霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

生きることは信じることの連続です


感受性が強くて過敏すぎてしまうと
例えば
外に出ても、菌があるのではないか、
不潔ではないかなど気にしすぎたりすると

とても神経質になりすぎて疲れてしまいますね。

いまは健康だけど、
「風邪を引いたらどうしよう」
「明日具合悪かったらどうしよう」
「死んじゃったらどうしよう」

などど考え始めてしまうと
不安の連鎖です。

自分自身の過敏な体質を受け入れて、
対処していくことも大事です。

それに何より、
疑いすぎる自分をコントロールしていくこと、

それには、
いままで無事に生きてきた自分を信じる、

そんなに柔な体ではありません。
人よりは感受性が強いかもしれないけれど、
人よりは悪いことが気になりやすいかもしれないけれど、

人よりは良いことも先に探せるだけの力、
能力も持ち合わせているのです。
不安が強すぎるのは
じょうずに使っていないだけです。

そして、自分を信じる
自分の運命と寿命を信じることも大事
生きる上ではたくさんの人も信じること
まずは、産み育ててくれた両親がいるからいま生きている。

ミルクを与え、おしめを変えて育ててくれた。
そして例えば、病院で採血するときも、
少し痛いですけれど看護師さんを信じてお任せします。

カフェに入って注文して、
注文したジュースを出してくれることを信じます。
バスや電車に乗って、
目的にいくのに、電車も運転士さんも信じます。

野菜を買いにでかけて、売ってくれる人、
お金を渡してお釣りをくれることを信じます。
野菜をつくって運んでくれる人を信じます。
だから安心しています。

道路は歩道を歩いて車は車道を走るルールも信じます。
洋品店に洋服があることを信じます。

単純なこと当たり前のことから、
人は「信じる」連鎖で世の中は成り立っています。
すべてが信じないと成り立ちません。

自分を愛すること
自分を信じること
人を信じること
すべては流れのなかで成り立っています。
自分だけ違うとか、あまりに不安材料を抱え込まないで

信じること
大切な自分だからこそ、疑いで充満させるよりも、
信じる気持ちで満たして
怖がらないで、

そして何よりも自分のからだを健康にしてあげるためにも、疑わないで食べて、
死んだらどうしようと悩むなら、自分を大事にしてあげて
自分の体は自分でも守る努力をして

そして信じること
自分を愛すること
穏やかな良き日々でありますように

[PR]
by dimension-shin | 2018-03-04 10:01 | Comments(0)