霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

霊的感受性が強い方の苦労

日常的に、直感力もあり、

人の思っていることも

感じ取ってしまいやすい方もいます。

あまり親しくしたくなくても、

親戚をお付き合いは

最低限しなくてはならないこともあります。

A子さんはあまり好意のもてない親戚の方が、

送ってくれた日用品、新品なのに、

その品物に親戚の方の

家の臭いや意識を感じ取ってしまうので

使えない・・・

送ってくれた気持ちはありがたい

でも、いろいろなことが思い出され過ぎて

使うことができない。

それほどその親戚にいじめられたわけでもない、

でもなにげに言われた一言が気になって、

好きになれない・・・

結局、その品物は知人にあげてしまった。

(本当はA子さん好きなもの使いたいものだった)

そのくらい過敏だと、

ものは単なるものではなく、

意識が伝わってくる

媒体になってしまうのです。

A子さんもこんなことばかりでは、

自分も精神的にまいってしまうから、

なんとか変えていかなければならないと、

エキセントリックにならないように

がんばっています。

ものが意識が伝わる媒体ともなっているけれど、

結局は自分自身の心が、

いろいろな思いを振り返りすぎている心が

手放せていないことに気づき、

その後送っていただいたものは、

徐々に使えるようになりました。

苦しくなったときには、

気持ちを切り替えるためにも、

神社におまいりされて、

一息心を落ち着かせながら、

気持ちの置き所を見いだして

ゆっくりと

穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2154449.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-01-19 08:48 | Comments(0)