霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

見えないけれど視線を感じる

ある方は、「いつも誰かに見られている感じがした、
始めは自分の部屋で起こったことで、
部屋には自分一人なのに誰かに見られている気がした。

そのうち仕事場でも皆が自分を見る感じに悩まされた。
人間関係が特別悪いわけでもなく、特別嫌われているわけでもない。

街を歩いていても誰かに見られているような同じ感覚に悩まされているのです。
たまに助けてほしいという感じも受けるのですが
気のせいだと思って考えないようにしてきました」とのこと。

直接見られているわけではないのに、
見えない視線や気配を感じ取る方もいます。
a0097419_10275285.jpg

私が霊査をするとまずこの方の過去から来るマイナス霊たちの姿がありました。
守護霊からは「過去にとどまるものたちを救う気持ちを持てばおさまる」
と伝えてきたのです。

人の心が助けてと救いを求めているときと
霊が救いを求めているときとことなることもあります。

自分がイライラしているという人でも、特別な理由がないときには
霊的な要因も加わっていることもあります。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

加藤 眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2015-09-20 09:48 | 霊的な日常 | Comments(0)