霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2018年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「この子が嫌だというので無理には言えない」

「この子が行きたがらないから行けない」

「この子が・・・」

さまざまな局面で、
あきらかに、そうした方が良いのであろうということにも、
親がまるで逃げ道のようにその子のせいにしていることもあります。

親御さんが説得できる力と、本当に必要なことに関しては、
泣いても力強く引っ張っていくことも親の役目です。

そうしなければ
お子さんは人間性が出来る前に、
いつも何かのせいで逃げてしまいます。

いつも自分の気持ちがまかり通ってしまうことしか覚えません。

いつもどうやって生きていいのか、
わからないことにもなってしまわないように。

話しあう大切さ
親御さんも考え方と生きる姿勢をしっかりと、軸をもって

善き人生のために





加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_22544126.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-24 08:50 | Comments(0)
以前ご相談にこられたA子さんは、
とても霊感も強く感受性が高いために浄霊もしたのですが、
波長のあう神社へ行かれることをおすすめしたのです。

A子さん「先日、お聞きしました神社のお参りをやっと行くことが出来ました。
都心から少し遠いのでなかなかいけませんでしたが、

自分の周囲で体調を崩して倒れてしまう人も出たりしたので、
どうしても早く行かなければ行けないという思いにかられて出かけました。

お参りをすると気持ちが良いのと、
山の気も心身を清めてくれていると感じられました。

またここの神社にはご神水があったのですね。
飲んでも大丈夫だということでゴクゴク飲みました。
神社の気もよいのでしょうが、ご神水が体にしみわたるようでした。

知識ではわかっていることですが、食べるものも
ご神水も自分の血や肉となり、
命が生かされているいるのですね。

今まで何でもないと思っていたものも見方を変えれば感謝できますし、
本当にそうだと感じて納得し、清々しい思いで戻ってきました。

またいままでならすぐに怒っていた出来事にも
怒っても仕方がないことだと気がついたり、
周りと自分自身を知ることができます。

霊感の強さで感情や感覚が先立ってしまうときもありますが、
あまり先の不安を自分で作らないことを第一に考えます。ありがとうございました。」

とおっしゃっていました。
素敵なお参りとご神水で、命の力を感じられたのでした。
ちなみにこの方が行かれたのは、神奈川県の大山阿夫利神社さんです。

ゆったりと穏やかに


加藤眞澄ホームページ
[PR]
by dimension-shin | 2018-05-22 00:43 | Comments(0)

自分ばかり

同じ社内のなかで、
自分は他の人たちよりも
まじめに仕事しているし、早くこなせる。

スキルもあるし、面倒くさいと思っても
人に話を合わせることもできる。
自分だけが浮いているとは思わない。

その割には、同じような条件の中で人一倍
仕事量をこなしていても、
会社からの評価が低いことがつらい・・・・

自分が関わっていた仕事内容で、
ミスが起こったとき、修正することに追われていたときに
たまたま上司が見ていたり
(ミスをした人が休みだったので、
自分がやっていただけなのに・・・)

自分のことを快く思わない人がいたり・・
(仕事は出来ない、噂好き)
トラブルを起こしたりはしないけれど、
まじめに早く、的確に仕事をしていることが
ほとほとイヤになってしまう。

だからといって、職場を変えるわけにも行かない・・
そんな悩みを抱えている方もおられます。

仕事が終わってからも、そんな気持ちを引きずってしまうと、
心身もまいってしまいますから、
気をかえて日々リフレッシュが必要です。

思いを切り替えて自分は自分人は人、
神経も尖ってしまいがちですから、


自分の心を休めてあげよう

体を整えておこう

人の思惑ばかりにとらわれないように

ご自分の気が整うと感じるところを

探してみることは大切なこと

海を見に行くととても落ち着く人

山の空気がとても心地よいと感じる人

神仏を祀る、神社仏閣に参拝すると穏やかになれる人

これから善き出会いが動き出しますように


より穏やかに



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_1456475.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-20 08:50 | Comments(0)
ご先祖代々が何百年も続いて、
同じ土地に住んでいたあるお家では、
金銭的な事情から、だんだん土地を手放すことになり、
広い庭の池も埋めてしまったのです。

もちろん先に池の鯉は、業者さんに頼んで引き取ってもらい、
池を埋めるときも業者さんに頼まれたのです。

しかし池を埋めてから立て続けに、
祖父母は寝込んでしまい、ご主人は仕事のトラブルが重なり、
お孫さんは熱がでたりおさまったりのくりかえし、

奥さんだけが、大事にしてきた池を
お祓いもしないで埋めるのはよくないと言っても
誰も聞く耳を持たなかった。

「どうせ手放す土地だから」でなにもしなかったのです。
それはよくありませんね。

後日お伺いして、お清めをさせていただいていると、
いまは無くなっていますが、昔は水神様をお祀りされていたようです。

小さな石が置かれていたのを。ご家族が覚えていらっしゃいました。
言い伝えられていなかったので知らなかったのですが、
けれども古い池や井戸を埋められるときには、
お清めをされたり細心の注意はされることは大事です。

その後には、ご家族もお元気になられました。
水神様にまつわる神社はおまいりに行っていただきました。
穏やかなよき日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_14433690.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-18 00:37 | Comments(0)
新築の賃貸マンションで起こった出来事ですが、
入居者もすぐに決まり住み始めてから1年ぐらいで、
入居者の出入りが変わってしまうのです。

マンションを出て行かれた方は、それも余りよい離れかたではなくて、
別居のように一人で出て行かれたりあまり戻らなくなってしまう方もいる。

あるいは離婚されてしまったり、
激しい喧嘩が何度も騒ぎになる入居者もいました。
a0097419_14174735.jpg

ここの大家さんのご相談を受けましたが、
「マンションに建てる前は代々の農家で畑になっていたところで
住んでいたわけではないが、人が住み始めたらこの状態で
土地がよくないのでしょうか?」と聞かれました。

霊査をするとこの土地の昔の情景が出てきたのですが、
戦って逃げて追われて討たれた人たちの過去の情景がはっきり出てきました。
戦う意識が強いのです。

出来る形での供養と清めをしてあげなくてはおさまらないので、
浄霊し清めていくことをしばらくの間続けていくようにお伝えしましたが、
その後一度お伺いして浄霊し入居者も落ち着いてこられたのでした。

穏やかな良き日々でありますように

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

加藤 眞澄ホームページへ

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-14 08:32 | Comments(0)

主婦のA子さんはある日キッチンで食事の用意をしていると、
いきなり過去に交際していた男性(元カレ)のことを思いだし、

胸が痛くなるほど懐かしく、
「どうしているのか? 会いたい、

主人もいるので付き合いたいわけではないけれど、
涙が出てきます。話がしたい・・」

過去は時々思い出すことはあっても、
これほど胸が痛むほど強烈に思い出すことはなかった。
A子さん「自分でも感情が高ぶっておかしいと思い、
主人にも落ち込んでいる理由はなんだ?と聞かれて言えませんし・・・」

A子さんを霊査していると、
背後に黒い影のように憑いている霊がいます。
「最近どこか旅行に行かれましたか?」

A子さん「主人が山が好きで、
一緒に登山にいきましたが、帰りに
あまり知られていない洞窟も付き合わされました。
あ、そういえばはじめから入るのが違和感がありました・・・」


憑いている霊は女性で、
A子さんの会いたい気持ちとリンクしてしまったようです。

霊もまた、会いたい人がいた。
しかし、会えないで亡くなったのです。

浄霊することができましたが、
今後は山に行かれたりするときには、
お守りを持たれていかれることをお伝えしました。

A子さんの感受性が強くなっていますから、
違和感を感じたら、帰ってこられてから、
神社やお寺にお参りにいかれた方が良いのです。
穏やかなよき日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_15563084.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-12 08:53 | Comments(0)
ある日の午後、喫茶店でお茶を飲んでいると、
お隣にいらしたまだ50代くらいの女性が、話しかけてこられたのです。

女性「いま救急車のサイレンを聞いていると涙がでてきてしまう。
自分が運ばれたらどうしようと思って・・・

最近、介護だ、病気の死因はなにが多いとか、お墓の問題とか、
いろいろマスコミが報道しているのを聞いていると、
自分も終活を考えないといけないと思ってしまうので、
いつも病気になったらどうしよう、
私が死んだあとどうしてもらおうかとばかり考えてしまうんです。

仕事はしていますが、この先が不安で不安で・・・
いきなりこんなことをお話しして失礼しました」



このようなことを、たまたま隣に居合わせた私にお話しになりました。
この女性は、とても周りのことを気にされるタイプで、
しかも人に迷惑をかけたくないといつも思われているようです。

介護だ病気だ、終活だとマスコミ情報をすべてを
ご自分に当てはめて考えすぎて神経が疲れてしまうのでしょう。

元気でいるための体づくりは、食事療法も大事ですが、
考えすぎてストレスをためすぎないことです。

無理をしすぎず、そしておおらかに穏やかに
病は気からともいいますが、考えすぎて悩みすぎたら気を乱してしまいます。
他人を中心に考えすぎて、ご自分をおろそかになさらにように。
穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_1984164.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-10 08:02 | Comments(0)
学校へいけるけれど、授業中先生が黒板に書いたことを、
答えなさいと指されると「わかりません」としかこたえられずに
叱られてばかりのお子さんがいます。

先生も心配して勉強はできるのに
どうして答えられないのかと親も呼ばれて注意を受ける。

黒板を見ていると、もやもや白くなって、(霊)の顔もみえたりしてしまうのです。
でもそんなことは、子供ながら言えないし親も言えない。

このお子さんの場合には目も悪いからと言うことで
席も前のほうにしてもらって何とか黒板が見えるようにはなりましたが、
感覚の強いお子さんは何かとズレが生じるこも多いかもしれません。

普通の人には見えないものが見えたり感じたりします。
病院にいけば発達障害かもしれませんといわれてしまったり・・・・・・
親御さんもなるべく急がず焦らず、お子さんの感性を理解してあげてください。
疲れやすいし、神経も高ぶりやすい。霊的なものを背負い込むこともあります。

自然のエネルギーが満ちたところはいやしてくれる力もあります。
先を心配しすぎずに良き日々でありますように


加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
霊能者  

a0097419_12295833.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-07 08:08 | Comments(0)
ある日の午後、喫茶店でお茶を飲んでいると、
お隣にいらしたまだ50代くらいの女性が、話しかけてこられたのです。
女性「いま救急車のサイレンを聞いていると涙がでてきてしまう。
自分が運ばれたらどうしようと思って・・・

最近、介護だ、病気の死因はなにが多いとか、
お墓の問題とか、いろいろマスコミが報道しているのを聞いていると、
自分も終活を考えないといけないと思ってしまうので、

いつも病気になったらどうしよう、
私が死んだあとどうしてもらおうかとばかり考えてしまうんです。
仕事はしていますが、この先が不安で不安で・・・
いきなりこんなことをお話しして失礼しました」



このようなことを、急に私にお話しになりました。
この女性は、とても周りのことを気にされるタイプで、
しかも人に迷惑をかけたくないといつも思われているようです。

介護だ病気だ、終活だとマスコミ情報を
すべてご自分に当てはめて考えすぎて神経が疲れてしまうのでしょう。

元気でいるためのからづくりは、
食事療法も大事ですが、考えすぎてストレスをためすぎないことです。
無理をしすぎず、そしておおらかに穏やかに
病は気からともいいますが、
考えすぎて悩みすぎたら気を乱してしまいます。

将来への不安ばかりを抱えこんでしまうより、
今の思いや生き方が、未来を変化させていく力でもあることを大事になさってください。


加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_13573466.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-05-03 08:50 | Comments(0)