霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

鳥 と 霊

A子さんの家の庭にハトがくるようになったころ、
B子さんはある有名な神社の修復中の場所で
美しい鳥が横たわっているのを見つけ社務所に伝えた、

同じ頃C子さんの自宅の玄関に
野鳥がぶつかって息耐えたのでした。

同時期に、
鳥があらわれてきたのです。
それも普段全くないことが友人同士の間で重なったのです。
a0097419_18425127.jpg

鳥は霊を運ぶとも言われていますが霊のお使いでもあります。
この3名の方々はスピリチュアルなことに理解が深いのと、
霊的な意味を受け取ろうとする器をもっていられたのです。

多くの神社や地元の小さな神社も巡り、
地元の方もなかなか行かなくなってしまったような
神社等も大切にしたいと思う人たちです。

霊と鳥(動物)がつながるように、

ときには鳥とともに庭にきて挨拶をしていく霊を感じられる人もいます。、
霊を乗せた鳥が亡くなる場所として
選んで玄関を叩くように寿命を終えた鳥は、
家人により手厚く埋葬されたのも霊の供養にもつながります。

神社の鳥は神社で手厚く
神事を大切にされる方が埋めてくださるでしょう。
自然界はつながりと必要な偶然に満ちています。


加藤眞澄ホームページへ
[PR]
# by dimension-shin | 2018-02-08 07:24 | Comments(0)
人付き合いでも

悪いことばかりが気になってしまう

その感性は

良いところを探す

強い気も持たれていますよ

悪い方へ気が行き過ぎてしまうだけです

良いことも見つける気の力 たいせつに


穏やかな良き日々でありますように

[PR]
# by dimension-shin | 2018-02-06 08:02 | Comments(0)
子供さんが生まれて数ヶ月のころから、

赤ちゃんなのに、ものスゴい激しい泣き方をしたり、

幼い頃から非常に、感受性が強い、

それでも幼稚園や学校に行くようになると、

外(学校や友人)には普通におつきあいしている。

ただ、自宅に戻ると非常に乱暴な言葉を言ったり、

とり憑かれたように、「恨んでやる」

というようなことを言ってきたり、

感情のコントロールができないので、

ものを投げたりしてくる。

それも家の中だけで、

外ではまったくそんなことはないのです。

こういうケースの場合は、

家、土地の問題

ご先祖の問題

子供さんの霊的な問題と体質

いろいろな側面から理解をして

解決していく必要があります。

感受性の強いお子さんは幼いときから、

感情が激しいこともありますから、

善悪の見極めのためにも善きこと悪しきこと、

普通よりきびしくはっきり教育される事も大事です。

穏やかで善き日々でありますように。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_21222692.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-02-04 04:18 | Comments(0)

ご自分はしあわせで感謝しているのに、

ときおり感情が高ぶって

泣いてしまうこともあります。

家族にも恵まれているのに

寂しく、悲しく、腹立たしく、

自分がいやになってしまう。

死にたくなってしまう。

自分であって自分でない感覚になったりする方もいます。

感受性が強い方はときとして、

感情的にも高ぶりやすいところもあります。

それもご自身がわかっているのですが、

泣いたりするように

コントロールがしずらくなっているときには、

ご自分の意識よりも霊的な意識が

表面的になっているときです。

疲れたり、自宅でリラックス出来ると

内的に抑えていた状態から

表面化してくる場合もあるからです。

落ち着いて深呼吸

これまで守られてきた事を信じて

今のしあわせを信じて感謝

穏やかで良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2352642.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-02-02 08:46 | Comments(0)
人から言われたことや

テレビや書物で気になった言葉が

いつまでも頭から離れなくて

そのことを気にしてしまう人がいます。

たとえば、怖いものの話や映像

病気の恐怖など、

見たり聞いたりして

頭の一部にこびりついたように離れない

感受性が強いと、サラッと忘れない

しばらくの間記憶が鮮明に残ってしまいます。

それでも忘れている瞬間もありますから、

次の良いことに気持ちを動かして

徐々に記憶から放していかれるように

頭から離れない、そのことばかりが気になる

どうしよう、自分は変なんて追いつめて考えないで

次の心配事は増やさないで

穏やかな良き日々でありますように。



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2346356.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-31 08:39 | Comments(0)

今から これから

グチばかりしか言わない人と話していると、

すごく疲れを感じたりするのは、

考え方が過去ばかり見ていて、

先に進みづらいからです。

こころとらわれないように

大事なことは今から、これから

a0097419_23152577.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-27 08:08 | Comments(0)
仕事でもご自分の評価が気になりすぎて

どうしても自分に自信が持てないと

嫌われていると追いつめてしまうこともあります。

過去の自分の姿を思い浮かべてばかりに

心をとらわれないで

過去は1年前でも、1時間前でも過去は過去

今からこれから、

今日がだめでも明日は変われる

自分はダメという概念を手放して、

できることに自信を託して

穏やかな良き日々でありますように

しあわせでありますように


[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-25 08:34 | Comments(0)
Q
氏神様はあるけれど、なんだか小さくて暗くて、

怖い感じがします。どうしてもお参りに行く気になれないのですが、

それでもそこへ行かなければなりませんか。

少し離れたところに氏神様ではないですが、

気持ちがよいと感じる神社はあるのですがどうしたらよいですか?


氏神様は大切な土地を守るところでもありますが、

深く考えすぎずに直感が大切ですから、

ご自分が気持ちがよいと感じられるところでよいですよ。

また近くに同じくらいの距離に神社があって土地の人にきいても

どっちが氏神様かわからないと迷うこともありますが、

両方へご挨拶にいかれてもよいですが、気持ちが向くほうでよいです。



加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-21 08:39 | Comments(0)
日常的に、直感力もあり、

人の思っていることも

感じ取ってしまいやすい方もいます。

あまり親しくしたくなくても、

親戚をお付き合いは

最低限しなくてはならないこともあります。

A子さんはあまり好意のもてない親戚の方が、

送ってくれた日用品、新品なのに、

その品物に親戚の方の

家の臭いや意識を感じ取ってしまうので

使えない・・・

送ってくれた気持ちはありがたい

でも、いろいろなことが思い出され過ぎて

使うことができない。

それほどその親戚にいじめられたわけでもない、

でもなにげに言われた一言が気になって、

好きになれない・・・

結局、その品物は知人にあげてしまった。

(本当はA子さん好きなもの使いたいものだった)

そのくらい過敏だと、

ものは単なるものではなく、

意識が伝わってくる

媒体になってしまうのです。

A子さんもこんなことばかりでは、

自分も精神的にまいってしまうから、

なんとか変えていかなければならないと、

エキセントリックにならないように

がんばっています。

ものが意識が伝わる媒体ともなっているけれど、

結局は自分自身の心が、

いろいろな思いを振り返りすぎている心が

手放せていないことに気づき、

その後送っていただいたものは、

徐々に使えるようになりました。

苦しくなったときには、

気持ちを切り替えるためにも、

神社におまいりされて、

一息心を落ち着かせながら、

気持ちの置き所を見いだして

ゆっくりと

穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2154449.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-19 08:48 | Comments(0)
ご自分の魂のたどってきたいくつもの過去世を思い出すこともあります。

過去世で縁のあった魂の人と出会うと、

いきなり過去の情景が浮かんできたりすることがあります。

そのときにはどのような立場で、どんなことが起こったかなど、

もちろんすべてではありませんが、

過去の記憶の中の強烈なところを思い出したりするもです。

気のせいだと流す人もいます。

逆に思い出したことで悲しい、つらい、を甦らせてしまうことも。

ある人はいくつもの過去世に、出会ってしまい、

何回かの過去世で

相手の人(魂)がいつもご自分より偉い立場で、

いまだにその相手に縛られている感覚を思い出すのでした。

だからつらい・・・



「ご自分の思い出す過去世が、その相手(魂)に従属していた過去ばかりに

とらわれて思い出しているからです。

ご自身の過去世(魂)が従属していないときの過去世が

あることを忘れているからです。

見方を切り替えてもっと良い過去世を思い出すことです」

その相手とは出会わない過去世もあることを思い出すことも必要です。

過去の記憶のように、思い出したことで

嫌なことつらいことがよみがえってしまう人もいます。

善いときもあったこと思い出して。

忘れずに

穏やかな日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-16 08:48 | Comments(0)