霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

今から これから

グチばかりしか言わない人と話していると、

すごく疲れを感じたりするのは、

考え方が過去ばかり見ていて、

先に進みづらいからです。

こころとらわれないように

大事なことは今から、これから

a0097419_23152577.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-27 08:08 | Comments(0)
仕事でもご自分の評価が気になりすぎて

どうしても自分に自信が持てないと

嫌われていると追いつめてしまうこともあります。

過去の自分の姿を思い浮かべてばかりに

心をとらわれないで

過去は1年前でも、1時間前でも過去は過去

今からこれから、

今日がだめでも明日は変われる

自分はダメという概念を手放して、

できることに自信を託して

穏やかな良き日々でありますように

しあわせでありますように


[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-25 08:34 | Comments(0)
Q
氏神様はあるけれど、なんだか小さくて暗くて、

怖い感じがします。どうしてもお参りに行く気になれないのですが、

それでもそこへ行かなければなりませんか。

少し離れたところに氏神様ではないですが、

気持ちがよいと感じる神社はあるのですがどうしたらよいですか?


氏神様は大切な土地を守るところでもありますが、

深く考えすぎずに直感が大切ですから、

ご自分が気持ちがよいと感じられるところでよいですよ。

また近くに同じくらいの距離に神社があって土地の人にきいても

どっちが氏神様かわからないと迷うこともありますが、

両方へご挨拶にいかれてもよいですが、気持ちが向くほうでよいです。



加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-21 08:39 | Comments(0)
日常的に、直感力もあり、

人の思っていることも

感じ取ってしまいやすい方もいます。

あまり親しくしたくなくても、

親戚をお付き合いは

最低限しなくてはならないこともあります。

A子さんはあまり好意のもてない親戚の方が、

送ってくれた日用品、新品なのに、

その品物に親戚の方の

家の臭いや意識を感じ取ってしまうので

使えない・・・

送ってくれた気持ちはありがたい

でも、いろいろなことが思い出され過ぎて

使うことができない。

それほどその親戚にいじめられたわけでもない、

でもなにげに言われた一言が気になって、

好きになれない・・・

結局、その品物は知人にあげてしまった。

(本当はA子さん好きなもの使いたいものだった)

そのくらい過敏だと、

ものは単なるものではなく、

意識が伝わってくる

媒体になってしまうのです。

A子さんもこんなことばかりでは、

自分も精神的にまいってしまうから、

なんとか変えていかなければならないと、

エキセントリックにならないように

がんばっています。

ものが意識が伝わる媒体ともなっているけれど、

結局は自分自身の心が、

いろいろな思いを振り返りすぎている心が

手放せていないことに気づき、

その後送っていただいたものは、

徐々に使えるようになりました。

苦しくなったときには、

気持ちを切り替えるためにも、

神社におまいりされて、

一息心を落ち着かせながら、

気持ちの置き所を見いだして

ゆっくりと

穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_2154449.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-19 08:48 | Comments(0)
ご自分の魂のたどってきたいくつもの過去世を思い出すこともあります。

過去世で縁のあった魂の人と出会うと、

いきなり過去の情景が浮かんできたりすることがあります。

そのときにはどのような立場で、どんなことが起こったかなど、

もちろんすべてではありませんが、

過去の記憶の中の強烈なところを思い出したりするもです。

気のせいだと流す人もいます。

逆に思い出したことで悲しい、つらい、を甦らせてしまうことも。

ある人はいくつもの過去世に、出会ってしまい、

何回かの過去世で

相手の人(魂)がいつもご自分より偉い立場で、

いまだにその相手に縛られている感覚を思い出すのでした。

だからつらい・・・



「ご自分の思い出す過去世が、その相手(魂)に従属していた過去ばかりに

とらわれて思い出しているからです。

ご自身の過去世(魂)が従属していないときの過去世が

あることを忘れているからです。

見方を切り替えてもっと良い過去世を思い出すことです」

その相手とは出会わない過去世もあることを思い出すことも必要です。

過去の記憶のように、思い出したことで

嫌なことつらいことがよみがえってしまう人もいます。

善いときもあったこと思い出して。

忘れずに

穏やかな日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-16 08:48 | Comments(0)

葬儀のあとのご供養


ご葬儀も終わり、
納骨までは
お家にご遺骨を供養されることもおおいと思います。

そのときには納骨までは、
新鮮な花を供えておくこと。

亡くなられた方が、
お好きだったものをお供えして差し上げること。


お酒でもお菓子でも、
お食事でも、パックのふたをしたままではなく、

しっかりふたを開けてお皿にもってお供えしてください。
(量は少なくて大丈夫です)


49日まではまだ生きていたときの感覚が強く残りますから、
いつも通りに差し上げると喜んでくれます。


穏やかな日々でありますように



[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-15 17:39 | 霊的な日常 | Comments(0)

霊的に茶化される

人には聞こえないものが聞こえたり

見えたり、感じたりする感性をもたれている人

それを人に話しても、信じてもらうことができない

ご家族でさえ、病院に行くようにと言われて

ご自分が感じている霊的なことさえ理解してもらえず

否定され 自分が悪いからだと自分を責めてしまう。

ときには霊が自分を覗き込んでくることがあったっり、

茶化されたりする、馬鹿げた霊だと思いながらも

付きまとわれているように、自分もどうしていいのかわからないように

振り回されてしまう感情でパニック気味にもなるかもしれません。

そういう感受性をもたれている人は、感情的になりやすくなる自分を抑えて

心を託せる場所を見つけられるとよいです。

空が見渡せる場所

神仏をお祀りしている空間
(神社、お寺)

森林浴など

高ぶりやすい感情を抑えていかれる所

穏やかな波長

そしてご自分の意識を高めていくことで、

茶化してくるような霊とは波長が合わなくなってきます。

感受性が強い人は大変な体験もしますが、

悪い事も察知しやすいですが、

良いことも察知しやすいことも多いのです。

闇を探すより

光を探す力が優れていることを忘れないでください。

穏やかな良き日々でありますように



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 人生 悩み 苦しみ 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者
 
a0097419_237504.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-15 08:04 | Comments(0)
人のことが気になることは

自分の生き方との比較でもあります

人のことは気にしながらも

自分の生き方に重心をおかなければ

流されやすくなってしまいます

生き方は人それぞれですから

比較しすぎずに

肩の力を抜いて

もう少し楽に、

自分らしく

「生きる」を大切に



加藤眞澄ホームページへ 精神世界 心 感情 霊的 魂 スピリチュアル 霊能者


a0097419_2335322.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-12 22:55 | Comments(0)
少し落ち込みやすくなりやすい状態のとき、

昔にあった出来事のイヤなことばかりを思い出して、

「あの時はこうだった、そのときはどんなことがあった、

だからこうなった」とか、

繰り返し思い出してもいまとなっては

どうすることもできないことをフラッシュバックして

何度も何度も記憶や心をよぎるような場合には、
a0097419_16544952.jpg

霊的なマイナスな働きかけ

あるいは霊的な影響を内面に受けていることもあり得ます。

生きている私たちの時間は次から次へと進んで行きますが、

思いが強すぎる霊という存在で残ってしまった場合には、

亡くなった意識のままです。

過去の思いの意識のままに

留まっているようなものですから、

まるで時間が止まっているような状態そのものなのです。

そのためにそういう霊的な感情や感覚を

受けてしまっている人の場合には、

時間感覚にズレが生じてしまうようであったり、

過去のマイナスな出来事に思いが

何度も引き戻されてしまうこともあるのです。

時間が進みづらく、心の中が

行きつ戻りつしているようなことにもなってしまうこともあります。

生きている私たちは、楽しいことで動いているときには

とても時間が早くすぎてしまいますが、

反対に面白くないことや気が進まないことをやっていると

時間が長く感じてしまうように、

マイナスな事には時間が進みづらいと感じてしまいます。

過去に縛られた霊がいると

人の感情も落ち込みやすくなってしまうことにもなります。

落ち込んだときに気持ちを切りかえるのは、

自分でも他人でも責めないことです。

考えても責めても空回りするほうに時間を費やすだけです。

心が進みづらいときにはなるべく外に出て空を見上げる努力も大切です。

ご自分のプラスの「気」がマイナス意識を一掃してくれる力も持っています。


穏やかな良き日々でありますように

加藤眞澄ホームページへ
a0097419_22203777.jpg

[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-10 08:16 | Comments(0)

寒川神社今年の神門のねぶたです
a0097419_23242093.jpg




[PR]
# by dimension-shin | 2018-01-08 08:22 | Comments(0)