霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

悲観ばかりしないように

生まれてきた家、環境、家族、生まれ持った性格、
体質、考え方というのは、変えようにも変えられるものではないですが、

自分ばかりが不運だと思ってばかりだと、
合わなくてもよいはずの不運に出会ってしまうこともあります。

確かに普通の人より、負に出会う確率が高い人はいます。
宿命もあれば霊的な影響の負が強い場合です。

それでも、次に必ずまた負が繰り返すという考え方をしていると、
出会わなくてもよいことや、
気にしすぎてすべてのことから「負」をさがそうとしてしまう。

あの人は、こういう人だ
この子は、親の教育が悪いから挨拶しない
住んでいる家が気に入らない
ご主人の兄妹が自分を嫌っている

自分はどうしてこんなところにいるのだろう・・・
あげればきりがないほど、
自分の周りの環境が許せないものにもなってしまいます。

洋服ではないけれど、ある程度は合わせることも必要です。
ご自分の周囲の環境や、自分の性格も含めて、

いま自分の周りにある材料(状況)で
いかに暮らしやすく住めるようにするかもとても大切なことです。

うるさいところにいる人は静かなところに行きたい。
静かなところにいる人は、もう少し都会に行きたい。
と、キリがないように次の問題やグチがでてきます。

自分を大事にしなくなって、人のことばかりに終止してしまいます。
それが、引き金になって、気をはって神経質になりすぎて、
目や耳を凝らして、気にし始めると声無き声まで聞こえてしまうこともあります。

霊的ならば解決の使用もありますが、
神経を過敏にしすぎると自分がまいってしまうこともあります。

緑や山や水の流れや、
気の流れがよいところへ出かけてチャージしてくるだけでも、違います。

負を追わないように
自分をひかんばかりしないように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_1122783.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2015-10-17 09:12 | こころ | Comments(0)