霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

<   2018年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

普通に日常の生活はしているけれども、
それがいつもなんだか楽しくない。

それほどおしゃべりな性格ではないので
仕方がないかと思ってきたが、
人前ではつくり笑いにせよ笑顔もみせられる。

問題はときおり心の中で
押し寄せるようにくる焦燥感がやりきれない

出口のない暗闇に自分がいるように感じて、
苦しくてつらくて奈落の底にいるような・・・・・

質感を伴ったようにかんじるときだったり・・・・
感性のとらえ方は異なるかもしれませんが、

それが霊的な影響だったり、
現実と内面の意識のギャップだったり、
家族や周囲の影響を受けすぎてしまい

自分の意識が希薄になっていることなど、
さまざまな理由があります。
表の見える自分だけがすべてではありません。

内面との調整がぶれてしまうとき、時には浄霊も必要ですが、
深呼吸は大事。

気のよい神社は整います。

良き風景は新たな明日に勇気をくれます


a0097419_11234963.jpg


加藤眞澄ホームページへ

霊能
精神世界
不思議

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-28 08:32 | Comments(0)

心の対話をたいせつに

毎日なにかスケジュールが埋まっていないと不安で仕方がないという方もいます。
一人でいると気が狂いそうに不安になった・・・。

一人だけの時は、誰と会話もしませんから、
必然的に自分の心の会話になっています。

自問自答で自分に向き合うことが怖い。

人と会話することも大事ですが、
ときには心のなかで自問自答して、

自身の内面の対話のように
心を向けてみることは、霊的な成長でもあります。
心と自然界との交流は瞑想にも匹敵し、
本来は気持ちを落ち着かせてくれます。
自分を大事に

穏やかなよき日々でありますように


加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_22272123.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-26 08:24 | Comments(0)
長年住んでいるご自宅で、
家の隅で「ドッシーン!バッキン!」という音が
何度も聞こえるようになり、
それもご家族で娘さんだけが聞こえるそうです。

ゆっくり眠れない・・
よくお話しを伺うと、ときおりラップ音はあるそうですが、

それほど気にならなかったのですが、
ここしばらくひどく大きな音が聞こえるのはどうしてか❔

「気になるのはお家の周囲で
土地をさわったお宅はありませんか」とお聞きすると、
隣のアパートが取り壊されて、住宅が建てられたそうです。

気の流れも変わりますが、
霊的にもおさまっていた事が、吹き出してくることもあります。

霊感の強い娘さんだけが、
霊的な動きを、凄いラップ音として感知したのです。
お清めをしばらく続けることでおさまってこられたのでした。

見えない繋がりは、そのお家のご縁でもあったりします。
穏やかなよき日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
by dimension-shin | 2018-06-24 08:35 | Comments(0)

感情

嬉しい楽しいの感情は、
とても元気の出るわくわくするものです。

反対に怒りや、嫉妬の感情は
とても自分を混乱させてしまうものです。

落ち着くことができない感情の一人歩きでは、
相手にも気持ちが伝わらないし混乱させてしまいます。

もともと感受性が強い方は
感情が先走ってしまうこともあります。

自分のルールだけで、決めつけないように。

相手にもルールがあってのことだということを、
話し合うこと、気を向けること。

おだやかに
穏やかに
さらに穏やかに




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_22163090.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-22 22:11 | Comments(0)

精霊

Aさんは退職を機に愛犬とともに
市街地から離れた、森林の多いところに住まわれています。
都会よりも自然が多いところに住みたかったそうです。

ある日、愛犬のお散歩で始めて通る山道で、
一際大きな木の前に来たときに、
周りには誰もいないのに
「ここにようこそ!」と聞こえたそうです。

Aさん「おそらく声というより、
私の胸に心に、どしんと響いてくるような、力強い言葉でした。
でも愛犬も普通にしていましたので、怖くはなかった。

始めての体験だったと思いますが、
木の精霊と山の守りの意識が、
人間的な言葉として伝わったのです。

その後は森を通ってもそういう声は響いてこないそうですが、
大きな見えないものに、抱かれているような温かさを感じるのだそうです。

いつもいつも聞こえていたら、それはそれで問題ですが、
精霊のいるあたたかい、森、山であるということを大切に
、日々のよい暮らしでありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-20 08:18 | Comments(0)

お参りしても雑念

神社やお寺にお参りに行かれたときに、
「どうしても、いろいろな気持ちが出てきて、

雑念というのか、清い気持ちで集中できない・・・・
手を合わせていても、次々に思いが出てきてしまうような感じで・・・・・」
とおっしゃる人が多いです。

神仏の前では神妙にしていても、
心の中はさまざまなことを思われる。

それが偽りのない今の自分ですから、
お参りに行かれたときこそ、心の内が出てしまうのです。

境内を散策しながら、ご自分の気持ちと対峙しながら清めのひととき




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

a0097419_23381516.jpg

a0097419_2338598.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-18 08:27 | Comments(0)
親しい友人と会っても、
急に気分が悪くなってしまったり、
体が重たくなったり、
自分に何かが乗っかって来たように感じたり、

霊的なことを感知するのがするどくて、
人と会うこと自体がとてもエネルギーがいる事だったりする方もいます。

人には話しても理解してもらえない。
言えばいうほど、頭がおかしいの?
精神病んでいるんじゃないかと言われたり辛いですね。

原因は相手にもあるのですが、
受けてしまう自分の体質でもあります。

つねに受けたら浄化できることを心がけておくことも大事です。
何よりご自分の心がどこまでとらわれてしまったのか、

自分らしくない感情にみたされていたら

ときにはお寺の供養
ときには神社

そのつど気を入れかえて

整えていかれることをたいせつに
穏やかなよき日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_22225368.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-16 08:18 | Comments(0)

運命でも考え方次第

同じ不幸でも、落ちこんでいるのと、
笑い飛ばしていこうとするのとでは気持ちの変化がおこります。

落ちこんでいるとドンドン下降していき、
もし水の中にいたなら溺れてしまうかもしれません・・・・・・・・。

笑い飛ばせる心境になれないにしても、
上を見上げて沈まない用心をすることか、
泳ぎつける岸を探そうとすることで選択肢が変わって行くことができ、
運命が好転していくことにつながります。

与えられたと言うより、むしろ自分の魂が望んで
この人生を得ている中で、分相応という言葉があるように、 
「身の程」を知る自分を見極めていかなければならなりません。


それなら好きなことをやりたい放題にしてもいいのかな?
ということもありえますが、どうしても自分が生涯をかけても
トライしていきたいのならそれも生き方です。

人の運命を羨んでもキリがなく、
どうして自分の運命はこうなんだろうと、またまた考え込んでしまいます。

自分にしか出来ないこと、
自分だから楽しく思えることを日常の中でも見出して、
天命という花が花開くか、少し開くか、
それともつぼみのままか、それぞれ左右されるのではないでしょうか。

私は学生の頃にアルバイトをしていた喫茶店で、
そこのママがお店と家庭のお仕事を
目のまわるような忙しさで仕事をこなしていたので、

「すごいですね~」

と言うと「これが私の運命だと思っているし、楽しいのよ!天命かな」
と言われたのを思い出します。

「一度に10人くらいお客さんが来ても焦らず
順番に応対して行けばいいのよ、1人も10人も同じこと」 
と話されたことがありました。

なるほど人生もそのとおりで、
自分を悩ませる問題が天命で、
どのように対応していくことができるか、
また何も対応せずに溜め込んでしまうかでは大違いです。

与えられた環境の中でどのように生きて過ごすか、
環境を打ち破るためにはどうすべきか、
次にはどこに進もうかと考えていくことも選択肢がドンドン変化します。

「生まれて生きて」がすなわち天命そのものなのです。
「自分にしか」つくれない人生は霊的な心の成長でもあり
誰にも取って代わることができない大切な生涯です。

穏やかな良き日々でありますように
[PR]
by dimension-shin | 2018-06-14 08:55 | Comments(0)

お礼まいり

あるご一家は、長年住んできた自宅の土地は
法律上建て替えることが出来ないため、
3駅離れたところへ家を建てて、
引っ越し前に先に住民票も移されました。

それから数日以内に、
父親は仕事で発注ミスが何軒も起こり、
母親はめまいを起こし、
息子さん達は発熱
それも立て続けに起こったそうです。

まだ引っ越しをされていなくても住所を移されたことで、
新たな流れが変わってきます。

まず、長年住まわれてこられた、
土地の氏神さまへ、お礼参りをされてこられることが必要です。

そして次に、新たなお住まいの土地の氏神さまに、
ご挨拶のお参りをされて来られると良いでしょう。

これ以上ご家族に問題が出るようでしたら、
他に影響も考えなければなりませんが、
まずは礼を尽くされてください。

穏やかなよき日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_229231.jpg

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-11 08:05 | Comments(0)

日々おだやかに

今の状態に、不満だったり、
気に入らないことがおこったり、

自らをかえりみず、他の人に、
その原因を人に転嫁して、責めることで、

気持ちの収まりどころにしようとする人もいます。

人を責めたときは、
そのとき一時的には自分自身が楽になっても、
本来、自らが心の葛藤をしないで、

他人に転嫁ばかりしてしまうと、
また何度も繰り返すことになってしまいます。

時は進みます。

自らの心も、つらさごと、恨みごころを手放して
しあわせでありますように


日々おだやかに



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 スピリチュアル 霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2018-06-07 08:43 | Comments(0)