霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

霊的な影響


Aさんは「仕事の打ち合わせで、会社の取引先の人と、
いつもはメールか電話のやりとりだけですむのですが、
今回はどうしても直接合わなければならなくて、
それもいつもは数人での打ち合わせなのに、一人だけで会うことになったのです」

それほど相手の人を苦手だったのです。

「悪い人ではないけれど、どことなく話づらい。
それに会っていると、どうしてだが体が重たくなるのです・・・

何とか打ち合わせも終わり、ほっとして自宅に戻って、夜中に気がつくと
頬に軽い痛みをおぼえて、鏡を見ると「頬に1センチほどの浅い傷がある」
家に戻って顔を洗ってひっかいたわけでもない・・
そのまま眠り翌朝目覚めると、
今度は手の甲にやはり1センチほどの傷ができていました・・・・」

不思議なことだと思っていたが、その傷も数日で消えて
それきりそんなことはなかった。

ところが半年後また、仕事の打ち合わせで、
その相手と会った日の翌朝、

「二の腕に以前と同じような、1センチほどの傷があり軽い痛みがあるのです。
どこも打っていないし、転んだり傷つけるようなことも一切なかった・・・・
どうして自分だけにそんなことが起こるのか、
他の苦手な人と会ってもそんなことはないのに・・・と不思議でした」


おそらく苦手な相手の方に憑いていた霊ですが、
その人自身はAさんのように敏感ではないので、感じることもなかったのです。

浄霊をし、お守りを身につけて、
今後、影響を受けないようにしました。
感じる方と感じない方の差は大きいです。

自分ばかりがどうして影響を受けるのか?悩んでしまう方もいます。
敏感ゆえに楽しいことさえも、皆のように楽しく感じることが出来ない。

だからあえて、人の裏側を感じ取ってしまうこともありますが、
よきことをかんじとる力も天性で備わっています。

その後はその相手と会われても傷ができることはなくなりました。
守られていかれますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
a0097419_2333892.jpg
a0097419_09180030.jpg


[PR]
by dimension-shin | 2018-10-07 10:43 | Comments(0)