霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin
いつもはお金を大事に使う人が、
急にお金遣いが激しくなることは心配です。

カードで借りることがない人が借り始めたり、
「自分でもよくわからない・・」
という人もいます。
霊的なものと、人の意識です。

霊的な問題はとる必要があります。
人間的には気持ちを切り替えることも必要です。

弱いところに(人の弱点)影響されやすい。

あるケースでは
誰も住まなくなったご実家(昔は庄屋さんの旧家)に、
古くからお祀りしていた、お稲荷様もそのままになっていたのです。

きちんと御魂抜きをしていただいて、お返しなさっていただきました。
ご実家の母屋が取り壊されていたのです。

お社もおたきあげしていただいて、更地にして再度お清めされて、
お金遣いが納まってこられた方もいます。




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2271467.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-03-15 09:58 | Comments(0)
父親は亡くなり、
50代のA子さんは長年勤めていました。
ある日母親が
「昔A子の縁談になんども反対したことがあったのは、
いつもなら占いとか霊的なことなんか気のせいだと考えるのに、
なぜだかあのとき縁談のある都度に、
お父さんと占い師さんのところで見てもらっていたの。

でもねA子がその相手と結婚すると早死すると言われてね。
信じがたくて、他の何人もの人に見てもらったら、
早死にとはいわなかったけど、

苦労して精神的にもまいるだろうといわれて、
そのあとの縁談のときもそうなの。

A子は結婚しないほうがよいかもしれないと
反対したのはそういうことだった。
お父さんもわたしも、
いつもは占いなんて興味もないのにね。

ごめんね結婚させないで。
でもねあのとき言われたのは、
A子は晩年になるととてもいい人に巡り会えるといわれてたよ。
遅いわね、ごめんね」


A子さん「はじめて聞いて、内心複雑だけど、
私はなにも恨んでいないし、
なぜかそのとき結婚の話が破談になって、それでよかったと思った。

他の縁談のときもそうだったから、お母さん謝らなくていいよ。
いままでもしあわせだったし、
知り合いの子供達が成長するのを見ているだけで
楽しかったから私は大丈夫。

それに嫁舅姑、親戚問題いろいろ周りで聞いていると、
私楽だなぁって思う」

A子さんはまったくこだわっていなかったのです。
それぞれの宿命は違いますね。
価値観も違う、

何がなんでも同じものを手に入れたいと思うか、
新たなご家族をもつことを自然に委ねるか、

人を押しのけてでも、
人より少しでも条件がいい人を選ぶのか(地位や名誉、財産)
生き方はかわりますね。

A子さんこのお話しの1年過ぎた頃、
とても良いパートナーと巡り合い、

死別でしたが結婚歴もあり、
二人の息子さんもいましたが、
A子さんとお付き合いしていることを喜んでくれて、
財産問題がこじれると困るから
籍は入れないようにしましょうかというと、

息子さんたちは、
「家は資産家じゃないし、自分達も働いているから、
例え父親が亡くなっても等分にすればいいよ。
ほんとたしたことないから、
住む家くらいはもらっておいたほうがいいよ」と言ってくれるほど
受け入れてくれて無事、結婚された。

結婚といっても入籍して、
身内で食事会をしただけだったけれど、
A子さんの母親は号泣して喜んでくれたそうです。

そしてなんどもご主人になった方に
「よろしくお願いします。よろしくお願いします。
私若いときA子を結婚させなかったから、
50才すぎちゃった娘だけど、大事にしてください」

A子さんのご主人と頭を下げあっていたとか。
いま、息子さんたちのお嫁さんとも仲良くされています。

穏やかな良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-03-13 08:45 | Comments(0)

自分を愛すること

愛されることばかり望んでしまうより

自分を愛することもだいじにしてください

自分を好きになること

ご自分を大切にしてこそ

良き出会いとも巡りあうことができます


a0097419_23171376.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-03-10 09:11 | Comments(0)
自分の体質に疲れはててしまう人
感受性が強く、敏感体質、霊感体質、何事にも感じ取りやすい。
体もできるだけ自然のものの方が合う。
季節にも敏感に反応して、
とくに季節の変わり目には体調を崩してしまう。

とても人の言動にも敏感で、
他人に言われた一言でも、
裏側の気持ちまで読み取ってきにかけてしまう。
とくにはじめてのことや、
はじめての場所にいったりすると、非常に緊張してしまう。

ほんとうに疲れてしまうのです
ささいなことでもストレスを感じてしまうつらさ。

それにもまして、霊的感受性も強いと、
人と会っていても、友人とでも、
霊的にいる存在を感じて、
自分まで体が重たくなる人もいます。

友人と別れたあとに、
一人で神社にいって気をきりかえてきたり・・・
そういう状態の繰り返しなので、
ときおり「もう嫌だ、なにも感じたくない。

なにもやりたくない。どうして自分だけが
こんなことやらなくてはいけないのか、
誰もなにも感じないのに自分だけ苦しい」
ときには嘆いてしまいますね。

人一倍感性が強く、よくないことも感じやすいですが、
そういう人は霊的な守りも強いのですよ。
生まれもった体質とうまく共存していくためには、
心が一旦落ち着いてきたら、

ご自分自身の霊的魂を感じられる意識を向けて、
天の人だったときの姿をイメージしたり
(思い出すようにイメージがでてくるはずです)
自分は人ではあるけれど、
魂と役割の違いがあることに気づいていかれることです。

そして人が素晴らしいこと楽しいと思うことに、
たぶんあまり興味と共鳴ができないこともあるのは、
少数派ですが、その魂を持たれている人は、
ときには社会にいても厭世的にもなりがちです。

人が楽しいということに興味がない。
祈る気持ち大事に、神仏のお参りをして、時空間に身をおくように。
大切な命を授かってきたからには、

居心地のよくない現世でもひとときの癒しを求めて、
リカバリーしながら、人生ゆっくり歩んでください
穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2320416.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-03-08 08:17 | Comments(0)
なんども同じような夢を見る方もいらっしゃいますが、
悪夢が続いて、山の上にかけ上がり、滑り落ちていく夢を
何回かみていた方がいます。

暗く広い部屋で声だけが聞こえて「よく考えなさい」と言われ
時には金縛りで目覚め、部屋中に黒い陰が見えたり

たくさんの人が並んでいて、
「じっと見ている視線」と「思い出せ!」など、夢の中で言われる。

この夢をみたかたは、自分はいよいよ悪夢ばかりみて
おかしくなったのかもしれないと思ったりしたそうです。
その夢の場所も同じようなところだが、
自分ではどこだかわからない。

「考えても自分の精神はおかしくない!
霊的かもしれない」とこられたのです。

この方を霊査すると、高級霊と不浄仏霊が極端にいます。
高級霊は過去のこと(魂や前世)のことを思い出しなさい。

不浄仏霊はこの女性の気づきと行動を待っていました。
過去のご先祖も含めて縁がある場所と、
ご供養に参ることなど伝えてきたのです。

ご本人も感じていた場所と一致するところでした。
時に悪夢は知らせでもあります。


穏やかな良き日々でありますように

a0097419_2359287.jpg

加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
霊能者 

[PR]
# by dimension-shin | 2018-03-06 09:23 | Comments(0)

感受性が強くて過敏すぎてしまうと
例えば
外に出ても、菌があるのではないか、
不潔ではないかなど気にしすぎたりすると

とても神経質になりすぎて疲れてしまいますね。

いまは健康だけど、
「風邪を引いたらどうしよう」
「明日具合悪かったらどうしよう」
「死んじゃったらどうしよう」

などど考え始めてしまうと
不安の連鎖です。

自分自身の過敏な体質を受け入れて、
対処していくことも大事です。

それに何より、
疑いすぎる自分をコントロールしていくこと、

それには、
いままで無事に生きてきた自分を信じる、

そんなに柔な体ではありません。
人よりは感受性が強いかもしれないけれど、
人よりは悪いことが気になりやすいかもしれないけれど、

人よりは良いことも先に探せるだけの力、
能力も持ち合わせているのです。
不安が強すぎるのは
じょうずに使っていないだけです。

そして、自分を信じる
自分の運命と寿命を信じることも大事
生きる上ではたくさんの人も信じること
まずは、産み育ててくれた両親がいるからいま生きている。

ミルクを与え、おしめを変えて育ててくれた。
そして例えば、病院で採血するときも、
少し痛いですけれど看護師さんを信じてお任せします。

カフェに入って注文して、
注文したジュースを出してくれることを信じます。
バスや電車に乗って、
目的にいくのに、電車も運転士さんも信じます。

野菜を買いにでかけて、売ってくれる人、
お金を渡してお釣りをくれることを信じます。
野菜をつくって運んでくれる人を信じます。
だから安心しています。

道路は歩道を歩いて車は車道を走るルールも信じます。
洋品店に洋服があることを信じます。

単純なこと当たり前のことから、
人は「信じる」連鎖で世の中は成り立っています。
すべてが信じないと成り立ちません。

自分を愛すること
自分を信じること
人を信じること
すべては流れのなかで成り立っています。
自分だけ違うとか、あまりに不安材料を抱え込まないで

信じること
大切な自分だからこそ、疑いで充満させるよりも、
信じる気持ちで満たして
怖がらないで、

そして何よりも自分のからだを健康にしてあげるためにも、疑わないで食べて、
死んだらどうしようと悩むなら、自分を大事にしてあげて
自分の体は自分でも守る努力をして

そして信じること
自分を愛すること
穏やかな良き日々でありますように

[PR]
# by dimension-shin | 2018-03-04 10:01 | Comments(0)
人にはあるのに 自分にはない

無いこと探しは劣等感ばかりを呼びこんでしまいます

無いものさがしにせいを出すなら

自分にあること(もの)を見つけだすことを大切に

笑顔は笑顔に出会っていきます


加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感


[PR]
# by dimension-shin | 2018-03-02 08:24 | Comments(0)

第六感(霊感)

ご相談にいらっしゃる方々は
第六感(霊感)がするどい方が多いです。
それでも「自分は霊感なんてありませんよ。
霊も見えないし・・・」とおっしゃるのですが、

霊感だけではなくて六感で感じ取る感性が強い方は、
こうではないかな、たぶんこうなるな、・・・など
先々への展開を感じ取れることも多いのです。

困ったことには、先々の展開は本当にそうなることが多い中で、
悪いことに先々の心配をし過ぎてしまう傾向にいってしまう場合もあります。

そうなると六感で感じていたことが、
自分の意識で不安をつくりあげてしまい、連鎖してしまうこともあります。
漠然とした不安感にさいなまれてしまわないように

悪いことに意識がいきすぎないように、
良いことにも意識を向けることも忘れないようにしてください

穏やかな良き日々でありますように

加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
霊能者  

a0097419_21562867.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-02-26 08:49 | Comments(0)

夢 動物

ある女性のみた夢の内容です。

「忘れられない夢を見ました。知らないところですが
家の中で探し物をしていて ある部屋を空けたら、

真っ暗な中から突然何かやわらかくて暖かいものが、
頭にぶつかり、それから口の中に入ってきて、
私は思わずやわっと噛んでしまったのです。

口に含んだまま、(変ですけれど)電気のスイッチを探し、
明かりをつけ、近くの玄関に吐き出してみると、
それは真っ白なねずみでした。もう息をひきとっていました。

ふと玄関の方へ目を移すと、その玄関には、白いウサギが横たわっていて、、
やはりこちらも息をしていません。

白いねずみは、私自身だと感じましたが、
うさぎはわかりませんし夢の意味がいまひとつわかりません」

「そして、私が、どうして、あの汚い開かずの間のような部屋に白いねずみがいたのか?
そして、この動物たちをどうしたらいいのか悩んでいる場面で、夢は終わったのです。

不思議な夢だったので、はっきり覚えています。
そして、そのときの私の口の中のねずみの感覚がまだ残っていて
、時々、思い出すのです」。


かなりリアルな夢ではありますが、
口の中に入り吐き出した白いねずみは
ご本人も感じられたように
自身の不必要になった霊的な思いの汚れが
落ちてきたことの意味を「動物の死」であらわされています。

この方はウサギは自分ではないように感じられたようですが、
ウサギは過去の霊的な自身をみせられたのです。
スピリチュアルな思いの世界で過去のさまざまに受けた暴言、
そして霊的に振りまわされてきた自身との決別をも表しています。

苦しい過去から自分らしい人生に徐々に変化されてくることを伝えています。


    かとうますみHPへ
a0097419_23465840.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-02-24 08:39 | Comments(0)
思っていることと、言動がちがう

例えば、親と話していても

一生懸命に自分の考えを話していると

非常に感情的になってしまうことや

落ち着くと

どうしてあんな話かたになってしまうのだろうか?

後から考えこんでしまうほど

感情が激しくなってしまったり

仕事をしていても、一つのことが気にかかり始めると

心がそこから離れなくなるほど気になって仕方がないなど・・・

バランスが乱れることが多いときには、

霊的にも影響が大きいこともあるかもしれません。

心乱されることもあります。

穏やかな良き日々でありますように




加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2346319.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-02-22 09:43 | Comments(0)