霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

邪魔が入るとき

スーパーで買い物をして、カゴに入れようと手を伸ばしたとき、

瞬間的に買い物客が「さっと!」横から手を伸ばして取ろうとした品物を先に買われたり、電車の切符を買おうとしたときに、さっと横から来て先を越されたり、何度も人にぶつかってばかりいる日や、行くところ行くところに同じような人を目にしたり、さまざまな場面でそのような経験をされた人もいるのではないでしょうか。

a0097419_11354518.jpg


気持ちがフラフラしているからです! といえばその一言で片付いてしまうでしょう。

しかし誰でも気持ちが一定で、常に安定している訳ではありません。

一瞬の油断とか隙があるのは当然です。

特に感受性や霊感の強い人は、その隙をつかれるようなことに対して、とても「ダメージ」を受けやすいことがあります。

そして霊的なものが介入していると、信じられないほどの速さで誰もいなかったはずのところに走ってでもやってくる現象さえ起こります。

精神的に落ちこんでしまい、なぜいつもそうなるのか? 見えない苛立ちに襲われたりすることもあるでしょう。

その気持ちのままに感情をどこかにぶつけても、さらにエスカレートして苛立ちだけが募ってしまいます。

油断と隙がどこかにあることを自覚して、取り込まれないように、なるべく気持ちを集中させて、そして自らの性格性質を上手にコントロールすることです。

家で5分でも瞑想をしたり、もし激しい落ち込みや苛立ち感が起こるのなら、ほんの少しどこかで休んで心(胸に)片手をあてて深呼吸を何度かすることで落ち着きがでます。


「気持ち」をよそにもっていかれないように、少しの休息は精神的な栄養剤にもなってくれます。



加藤眞澄 ホームページへ
[PR]
by dimension-shin | 2013-04-12 09:31 | 霊現象 | Comments(2)
Commented by ihatov12 at 2007-08-29 22:24
ここしばらくは深呼吸もできないほど心が乱れてました。
でももう大丈夫かも。
昨日、心のなかでなにかがはじけました。
ポンって音が聞こえたんです、ほんとに。
Commented by dimension-shin at 2007-08-30 20:22
思うことと、動くことがバランスを欠いてしまうこともありますね。感情というものに心が乱されたりもします。
心はいつも表面的な自分と奥底の霊的魂の自分を表現しバランスを取ろうとして、働きかけてくれます。
ポンってはじけて、ハスの花のように気持ちの花が咲いたのですね(笑)一つまた乗り越えて!大丈夫! 私も嬉しいです。よかったです!