!
」とこぼした人がいました。

自分の娘さんがいる前で、そう言ったのです。
戦中戦後に苦労をされた人でしたが、

周囲からみると、衣装持ちでグルメで、
旅行も好きで、交際範囲も広い人でした。

反面、ご主人には恵まれなかった(浮気性)、
そして体が弱かった、病気も多い人で、第六感の強い人でした。

たぶん、人生の良い面、悪い面、トータルしてみると。
悪いところ(おそらく体が思うようにならないときもありましたから、

「幸せじゃなかった。」ほうが先行したのだと思います。
そんな言葉を残したものの、息を引き取ったあとのお顔は、
とても安らかで、やさしく微笑んでいる表情でした。

娘さん曰く「母はよくがんばったと思う。
それに最後の表情は不幸な人の表情なんかじゃないわ。

幸せな人生じゃなかったと言ったのは、
最後のグチだったと思うのよ」
そんな話をしたことがありました。

最後のお顔というのは、
その人の生き様と行くべき世界を知らせてくれるように思います。

いつも微笑みを思い出せますように。
良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者
a0097419_22523037.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2014-10-23 09:35 | 霊的な日常 | Comments(0)