霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

他人を敵か味方で判断してしまう

30代の女性Aさんが
「私は人に対して敵かな味方かなと考えてしまうところがあって
、敵だと思うことが多いのと、そうなるとその人に近ずくのさえ嫌で
仕事だと特にそれが顔に出てしまうようで悩んでいます」

そういうご相談でいらした方がいましたが、
いろいろお話しているとこのAさんは
ときどき家でも職場でも街でも霊の気配や姿を見てしまうとのこと。

昔からだからさほどに気はならない、
ああいるなぁと思う程度らしいのです。
a0097419_10215066.jpg

けれども敵か味方という気持ちで人をある意味「仕分け」してしまう感覚は
Aさんの思いいとは違うような気がしてなりません。
敵か味方の判断は戦争の戦いで思うようなことです。

Aさんのように感性も強く、性格も明るい方なら
敵味方で見るよりも苦手だと感じた人とは感性で
自然に当たり障り無くお仕事でも進められるはずです。

霊査していきますと、Aさんの背後に
一生懸命守ろうとしているのですが、
頑な過ぎて敵、味方の判断をしてしまう武士の姿がでてきました。

守ろうという真摯な気持ちは残っているのですが、不成仏霊です。

未だに戦いから守ろうとしている気持ちが
色濃く残ってしまっていたのです。

浄霊しAさんのご先祖にもご縁がありましたから
できる供養もしてもらうように伝え、
そのご敵味方の考え方はかなり薄らいできたのです。

かなり薄らいできたというのは
Aさんの気持ちのとらわれも残像エネルギーのように残りますから、
時が徐々に希釈してくるのです。


穏やかな良き日々でありますように
[PR]
by dimension-shin | 2018-09-16 08:29 | Comments(0)