霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

亡くなったご主人の姿を家で見る

亡くなってもしばらく家ですごされている霊もいます。
あるお家では
ご主人が亡くなって、しばらして夜になると、

冷蔵庫をのぞき込んでいたりキッチンにいる
、霊となったご主人の姿を何度も見かける。

奥さんが「お父さん(ご主人のこと)、
怖いから出てこないでー」と言ったら、
今度は毎日夢にあらわれてくるとのこと。

「主人のお位牌の前にお供えはしているんですが・・・」
でも詳しく伺うと、仏様用の小さな飯台、
お菓子は包んだまま上げているそうです。
a0097419_22165833.jpg

まだ亡くなって間もないご主人は、
いつも通りの食事をされたいのでした。

それを奥さんに伝えて「一度でいいですから、
いつもの食卓にご主人のお茶碗にご飯をいれて、


おかずもお箸も一緒に添えて、
いつも通りにお二人で食べるようにテーブルにおいて、
差し上げてください。
奥さんとご一緒にご飯を食べたいのです。

そのごいつものテーブルに夕食の支度をされたのです。
それからはご主人は夢にも現れなくなったそうです。

「少し寂しい気もしますが、主人の霊も見ましたし、
本当に霊の世界があることがわかりました。
わたしもいずれは皆逝く世界で、主人がいると思うと心強い気がします」

亡くなってしばらくはいつもの生活の感覚が強く残ることもあります。


加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者
[PR]
by dimension-shin | 2018-07-06 10:48 | Comments(0)