霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin
霊を感じとりやすい人
、おばけが出るような場所にいくと体がゾクゾクしたり、
鳥肌が立つような寒気を感じられることもあります。

違和感のある波長を感じとったために体が反応を起こしてくるのです。

それに霊の存在は、この世に思いや
未練を残しているから現世から断ち切れずに、
霊として残るくらいですから、

「さみしさ、悲しさ、悔しさ、苦しみ、無念さ・・・・・・・などなど」 
およそマイナス意識の塊であることも多いのです。

a0097419_13563685.jpg

生きている私たちでも
あまり冷酷な冷たい言葉だけを自分に投げかけていたら、
とても心が冷えきってしまいます。

それを肉体のない霊(おばけ)は
心をマイナスで覆っているような状態です。

そのような感覚を受けたり、
とり憑かれたりしたときに

霊の気持ちが
心の中に伝わってきて、
肉体がありますから、

体は寒さを感じられるほどのマイナス世界に
いっとき波長が遭ってしまうこともあります。


ご自分が気持ちがよいと感じられる神社やお寺に
お参りすることも気の流れを整えてくれます。


   加藤眞澄HPへ
[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-19 09:50 | Comments(0)
つらいことを思われていた方がいました。

みんなに嫌われている。

どうせ自分なんかクズだと思われている。

自分がいない方が、世の中がきれいになる。

そう考えてしまう方が
3年前にある宗教に入り、

毎日のように通いつめているうちに、
だんだん落ち込んできてしまったのです。

不成仏霊の感情を受けすぎてしまっていました。

お会いしたときは宗教は退会されてましたが、
在籍中に霊感があるためか

幹部の指示で
信者さんたちの
霊的な相談をするようにいわれていたそうです。

それは影響を受けます。

浄霊をして
気を整えていかれるように相性の良い神社へも参拝を続けて、
徐々に気持ちが自分らしく明るくなってこられました。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-16 10:14 | Comments(0)
特別なことで悩んでいるわけではないけれど、
不安になったり落ち着かないような

イライラ感などが
突き上げてくる状態で疲れてしまう方がいます。

もちろん多少のきっかけはあるにしても、
「手が痛いから何か病気かしら」

「子供が熱を出してカゼだといわれた」
「家族がご飯をおいしいといってくれないから」

というくらいのことで
ものすごく悩んでしまったり不安になったりする方もいます。
a0097419_22424634.jpg

ご自分でもなんでもないことに不安を感じてしまう。
精神的にとても人の評価が気になりやすくて、いろいろ
過敏になりやすいかもしれません。

しっかり自身のこころや魂と
向き合っていかれることが大事です。

些細なことがとても大きく感じとれてしまいますから、
なるべく良いことを
大きく感じとられる方向を見出していくことが大切です。

良くないことは思いからなるべく手放して手放して・・・・・・・




[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-13 10:28 | Comments(0)
愛犬を庭で遊ばせていたときに、
飼い主のBさんが油断した隙に、

愛犬が道路に飛び出して、
あっという間に車にひかれて死んでしまったのです。

可愛がっていたのに、
自分が死なせてしまったとひどく落ちこんで、
外もでられなくなってしまったのです。

いま愛犬がどうしているかの依頼がありましたが、
犬は恨んでもいないし怒ってもいない、

死という認識はありませんが、
大好きな飼い主さんが元気がないことは伝わります。

むしろ亡くなった愛犬の方が
Bさんを心配している感じで、
霊査してもそばにいるのです。

Bさんが早く元気にならないと
愛犬も心配したままです。

それに愛犬はまだ家の中で
共に生活している感覚がのこっています。

不可抗力の事故という運命でしたから、
いつまでも責めていると愛犬も悲しむことになります。

つらいけれど乗り越えて進むようにお伝えし、
人と犬のご縁と運命があることをお話しして
小さなお位牌に御魂入れをし、
その後Bさんは元気になってきたのです。

不思議なことに一年くらいしてから、
友人が半ば強制的につれてきて飼うことになった子犬は、
見かけはまったく以前の愛犬とは違うのですが、
やることなすこと性格が以前の犬によく似ているそうです。

「外に勝手に飛び出さないように、
厳しい訓練はしている」とのこと。

つらい思い出は今後の良き教訓になさって、
しあわせにつなげてください。



*ペットとしてして飼われた動物は、
人の心を映すように反応してくることも多いのです。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-11 09:04 | Comments(0)
友人知人と会話したり、

何気なく手に取った本や、

耳にした言葉に一言がとても気になったり、

街で目に付いた広告や言葉が

心に印象的に残ることもあります。

それはご自分にとって意味のあることが多いこと。

何度も同じようなことが気にかかるときには

自分にとって必要とすることが含まれていて、

守護からのメッセージでもあります。

日々日常の中で、

心に浮かび伝わることにも大きな意味が含まれています。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_23163796.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-11 08:11 | Comments(0)

土地の影響

引っ越しをされてから気になることが出てくることもあります。

Aさんは「実は3年前にいまのところに越してきてから、
いつも体が重たくて、なんかつらかった。
時折部屋を白い影がスッとよぎっていくのです・・・

でも主人が頑張って購入してくれた家なので、
文句をいったら悪いな~って思っていました」

土地の影響が強かったようで、
お家におうかがいすることにしました。

大きな川が近くにあり、
昔の川の犠牲者の供養碑もあるほど
かなり昔は自然災害があったところです。

いまは住みやすく整備されていますが、
霊的なことを感じる方は、過去のエネルギーを感知してしまうのです。

お清めと浄霊と川の近くの神社へもおまいりしていただきました。
奥さまも明るくなってきたのです。
穏やかなよき日々でありますように。


 
a0097419_22583249.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-09 09:53 | Comments(0)

霊的な影響


Aさんは「仕事の打ち合わせで、会社の取引先の人と、
いつもはメールか電話のやりとりだけですむのですが、
今回はどうしても直接合わなければならなくて、
それもいつもは数人での打ち合わせなのに、一人だけで会うことになったのです」

それほど相手の人を苦手だったのです。

「悪い人ではないけれど、どことなく話づらい。
それに会っていると、どうしてだが体が重たくなるのです・・・

何とか打ち合わせも終わり、ほっとして自宅に戻って、夜中に気がつくと
頬に軽い痛みをおぼえて、鏡を見ると「頬に1センチほどの浅い傷がある」
家に戻って顔を洗ってひっかいたわけでもない・・
そのまま眠り翌朝目覚めると、
今度は手の甲にやはり1センチほどの傷ができていました・・・・」

不思議なことだと思っていたが、その傷も数日で消えて
それきりそんなことはなかった。

ところが半年後また、仕事の打ち合わせで、
その相手と会った日の翌朝、

「二の腕に以前と同じような、1センチほどの傷があり軽い痛みがあるのです。
どこも打っていないし、転んだり傷つけるようなことも一切なかった・・・・
どうして自分だけにそんなことが起こるのか、
他の苦手な人と会ってもそんなことはないのに・・・と不思議でした」


おそらく苦手な相手の方に憑いていた霊ですが、
その人自身はAさんのように敏感ではないので、感じることもなかったのです。

浄霊をし、お守りを身につけて、
今後、影響を受けないようにしました。
感じる方と感じない方の差は大きいです。

自分ばかりがどうして影響を受けるのか?悩んでしまう方もいます。
敏感ゆえに楽しいことさえも、皆のように楽しく感じることが出来ない。

だからあえて、人の裏側を感じ取ってしまうこともありますが、
よきことをかんじとる力も天性で備わっています。

その後はその相手と会われても傷ができることはなくなりました。
守られていかれますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
a0097419_2333892.jpg
a0097419_09180030.jpg


[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-07 10:43 | Comments(0)

おだやかに

怒りや腹立ちは

体に熱を貯めてしまいます

ご自分の体をいためてしまう

できるだけおだやかに

深呼吸

御身たいせつに




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_15164025.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-05 10:13 | Comments(0)
「鏡に写して見る顔はいつもと同じでも、
職場の人と話をしているとなぜだか、
話をしている人が顔をしかめる気がするのです。
私が相手に不快な思いをさせているような気もします。
自分の顔は実際にはゆがんでいません」


「それは話をしている相手の方の霊的な憑きものを受けてしまっているだけです。
自分に問題があるというのではありません。
しかめ面に受け取ってしまうのは、相手に憑く霊を感じてしまうからです」


そういえば誰かと話をしているときに、
病気でもなくケガもしていないのに痛みを感じることもあります。


霊感が強い方はこのように
ときどき周囲の問題か自分自身の問題か
入り交じってしまう感覚や、霊的に影響が出てしまうことがあります。




     加藤 眞澄ホームページへ
a0097419_15262126.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-10-02 09:20 | Comments(0)
ご相談後に必要な神社に
おまいりにいらしていただくこともありますが、

Aさんが神社の鳥居の前で、
急に足が重たくなって、ようやく本殿に歩いていくと、

今度は参拝前にそばに誰もいないのに、
持っていたバッグを叩かれたように感じ、
首もとを引っ張られたりする感じがあって、

「ようやくお参りしたけれど、
誰もいないのに霊が依ってきたのでしょうか?
おまいりを邪魔されているのでしょうか?」
と不安でご連絡がきました。


これは霊たちの存在が、
おまいりに行くことを受け入れて喜んでいるものと、

畏れて受け入れがたい霊がいますから、抵抗をするのです。
はじめの内は多少は仕方がありません。

ある方はお寺にいかれたとたんに、門前で足が止まってしまったり、
足がなまりのように重たくなってしまう人もいます。
霊的な反応を受けやすい方はこのような体験をされてしまいがちです。

そのためにも。浄化できることが必要です。
今後、何度かおまいりにいかれると、
だんだん落ち着いてきますので心配ありません。

自信をもって、


これだけ反応しているということは、

内在していたということでもありますから、
おもてに出て浄化していきます。

神社やお寺は気の流れを整えてくれるところですから、
気持ちがよいと感じられるところは出掛けてください。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-09-29 09:40 | Comments(0)