霊能者 スピリチュアルカウンセラー加藤眞澄のブログ

by dimension-shin

タグ:スピリチュアル 霊能 ( 8 ) タグの人気記事

傍からみれば、良い学校を出て、
良い会社で働いていると思われている方が、
仕事は一生懸命にしているものの、

人の一挙手一投足に内心、ドキドキ、イライラ、

ハラハラ、むかむか、などなど

非常に神経が擦り切れるほど、心に受け止めてしまう、
あるいは勘ぐりすぎかと思うくらい、
相手の考えていることが伝わってしまうなど、
コントロールが困難なことに悩まされている方も少なくありません。
a0097419_013970.jpg

外部の波長にひどく敏感でありながら、
社会的には合わせようとがんばる・・・・
かといって合わせなければ生活できない・・・・内面の苦悩

過敏すぎることがわかっているぶん、
何事にも影響されやすいのですから、
意識が下がった時には、落ち込んで考えたり、
自分を責めたり、人のことを後から考えすぎたりしないように。

気持ちを切り替えて、ご自分の好きな場所。心が安らぐところへ出かけてみることも大切。
心が落ち着くところを見つけておくことも大事です。




加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアルなこと
精神世界 心 
感情 霊的体験 人との違和感
霊能者  

[PR]
by dimension-shin | 2014-02-21 09:38 | 霊的な日常 | Comments(0)

愛情と霊

20代の主婦の方が、
二人目のお子さんが生まれてまもなく、

自宅で赤ちゃんを寝かしつけながら
ウトウトし始めたとき、子どもの遊び声が聞こえた、

近所に子どもはいないけど「気のせいか」と
またウトウトしているとまた子どもたちの遊ぶ声、

気のせいでもないし、部屋の中で聞こえる声だし・・・
次にウトウトしていると「不幸にしてやる」という声が
聞こえてきたというので、ご相談にこられたのです。
a0097419_11545080.jpg

土地霊の問題のようですが、
「数年たつのに今まではそんなことはなかったんですが・・・・」
けれどもこの方が、お子さんを慈しんで育てている波長に、

成仏していない子ども霊がちかづいてきて、
霊動が一瞬開いてしまったところへ、
「不幸にしてやる」といってきたのは、
これもまた不成仏霊がリンクしてきたのです。

霊が愛情にやきもち(嫉妬)「もしたのです。
氏神様へご挨拶に行き、お部屋も土地も清め
て現象はおさまってきたのでした。

愛情は霊も幸せに導くための心の世界を広げてくれることもあります。





加藤眞澄ホームページへ

精神世界
スピリチュアル
霊能

[PR]
by dimension-shin | 2013-08-24 09:36 | 霊現象 | Comments(0)

願いが叶ったら

ときおり書いていますが、
お願いしてお守りなどをいただいてきて

願いが叶ったらいただいた神社やお寺に
お参りに行かれて、お守りをお返しして


「おかげさまでありがとうございました」と
いう気持ちでお礼をしてきてください。

合格守りなど、叶ったら御礼参りを忘れないでください。


人から頂いたり、遠くの県の神社やお寺のお守りなら、
お近くの神社やお寺から御礼のお参りをして
ご一緒にお返ししてください。

社務所があるところでしたらお願いすれば
預かってくださるか、古札の納め所があります。

あいにく願いが叶わずでも、次の流れと
よりよき人生のために、きちんとお返しになって心気一転。



a0097419_1131276.jpg


加藤眞澄ホームページへ

スピリチュアル
霊能
お守り
受験合格

[PR]
by dimension-shin | 2013-07-06 09:14 | 霊的な日常 | Comments(0)
正式名称は
聖観音宗 金龍山 浅草寺

ご本尊 聖観音菩薩

a0097419_1156691.jpg

よく「浅草の観音様」と呼ばれています。
元は天台宗でしたが戦後に独立して聖観音宗の総本山となっています。

創建は628年で推古天皇の時代ですから、飛鳥時代から!
東京都内で最古のお寺といわれています。

隅田川で漁をしていた兄弟の漁師の網に観音さまが引き上げられ、
当時の土地の長である、土師仲知(はじのなかとも)が、
出家をして自分の屋敷だったところをお寺にしたのがはじまりということです。

観音様は現在も秘仏で公開されていません。
昔は境内で鳩豆も売って鳩にエサをあげていた
のんびりとした情景もありましたが、今は無くなってしまいました。
f0215700_13595269.jpg
最近は海外の観光客の方も多くなり平日でも混んでいますが、
商店も多く仲店通りなど浅草ならではの個性とにぎわいが華やいでいます・・・・・

a0097419_11553554.jpg


浅草神社(あさくさじんじゃ)

ご祭神
f0215700_11565410.jpg

土師真中知(はじのまなかち)
檜前浜成(ひのさき はまなり)
檜前武成(ひのさき たけなり)

   
浅草寺の正面右手100メートルのところにあります。

浅草寺のご本尊である観音様を隅田川から
網ですくいあげた檜前兄弟と、

その観音様を祀るために、
家屋敷のあった場所に寺をたて、出家した土師真中知を祭っています。
f0215700_11582459.jpg
三社まつられていることから、
三社権現、浅草の三社祭りがここの神社が中心で行われています。
この三社祭りは、鎌倉時代にご神託によって始められたと伝えられており、
5月の第三金・土・日がお祭りです。

神仏分離令の前には浅草寺に祭られていたそうです。


浅草寺ホームページです
http://www.senso-ji.jp/
東京都台東区浅草2丁目




加藤眞澄ホームページへ

スピリチュアル霊能
[PR]
by dimension-shin | 2013-06-14 08:54 | 神社 お寺 | Comments(0)
夢の話に入る前に、
ご相談者で40代のA子さんは、この夢を見る以前にご両親の病気の看護、

ご主人との問題、そして離婚後、仕事に子育てなどで精神的にも体力的にも疲れきったころ

ご相談に来られて「自分にはこんな人生の選択しかなかったのでしょうか?」と過去をすごく悔やまれていました。

つらすぎて過去にしばられて下を向かれた生き方を肯定的に考えることはとても大変ですが、
霊的なご説明をして、過去へのマイナス意識を引き離していくことを納得されてくると
表情も徐々に明るくなって、いままで落ち込みすぎていたご自身に気付かれました。


そして一週間ほどしたときに、「普段はあまり夢をみるほうではないのに」、夢をみて、
その夢の中で誰かが「大丈夫だよ」と言われたそうです。

「もっとたくさん話していたようですが、起きたら忘れました。

でもとてもはっきり覚えているのはこの夢の中で本当にハッキリときれいな鈴の音が聞こえたんです。
目覚めてからもしっかり覚えているし、とても気持ちのよい音でした」

鈴の音や鐘の音は、現実でも何かの始まりや終わりに印象に残る美しい音が鳴らされることがあるように、このA子さんのいままでの積み重ねと、今後の良き始まりのための祝福でもある鈴の音だったのです。

過去の苦痛から抜け出していくことを伝えていました。


神社で御祓いをしていただくときなども、鈴を使われることもありますし、魔よけなど清めにつながる音の美しさと響きをそなえています。

これ以外の音色でも美しい音楽も心に深く伝わり、癒してくれるやさしく凛とさせられます。


 


              加藤眞澄
[PR]
by dimension-shin | 2013-05-15 09:22 | 夢・ゆめ | Comments(0)
霊的なお話をしていると、
顔や手などがしびれてくる感覚になる方がおられます。

すべての方がそうなるわけではありませんが、
いっときそういう状態になることがあるのですが、
人によって、「いままで自分についていたもの(霊)の
意識が出てきて一生懸命に私たち(ご相談者と私加藤)の
話を聴いているような感じがします」 と言われる方もいます。

霊の世界は肉体ではありませんから、
思いの意識が人の感覚意識に働きかけてくるような状態です。
a0097419_10244029.jpg

その意識が、強く出てきたときにこのような現象が起こることもあり、
体が「死」を迎えても、すぐには霊界に移行できない場合で、
人の気持ちと霊たちの気持ちが動き始めたときに起こってくる現象で、
心(感情が)表現し出して人の感覚に影響を及ぼしてくるような状態でもあります。


先日も、「自分で霊が見えるわけではないのですが、
霊がいるなと感じるんです」 

「あきらかに、感じでわかるのですが、姿は見えません」 
「そのために霊的なことのご相談でいいのか、
だからとても迷ったのですが来ました・・・・・・・・」 
という方もおられました。

けれども実際にお会いして話をしていると、
「自分より先に特に顔の前面にふわっと何かが出てきた感じがします」
 と話され、
「手のしびれ感が強くなってきた」と言われました。
もちろんあくまでも感覚ですから、病気とは違います。

しばらくして徐々におさまってきたのですが、
これは完全に霊の影響の一つでもあるのですが、
霊的なものたちの時間が進み始めたことと、
未成仏霊の存在は死んだときの時間で止まっていたことが
動き出してきたのです。

自分たちの意識感覚がまだ人間的な世界に近いところにありますから、
人の感覚の中で現れてくるときもあります。






加藤眞澄ホームページへ

霊能者
霊現象、結婚 恋愛 離婚 浮気 邪悪霊 守護霊 

[PR]
by dimension-shin | 2013-05-10 09:53 | 霊現象 | Comments(0)
他人を大事に思えないときは、
結局自分を大事に思えていなかったりします。

試練が多すぎて周りのことを
考えられなくなっているかもしれません。

あるケースで、一時的に何もかも
欲を失ってしまった方の話ですが、
50代の主婦の方で、同居していた
20代の一人息子さんが突然の事故で亡くなられたのです。
a0097419_1516215.jpg

それも即死でご家族が別れをする間もなく
ご両親の落胆は大変だった事と思います。

その後、母親である奥さんが、悲しみに明け暮れて
食事ものどを通らず、ご主人が仕事から帰ってきても、
電気もつけずにただじっと部屋に座り込んでいる状態で、
もちろん大好きだった料理もまったくしない。

友人や、近所の人が訪れて玄関のチャイムを鳴らしても
電話をしても、応対に出なくなり、ご主人が話しかけても、
「息子がいなくなったから、もう、どうなってもいい」といって
 すぐに泣くばかりでどうにも手がつけられない。

とりあえず、奥さんが痩せすぎたために2週間ほど入院させて、
退院はしてきたものの、今度は以前の奥さんには
考えられないような乱暴な言葉が出はじめたり、
ご主人を睨み付ける顔の形相が、男性のご主人が見ても
「恐ろしい」と感じたそうです。

これはただ事ではないということで、
私のところに奥様を連れて来られた。

霊査してみると、薄ら笑いを浮かべて
こちらをにらみつけている霊の姿です。

日本画の掛け軸で「幽霊」を描かれたものがありますが、
まさに似た感じの姿でこの世をいつまでも彷徨っていて、
人生どうでもいいという感情が大好きな霊です。

この奥さんが息子さんを亡くされたショックと、
人生の目的を失った心の中に入り込んできたのでした。

まず、この奥さんに息子さんは亡くなっても霊はいるし、
いずれ亡くなった息子さんと、会うことも出来ますよという
希望のあるお話をして、ご主人とまだまだ長生きしていく喜びを
取り戻すために、奥さんに憑いていた霊にも説得もしましたが、

自分が彷徨っていたくて憑いているような霊ですから、
マイナスな世界がつながってしまっていたため、
この奥さんの浄霊をしました。

来られたときにはご主人に支えられて
やっと歩いていたのですが、帰りには一人でしっかり歩かれて
随分元気になっていました。

気力が出てくればまず霊に狙われなくなりますから大丈夫です。
第一亡くなられた息子さんの霊は迷うことなく、
とてもご両親に感謝していました。

その後2回ほどお会いしましたが、
奥さんは「食事も作るようになり、
ご主人とも仲良く出られるようになり、
「息子といつもいるような気持ちで、人生を楽しもう
という気持ちになってきました」
といわれるほど変化されたのです。

前向きに生きることが息子さんへの
一番のご供養にもなります。





加藤眞澄ホームページへ
スピリチュアル

霊能
[PR]
by dimension-shin | 2013-03-14 09:10 | 精神世界 | Comments(0)

霊感者

久美子さん(仮名28歳)は高校時代からの友人A子さんがいます。
Aさんはとても霊感が強くて高校時代から、霊を見たり、
霊が話しかけてくるなどということもあったのでした。

久美子さんは「そういうこともあるのかなあ~、と
いった具合に特に霊的に否定することもなく
A子さんが言うことを聞いてきたのです」
a0097419_11263099.jpg

社会人になって久美子さんは好きな仕事を続けているのですが、
A子さんは普通の会社が合わずに一年で辞めてしまい、
霊感を生かしてか占いの勉強をしていました。

「けれども最近、ときどきA子さんと合うと変なことを言い出します」
「久美子今の仕事をやめないと不幸になるわよ!、
仕事をやめたくないなら毎日朝四時に起きて東の方角に向いて
私の(A子)教えるお経をあげなさい。私の守護霊がそう言っている、

私があなたに憑いている悪い霊をとってあげるから毎週会いましょう。
そうしないとこれから数年後に不幸があるわよ!」と
いろいろもっと私生活の細かいところまで妙なことを言われる

「嫌だな、変だな、と思うのですが良く当たっているから
怖いと思って、やっぱり言うことを聞いてA子さんのところへ行こうか
、それとも無視して縁を切ろうかなと複雑です」というご相談でした。

これはすぐに縁を切るべきです。
A子さんという方は霊感の強い部分はありますが、
霊は霊でも動物霊のような低級霊と
コンタクトしやすくなってしまっているのです。
そのために当て物は得意で人の心の弱点をさがすのもうまく、
そこを脅かしてくるのです。

自分がやっている占いの常連信者を集めるようなものです。
後日わかったのですが久美子さん同様、
同級生にかなり声をかけていたのです。

霊に操られているような霊感者もいますからよく見極めてください。

脅しや動揺させられるだけで、心地よさをもたらさない
霊能や占いはまがいものです。
心振り回されないようにご注意を!



加藤眞澄ホームページへ


スピリット
霊能者

[PR]
by dimension-shin | 2013-02-08 10:46 | 霊的な日常 | Comments(0)